FC2ブログ
「シェエラザード」上下
2005 / 11 / 09 ( Wed ) 15:24:44
壮大な戦争末期の物語と、現代の恋愛物語(?)が同じまな板の上に乗っています。

★★★と半分

戦争末期の海上に、豪華客船が密かな使命を持って走っていた。
船の名前は弥勒丸。
「誤爆」により沈没した弥勒丸を引き揚げろ!
戦争の傷跡深い老人の執念が一大プロジェクトを立ち上げた。

以前にも書いたように、戦争末期の弥勒丸船上の描写と、現代の弥勒丸を引き揚げようとするプロジェクト進行が交互に描かれています。
そして以前にも書いたように、現代のお話になると、急に色褪せてみえてしまって、
せっかくの弥勒丸の魅力も、それを愛した船員達の気概も、究極の選択をしつつ崇高に生きた人々の輝きも、何もかもが台無しになってしまいます。
これ、戦争末期だけに絞るか、現代の登場人物を大幅に変えるか、
どちらかにしたほうがよかったように思います。
つまりはっきり言えば、律子が要らなかったかな~と。
この女性に対して全然共感できなかったし、最後の行動なんて、勝手に自分に酔っていればの世界だったし。
私にとってはいささか目障りな存在でした。

弥勒丸の魅力にわくわくし、弥勒丸の運命を分かっていながら手に汗握り、崇高な思いに心を打たれ、
そしてシェエラザードの響きが哀切でした。

それだけに、とても残念な思いが残りました。
スポンサーサイト



浅田次郎 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<「カラフル」 * HOME * ひとりごと>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんは!

早速のコメントへの返事ありがとうございました。
大好きな本への酷評・・・>
別に気にしなくてもいいんじゃないでしょうか?
何を隠そういろんな方の日輪の遺産への評価の中で一番?酷評だったそらさんにあえてコメントしたのは自分なのですから!
色々な捕らえ方を読ませて頂いて、自分の思った事を話せる(書ける)、またそれに対して思ったことを言って貰えるなんて!

あらためて、シェラザードですが、
崇高な思いに心を打たれ>
すごく分ります。
自分は、あのキャビン?の斜め後ろから船長他みんなを見ている気分で読みふけった覚えがあります。
船長のピッと伸びた姿勢、キャビン全体の凛とした雰囲気、バックに流れるシェラザード!
もう、鳥肌物ですね!
絶対に映像に出来ないスケールの物語と思いました。(数年前にNHKでドラマ化されたそうですが・・・はたしてどうだったのか?)
そらさんは過去と現在が交差することを嫌ってらっしゃいましたが、自分は逆に現在に引き戻される事でのめりこみ過ぎなく(重くなりすぎなく)よかったと思います。(確かに最後のセリフは無いかなぁ~と思いましたし、過去の部分の方が明らかに読むスピードが早かったような・・・)
浅田次郎得意の多角面からのアプローチがふんだんでしたが、最後に収集し切れなかった事は少し悔やまれます。(ロシア人の少女ともう一人はキーだと思っていたのですが・・・)

P.S. 日輪・・・、シェラザードも大好きですが、どちらかと言うとドタバタコメディー&人情物も大好きです!
プリズンホテルは超最高!
王妃の館・オーマイガッ!はもう小説というよりもコメディーそのものです!
天切り松シリーズは続編に期待しています。

以上、長文で申し訳ありませんが、お許しください。
by: どかどか * 2008/08/11 23:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どかどかさん,こんばんはっ♪

コメントありがと~ございます\(^o^)/
おまけに何だかフォローまでしていただいて。
お気遣いいただきました。ありがとです。

私もね,私と違う感想って,読むの好きなんです。
ほーほーなるほど~。そういうとらえ方もあるのかぁと思ったり,
やっぱり普通はそう感じるんだよね~と思ったり。
何でそんなふうに違う感じ方をするのかなぁとイロイロ仮説を立ててみたり。
なかなか楽しいよね。

けど先の話題では,どかどかさん,初めましてだったし,題材が戦争ものだったしで,「文章読んでる限りではそんなに怒ってないみたいだけど,もしかしてどかどかさんがすんごくピキピキッv-359と来てたらど~しよ~v-356」と,ちょっとビビってしまったのでした。
でも,何だかとても安心しました。
どかどかさんも多くの本好きの方と同じように,違う感じ方,とらえ方も,また「あり」と思ってくださるんだなぁと,よ~っく分かりましたから\(^o^)/

コメント,ありがとうございました♪

んで,この作品(*^_^*)
実は,こんなに長いお話だったのに,もう既によく覚えてなかったりするのですが。(^^;)

現在と過去の交差がイヤというよりは,
律子がなんだかなぁ(-.-)だった…って気が。。。
こいつがいなけりゃ,もっと心おきなく物語にのめり込めたのにぃ~,みたいなねv-8
もう,何がどうイヤだったのかも忘れてしまったんだけど。

>船長のピッと伸びた姿勢、キャビン全体の凛とした雰囲気、バックに流れるシェラザード!

そうそう!
ホント心に響いたなぁ。うん。
今でも,そのときの余韻が心によみがえる。
これってすごいことだなぁと,今さらながら思います。

>ドタバタコメディー&人情物

プリズンホテルは私も読んだ\(^o^)/
子供の遺骨を食べるやくざさんが出てきたよね。(頼りない記憶力なので,もしかしたら違ってるかも^^)
なんかとってもホロッとした。
あ,でもやたらとお世話係の女の人を殴る作家さんが出てきて,ムカッときたりしたんだよね。(これも何かと混じってるかも^^)
『王妃の館』は夫の蔵書にあったかも。
ちょっと探してみようと思ったのでした。

どかどかさん,また遊びに来てね。
もっといろいろお話ししたいなぁと思っているそらでした(*^_^*)

by: そら * 2008/08/12 23:16 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/165-e0409388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *