FC2ブログ
「西の魔女が死んだ」梨木香歩
2005 / 09 / 09 ( Fri ) 12:41:24
引き続いて梨木香歩。
日本児童文学者協会新人賞、新美南吉児童文学賞、小学館文学賞などに輝いた作品です。
だから児童書なんだろうな~、これ。

西の魔女、おばあちゃんのカントリー生活が、質素で豊かを絵にかいたようで、
何ともすがすがしく、ある意味おしゃれです。
「赤毛のアン」に憧れるように、まいとおばあちゃんの生活も、
普段はどこかで眠りこけてる少女心を刺激します。

★★★★☆

中学生のまいは学校に行けなくなり、西の魔女(おばあちゃん)と
生活を共にする。
その中でまいが知ったことは…。

家事や畑仕事、そんな手作業の中から本来の自分のあり方を知る。
女の子の成長物語として、ありがちなお話なのかもしれません。

だけど、最後はぐぐっと胸に迫るものがありました。
そう来たか~という感じ。
ああ、泣きそう…と思いました。
泣かなかったけど。

この本は「生と死」や「魂」を正面から取り上げているところに
深みが感じられるのだと思います。

ただ、それをまいとおばあちゃんの会話の中で転がしていたところが、何だかもったいないなと思いました。

「西の魔女が死んだ」の続編、「渡りの一日」が文庫本に収録されています。
少し大きくなったまいに会えます。
スポンサーサイト



梨木香歩 TB:6 CM:17 admin page top↑
<<「照柿」読了 * HOME * 「りかさん」「からくりからくさ」梨木香歩>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんにちは、viviです☆
トラックバックさせてもらいま~す♪
そらさん、かなりの量の本読んでいらっしゃいますね!すごいです。
本選びの参考にさせてもらいますよ。
by: vivi * 2005/09/27 08:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

viviさん、おはようございます♪

>かなりの量の本

いえいえ、たくさん本を読んだのは1月と8月だけです。
あとはボチボチというところで。。。v-290

>本選びの参考にさせてもらいますよ。

あら、うれしい♪
こちらこそ、参考にさせていただきたいと思っています。
よろしくお願いしますですv-353

by: そら * 2005/09/27 09:27 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

またまたこんにちは。
よくお邪魔しております^^;
ストーカーっぽくなって参りました--;
この本は、始めはまいちゃんと同じ、中学生の時に読んだんです。
でも、あんまり理解できなかったんですよね^^;悲しいことに。
高校生の時に読み返して、おばあちゃんの凄さに気付きました。
ちょっと反抗的な部分もあるし、純粋な部分もあって、まいは共感を持てましたね。
人と関わるのがちょっと苦手っぽいところも^^
ラストが悲しかったです。
>この本は「生と死」や「魂」を正面から取り上げているところに
深みが感じられるのだと思います。

本当に、そうだと思います。
中学生であんまり感じられないですからね。。。
ステキなおばあちゃんでした^^
by: 苗坊 * 2005/12/11 13:44 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、おはよっ♪
>ストーカーっぽくなって参りました--;
いえいえ、そんなことをおっしゃらずに♪
とってもうれしいよぉ~。ホントだよv-354

この作品を中学生のときに読んだのか~。
感性のキラキラしているときに読めたのね。いいなー♪
う~ん、でも中学生ではあまりよく分からなかったのね。
なるほど~。
ちょっと難しすぎる児童書って、結構あるよね。

だけどだけど、1回読んでダメだった本、私は読み返そうとも思わないけど、
何か読み返したくなるものがあったのかしらねっv-221

>ステキなおばあちゃんでした^^
おおらかに包んでくれるおばあちゃんの、物事の感じ方も暮らしぶりもステキでしたね。
私も、「眠りこけている乙女心」がくすぐられましたv-290
とても、深くて美しくておだやかで、何かのときに読み返したい本でした。

あ~、こうやって好きな本の話ができるのって、本当に幸せだわ~v-344
苗坊さん、ありがと。
どんどん遊びに来てねっ♪
by: そら * 2005/12/12 08:08 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梨木香歩さんの始めて読んだ本がこれだったの。
決して分厚くないし、量も少なめなのに。
生き方っていうか、色んな物が詰まってる本でした。
好きです。←告白!?
by: でねぶ * 2005/12/12 11:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

でねちゃん、こんにちはっ♪
それはそれは、衝撃告白だわv-8

いやいや、そうか~、でねちゃんはこの本が初めてだったんだ。
私は何かな~。
「エンジェルエンジェルエンジェル」だったような気がする。
あれ?違ったかな?
最初の本って結構インパクトがありますよね。
私もいまだに「エンジェル…」が一番好き(*^_^*)

梨木さんの本、「沼地のほとりで」をず~っと読みたいな~と思っているんだけど、なかなかご縁がありません。
何だか難しそうでもあるんだよね。
あ~、でも読みたいな~v-290
by: そら * 2005/12/12 13:13 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

私もこの本は好きです。前に書いた記事をTBします。「ほのぼの文庫」さんが素晴らしい植物図鑑をつくって下さっています。
by: saheizi-inokori * 2005/12/12 23:27 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

saheizi-inokoriさん、おはよっ♪
梟さんもお好きなのね、「西の魔女…」♪
植物図鑑、教えてくださってありがとう(^o^)
早速遊びに行ってきましたよ。
おぉ~、こんなにたくさんの植物が登場していたんだっけ???
と思いました。
草花の名前、知らないものが多いですね。
何にでも名前があるのね。
金子みすずの「草の名」の詩を、ちょっと思い出しましたv-290
by: そら * 2005/12/13 07:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは、TBさせて下さい。
やっと読んだ本作、駒吉の「思い出し泣きする本パート2」になりました。
今も一瞬「うっ」ってきてしまいました・・・
by: 駒吉 * 2006/01/11 15:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

駒吉さん、おはよっ♪
>「思い出し泣きする本パート2」
駒吉さんの琴線を思いっきり刺激するのね、この作品v-290
うんうん、ラスト、胸に迫るものがあるよね~。
私は泣かなかったけど(えばってどーするv-356)ぐっとくるものがありました。

それにしてもパート1は何だろ~。とっても気になる(^o^)
もしよかったら、こそっと教えて♪

ちなみに私の「読み返すといつも泣いてしまう本」は、「エンジェルエンジェルエンジェル」と「裏庭」かな~。(*^_^*)
思い出しただけで泣くぐらいまで、ちゃんと思い出せません(^^;)


by: そら * 2006/01/12 09:20 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは!

遅ればせながら、やっと梨木さんデビューした、
記念すべき第一冊目がこの本です。
この方もイギリスの薫りがしますよね~

実は図書館の司書の方に勧めていただいて読んだのですが、もうとりこになりました。

「キンレンカ」って、ナスタチウムだっけ?とか思いながら、
ナチュラルな庭の景色を想像しつつ読んでも良いし、
感受性の強い年頃の「まい」に、自身のティーンエイジを投影して読み進めてもいいし、ほんと、色々ギッシリ詰まった一冊だと感じました。

この、新緑のまぶしい季節に読めて、良かったと思います。
この本は、毎年この季節に読みたくなりそう♪
by: nao * 2007/05/24 10:11 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんにちはっ♪

>記念すべき第一冊目がこの本です。

あれ?naoさん初読みなの?
もうとっくに読んでいる気がしてました(*^_^*)
記念すべき第一作品♪おめでと~\(^o^)/

うんうん、この作品、イギリスの薫りがぷんぷん漂ってきますよね~。
さすが、イギリス帰り!

naoさんおっしゃるように、さらっと気持ちいいこの季節にピッタンコかも。
よい出会いで、よかったよかった♪

(いい季節なんて言いつつも、昨日は30度越えだったのよぉ~ ^_^;)
by: そら * 2007/05/24 11:12 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

私も読みましたぁ。v-9
最後のページのほうは、ものすごく感色付きの文字動します。
by: りんご * 2007/07/19 17:42 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

りんごちゃん、こんばんはっ♪

読みましたかぁ\(^o^)/
ラスト、よかったよね。
すごく好きです。

ジャムも、おいしそうだった♪v-380


by: そら * 2007/07/19 23:23 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆こ◆

ああ。。。
by: ももおm * 2007/08/14 11:44 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆管理人のみ閲覧できます◆

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2007/08/16 17:18 * [ *編集] * page top↑
  ◆管理人のみ閲覧できます◆

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2007/08/16 17:29 * [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/112-e2448f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『西の魔女が死んだ』 梨木香歩
おすすめ度:☆☆中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過ごした。西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、まいは魔女の手ほどきを受けるのだが、魔女修行の肝心... vivi書店【2005/09/27 07:59】
『西の魔女が死んだ』 長新太氏装幀の楡出版発行版を探しています
 梨木香歩さんの作品を読んでみよう、まずはデビュー作の『西の魔女が死んだ』にしてみよう、と図書館で予約しました。これは名作… 感動…  はじまりは「西の魔女が死んだ。」出だしの文章とタイトルが同じ。『吾輩は猫である』と一緒ですね。 「魔女」といっ 月乃春水 ツキノ・ハルミ 本のこと あれこれ【2005/09/27 19:51】
西の魔女が死んだ 梨木香歩
西の魔女が死んだまいは母方の祖母が危篤と聞き、母とともに祖母の家へ向かう。車の中で、祖母と一緒に過ごした2年前のことを思い出していた。まいは、どうしても学校へ足が向かなくなってしまい、登校拒否となった。そこで、祖母の家へ療養も兼ねて住むことになっ... 苗坊の読書日記【2005/12/11 13:40】
”梨木ワールド”」は癒しの世界 「家守綺譚」と「西の魔女が死んだ」 梨木香歩 (新潮社)
「家守綺譚」は、大分前に読んで、その独特の世界に引き込まれてしまった。河童は出てくる。庭のサルスベリが人語を解する。亡き友がしばしば友の家を守る主人公・作家を訪れてくる。ちょっと内田百?の短編・たとえば「冥途」などの趣も感じる。漱石にもあるなあ。「夢十夜 梟通信~ホンの戯言【2005/12/12 23:28】
読書:西の魔女が死んだ  梨木 香歩 (著)
先日本屋さんに行ったら、新潮文庫の「今、読みたい新潮文庫2005年度」のトップ10に入ってました。「おばあちゃん、大好き」「アイ・ノウ」おばあちゃんは幼稚園にあがるまえに他界してて、よくあぜ道を手をつないで散歩してた、ってことを聞いたくらいでほとんど記憶が 駒吉の日記【2006/01/11 15:39】
梨木 香歩「西の魔女が死んだ」
今のように本を読み出すようになる、ずーっと前。小学校の頃はいわゆる「児童書」というものをたくさん読んでいました。大好きな先生の影響です。その先生は面白い本をたくさん教えてくれました。あれからもう20年近くが経ちます。最近はずっかりご無沙汰だった児童文学 イイオンナの為の「本ジャンキー」道【2006/01/31 23:59】
* HOME *