スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「午前三時のルースター」垣根涼介
2005 / 09 / 22 ( Thu ) 12:22:19
爽やかな読後感の少年の成長物語…なのかな~。
何だか読むのにとっても時間がかかりました。

★★☆☆☆

旅行代理店に勤める長瀬は、取引先の社長から、孫の慎一郎をベトナムに連れて行ってほしいと頼まれる。
慎一郎はベトナムで死亡したとされる父の生存を確信し、父の捜索を希望していた。
ベトナムで出会った真実とは。
(ほぼ文庫裏表紙)

う~ん、あまりおもしろくなかったな~(爆)
何でかな?

出てくる人物も魅力があるし、単純なストーリーだけにスピード感あるし、だけどイマイチこの作品の世界に浸れず、ちょっと気を抜くと、すぐに睡魔が襲ってきました。。。

途中でなぜかカタカナのドシンプルな英語が入ったり、
熱く車を語ってみたり、腕時計が1個200万だとか何だとか、
そういう「ハードボイルド」っぽいところが、ちょっと私にはついていけなかったかな。

いやいや、ただ単に私が眠かったから、作品の世界に入れなかっただけなのかも。。。

少年慎一郎が1歩大人になったことを表すラストシーン。
あぁ、ここ、感動的な場面だよな~と、妙に冷めてしまいました。
確かに絵的にはきれいだけど、もったいないお化けが出るよなんて、
庶民の私はつまらないことを思ったのでした。

ベトナム、サイゴン(ホーチミン)の土地の熱気や
人の暮らしや、そこに住んでる人達の感情なんかを
もっともっと感じたかったです。

次は「ヒートアイランド」かな、と懲りずに思っている私。
スポンサーサイト
垣根涼介 TB:3 CM:2 admin page top↑
<<「黄泉がえり」梶尾真治 * HOME * ハロウィーン仕様>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆>「午前三時のルースター」垣根涼介◆

とぼけてるって。。

いやいやー
そらさんには合わなかったんすかねー?
確かに、ちょっと話が平たい気しますよね。
どっか突っ込んでほしかったなーと思います
by: じゅん * 2005/10/21 14:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆>「午前三時のルースター」垣根涼介◆

じゅんさん、どうもー♪
>話が平たい気しますよね。
うんうんうんっ!
「ワイルドソウル」、読んでみたいな~と思いました♪
by: そら * 2005/10/21 19:30 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/122-ec8697f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(書評)午前三時のルースター
著者:垣根涼介 旅行代理店に勤める長瀬は、大手宝石店のオーナーから孫のガイドをす たこの感想文【2005/09/23 08:06】
午前三時のルースター
「午前三時のルースター」垣根涼介旅行代理店に勤める主人公は、お得意さんに、孫のベトナム旅行の専属ガイドを頼まれる。が、孫は祖父に内緒で、数年前に失踪した父を探すという。サントリーミステリー大賞受賞。とにかく、読みやすかった。... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2005/10/21 14:58】
午前三時のルースター/垣根涼介
第17回サントリーミステリー大賞受賞作。読者賞とのダブル受賞だそうな。午前三時のルースター垣根 涼介 文藝春秋 2003-06売り上げランキング : 11906おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools正直、日本人作家が書 黒猫の隠れ処【2006/11/27 22:31】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。