スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「バッテリー」あさのあつこ
2005 / 09 / 26 ( Mon ) 16:57:13
「バッテリーⅢ」を読んだときは、密かに同シリーズを読むことはもうないだろうと思っていました。

★★★★☆

きっかけは宮部みゆきの「パーフェクト・ブルー」でした。
諸岡克彦(進也の兄)が所属していた野球部監督が、加代ちゃんたちに語ります。
「ピッチャーというポジションは非常に孤独なものです。…それだけに、ピッチャーになる選手には、体力・技能のほかに、その孤独に耐えきれるだけの強靱な精神力が求められるのです。」
「あいつ(克彦)は孤独に強かった。誇り高かった。ただ速い球を投げたから、コントロールがよかったから、エースになれたのではない。諸岡は、生まれながらの投手だったんです。」

私はもう一人、同じタイプのピッチャーを知っている、と思いました。
で、巧に会いたくなりました。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

原田巧の中学入学を目前に控えた春休み、原田一家は岡山県新田市に引っ越してきます。
家庭を顧みなかった父親、病気がちの次男の世話に明け暮れる母親、兄に憧れる次男、青波。そして自分のことは自分で始末をつけてきた長男、巧。
彼らが母親の実家に移り住み、甲子園出場校野球部の元監督のおじいちゃん、井岡洋三という新しい家族が増え、永倉豪という相方ができ、
硬直していたさまざまが少しずつ変わり始める。
そんな物語でした。

やっぱりシリーズ物は素直にⅠから読んだほうがいいですね。(当たり前か)
Ⅲだけではよく理解できなかった巧と家族との関係、特に母親との冷えた関係について、ここでは折に触れ描かれています。
なので、巧がプライドの高い一匹狼のようになったのも、ある種自然の成り行きのように感じられます。

母親は青波のことで頭がいっぱいで、青波かわいい光線全開です。
巧はそれに何の感情を持つこともなく、黙々と自分の道を進みます。
最初から味わったことのないものを求めることなんてできないものな~。
一瞬巧がかわいそうにも思えるのですが、
けれどもすぐに、かわいそうに思うことのほうが巧に失礼なことだと感じます。
ともかく巧はこうやって育ってきたのだと、
そのことについてどうこう言っても、もうここまで育ってきたのだと、
そんな思いを持ちました。

それにしてもこの巧、まだ小学生(ん?中学生?)なんですよね。
毎日ランニングを欠かさなかったり、
とっさに自分の右手の指をかばったり、
もう気分はプロの野球選手です。
本当にこんな子、いるのかな~。
普通はもっと能天気なんじゃないかな~。
と、能天気を絵にかいた我が息子と比べて思います。

巧、そんなにいろんなものを自分の中にため込まなくてもいいんだよ。
吐くまで感情を抑えることはないんだよ。
巧に言ってやりたくなります。
「だって話すのってめんどくせ~」と巧に反感を買いそうですが。

「他人の体と存在がこんなにも快いものだと初めて知った」巧。
この先、おじいちゃんとの出会いや豪との出会いの中で、
巧が人と心を通わせることの安心感や幸せを感じてくれればうれしいなと思います。

作者はあとがきで、
「傲慢、脆弱、一途、繊細、未熟、無神経、思考力、希求の思い、惑う心…悪とか善とかに簡単に二分されないすべてを含んで、屹立するたった1人の少年」を描きたかったと書いています。

屹立するというにはあまりにあやうい巧ですが、
シリーズ最後まで見届けたくなりました。
スポンサーサイト
あさのあつこ TB:2 CM:4 admin page top↑
<<「黒いモスクワ ST警視庁科学特捜班」今野敏 * HOME * 「子どもはぜんぜん、悪くない。」佐藤弘道>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆孤高のエース、原田巧◆

そらさん、こんにちは。

コメントありがとうございました。こちらからはTBを送っただけで失礼しました。

>それにしてもこの巧、まだ小学生(ん?中学生?)なんですよね。
>本当にこんな子、いるのかな~。

  私も全く同じことを考えました(^_^)
  巧の存在感&自我が凄いですね。
  中学入学前でこれですから末恐ろしい。。。

バッテリーに完全にハマッた私は、2~6全て読破しましたよ。巧と豪以外にも魅力的なキャラが次々と現れてくるのも本書の魅力のひとつだと思います。単なる野球小説でないことだけは間違いなし。

また2~6の感想なども読みにきてくださいませ。
v-266

by: ひろ009 * 2005/09/27 12:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ひろさん、こんにちは♪

コメント、ありがとうございましたv-353

ひろさんのところにも書きましたが、
2~6のひろさんの感想は、読み終わった暁に、
ゆっくりお邪魔させていただきますv-290

>魅力的なキャラ

楽しみ~♪(すっかり読む気になっているv-356
by: そら * 2005/09/27 15:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆次は・・・◆

「パーフェクト・ブルー」→「バッテリー」と来たなら次は
「魔球」(東野圭吾)をどうぞ~。 もちろんピッチャーよ。
by: く~ * 2005/09/27 20:44 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

く~さん、おはよっ♪

>次は「魔球」(東野圭吾)をどうぞ~。

東野さんにも野球ものがあったのね。
オススメありがと~v-353
by: そら * 2005/09/28 10:17 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/126-e303b55f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
バッテリー
あさのあつこの小説「バッテリー」角川文庫 本作で野間児童文芸賞を受賞したとのことですが、すごい本です。天才ピッチャー・原田巧の強烈な自信家ぶりに「こんな小学生(中学1年)おるか!?」と茶々を入れながら ひろの東本西走!?【2005/09/26 21:24】
バッテリー
バッテリー児童文学。6巻で完結する第1作目。中学入学前の春休みに人口の少ない街、岡山県新田に引っ越してきた天才ピッチャーの原田巧。この街で出会った同級生のキャッチャー永倉豪。病弱な巧の弟、青波。この3人を中心に展開される野球話。1文が短くてすっ.... もーどーでもいいや【2005/11/03 18:02】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。