FC2ブログ
白線流し~夢見る頃を過ぎても
2005 / 10 / 08 ( Sat ) 18:24:53
連続ドラマから10年たったということで、今回が最終章だそうです。

10年かぁ。。。
ついこの間、「七倉!」とかやってたような気がするのになぁ。
大人になってからの10年は、あっという間です。
それでもオープニングはとても懐かしい。
柏原崇、あの頃こんなに線が細かったんだ。
酒井美紀も、そうそうイジイジした女の子で、それがかえって新鮮でしたっけ。

このドラマはもともと高校生のお話だったから、
よくここまで何度もスペシャルを撮り続けたなぁというのが正直なところ。
家族ものと違って、本来交差することのない人生(結婚して家族になっちゃったという場合もあるけれど)を交差させて、1つのドラマにまとめるのは大変だっただろうな~と思います。

内容的には?????ってことも多々ありましたが、
まぁいいや。(笑)

ただね。
サブタイトルが「夢見る頃を過ぎても」ですか。。。。
夢は叶ったら日常になるなんて、
そんな身もふたもないこと言っていないで、
これから、いろんな夢、新しい夢を見てくださいと思ったのでした。
スポンサーサイト



てれび TB:3 CM:0 admin page top↑
<<「月のしずく」浅田次郎 * HOME * 奥田英朗 マイベスト3>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/137-2f229eb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
白線流し ~夢見る頃を過ぎても~
シリーズ放映から、10年が経ちました。今回が最終章だそうです。(前作について)前にも述べたが、時代の流れを反映するかのごとく、泥沼にはまっていく若者達のように、ストーリーも泥沼化。スペシャル化が失敗していくかのようなの感が大きかった。果たして軌道修正でき うぞきあ の場【2005/10/08 20:34】
白線流し<最終章> ~夢見るころを過ぎても~
 ラストシーン、やっぱり感動してしまいましたね!渉がやっとあの天文台で働いている姿を見ることができました。よく考えたら10年前のすべてに希望を失っていた渉のことを思い出すと信じられないですよね。最後の最後で夢がかなった渉、今は本当に幸せなんでしょう。本.. いわぴいのドラマ日記【2005/10/10 16:59】
『白線流し~夢見る頃を過ぎても』
まだ微熱が下がらない。昨日、職場のコたちとの飲み会に参加して、喋りすぎたのが原因か、一旦は収まっていたのに、また喉が痛くなった。だって、久しぶりだったんだもの…。ちょっと無理しちゃった。頭がすっきりしないので、まだ『空中庭園』と『8月のクリスマス』の感... 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」【2005/10/16 13:12】
* HOME *