FC2ブログ
新聞小説
2005 / 11 / 21 ( Mon ) 13:29:39
昨日の新聞に、「28日から桐野夏生氏の「メタボラ」が始まります。」と書いてありました。
記憶をなくした「僕」のサバイバルの物語なんだそう。
作者の言葉として、「近年、若年層に大きな変化が起きているような気がする」「暢気に貧乏を楽しむ若い人たちは確実に増えている」「もしかすると今、新しい人類が誕生しているのかもしれない。」と紹介されていて、う~ん、これでは物語がどんな感じなのか、さっぱり分からないわ。
saheizi-inokori さんが紹介されている、三浦展「下流社会 新たな階層集団の出現」でいうところの「下流社会」を肯定的に捉えたものなのかしらん。
とにかく読んでみよっ。

新聞小説というものを、皆さん読んでいらっしゃるのかな。
私は、最初こうやって興味を持って読み始めても、
そのうち読むのを忘れてしまうことがしばしば。
だから浅田次郎の「椿山課長の七日間」も、篠田節子の「賛歌」も、いつの間にか読むのをやめていて、はっと気づいたときにはもう終盤にさしかかっていました。つまり途中がすっぽり抜け落ちている状態。
あ、柳美里の「八月の果て」は最初の二、三回で投げ出してしまったな
読む私のほうに根性がないというだけの話ですが、
新聞小説で読者を最後まで引っ張っていくというのは、並大抵ではないのでしょうね。
きっと、書き下ろすよりも難しいんだろうな。

さて、桐野さんの小説は、最後までちゃ~んと読めるでしょうか。
今から楽しみです。
スポンサーサイト



メタボラ覚書 TB:1 CM:14 admin page top↑
<<「壬生義士伝」 * HOME * ただいま>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

日曜日の日経「半歩遅れの読書術」に斎藤美奈子さんが「日経新聞は連載小説が読まれている稀有なメデイアだ」と述べ、小野俊太郎「日経新聞でよむ戦後日本」(ちくま新書)に何故そうなのかを書いてあると紹介してました。早速本屋さんに行ったけれど見つかりませんでした。やはり新聞小説を投げ出すのはあたり前?美奈子さん公認です。
by: saheizi-inokori * 2005/11/21 14:22 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

>「下流社会」を肯定的に捉えたものなのかしらん。
桐野さんは、「時代から取り残されて、しかもそれに痛みを覚えない人々が増えた」という認識を持っているのかも…。
『冒険の国』のあとがきを読みながら、そんな風に感じました。
肯定的かどうかは分かりませんが、「下流社会」の存在を強く意識しているという印象はありました。

歳がバレますが、小学校の中学年ぐらいだったかな?新聞小説に嵌ったことがあります。石川達三さんの「青春の蹉跌」です。
子供向けの内容ではないため、親に読んでいることを知られたくなくて、コッソリ、でも必死になって読み続けたものでした。v-356

心身共にどっぷり疲れ、以降、連載物は全く読まなくなりました。
今でも、「続き」を待つ息苦しさと、どんどんと不本意な方向に進んで行く切なさ、でも止められない辛さを、体が覚えています。v-292
by: 眠り猫 * 2005/11/21 16:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

saheizi-inokoriさん、おはよっ♪
>やはり新聞小説を投げ出すのはあたり前?
そ、そうか、斎藤美奈子さん公認かぁ。
ちょっと、何故なのかを知りたいところですね~。
当たり前と言われれば、へそ曲がりの虫がむくむくと…v-290
やっぱり読んでみよっと思ったのでしたv-91
by: そら * 2005/11/22 09:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

眠り猫さん、おはよっ♪
>、「下流社会」の存在を強く意識しているという印象はありました。
それをどう捉えているか、そんなところを読んでみるのもおもしろいかもと思いました。
ま、これだけ期待を膨らませていても、硬い文章だったり、間延びした展開だったりしたら、すぐに放り出してしまいそうだけどね。

>歳がバレますが
v-290猫さん、正直すぎ♪
こんなこと書いてあるから、私せっせと計算してしまいましたよんv-8
私は自分の年プラスマイナス5歳は同い年♪と思っていますが、
猫さんも同い年♪だったわ~v-315
ま、そうじゃないかと思っていたけどねっ♪

私も、子どものころ、祖父の家にあった「週刊文春」をドキドキしながらこっそり読んだものでした。なんか、そんなことも思い出しちゃったv-290


by: そら * 2005/11/22 10:05 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

>ちょっと、何故なのかを知りたいところですね~
彼女の文章です。「毎日少しずつしか物語が進まない、まどろっこしい展開。現代のテンポには合わないだろうそんな形式の物語がなぜ多忙なはずのビジネスマンによく読まれ、ベストセラーになるのか」

私は、会社や電車の中で日経を読むサラリーマンにとって最終面の連載と「私の履歴書」は他の新聞とはちょっと違うコーヒーブレイクみたいなカットみたいな役割があるのではないかと思います。小野さんはなんと言ってるか興味があります。
by: saheizi-inokori * 2005/11/22 10:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

新聞小説って読まないです。
だって、続きが気になってもまた明日だし、私が途中で投げ出しそうで^^


>「暢気に貧乏を楽しむ若い人たちは確実に増えている」

そうかなぁ~。
私が若いときと違って、携帯やらなんやらかんやらとお金を使ってそうなんだけど…。
by: でねぶ * 2005/11/22 11:12 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

saheizi-inokori さん、お返事ありがとう♪
>他の新聞とはちょっと違うコーヒーブレイク
ふ~ん、そうなのかぁ。
私は以前少しの間だけ日経を購読していたけれど、
株の動きや経済の動きに興味がなければ、夕刊の一番後ろしか読むところないものねぇ。
確かにほかの新聞とは役割が違う新聞ですね。

今、「私の履歴書」がおもしろいんでしたっけ。
日経の新聞小説も頑張ってもらいたいですねv-217

by: そら * 2005/11/22 13:34 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

でねちゃん、こんにちはっ♪
あ~、やっぱり読まないんだねv-290
続きが気になるというのは、確かにあるな~。
>やらなんやらかんやらとお金を使ってそうなんだけど
う~ん、確かに貧乏というと語弊があるのかもしれないね。
きっと桐野さんは、「お金がなくても平気♪」という人じゃなくて、「今のままでいいじゃん♪」っていう人が多くなっているということを言いたかったんじゃないかな~と思うんだ。
ま、想像だけどね(^o^)



by: そら * 2005/11/22 13:40 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

新聞小説は読みつづけた試しがないのです。 毎日毎日僕らは鉄板の~じゃなくて、読みつづけていく人っているのかしらん。奇特な方だわ。
私一人が根性無しじゃないようで。。。^^
桐野さんの作品は強いよね。 いろいろ借りて読んだけど。
今日から連載スタート。 今日は読みましたよ、あんまり覚えてないけど^^;
by: ゆきうさぎのく~ * 2005/11/28 11:25 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

あれだけ言っておいて、今日から連載スタートだということをコロッと忘れていた私(^^;)
く~さん、教えてくださってありがとう♪
さっそく読んだわ(^_-)-☆
最初は、、、、、まぁ、こんなところでしょうね。
明日から朝の楽しみが増えたわ♪
by: そら * 2005/11/28 12:12 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

TBさせていただきました。
私はTB無し設定にしたので、気になさらずに^^
by: ゆきうさぎのく~ * 2005/11/30 20:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

く~さん、おはよっ♪
TBありがとう♪
スパムが多いの?
by: そら * 2005/12/01 09:13 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

スパムではなくて、TBだけしてコメント無しってのが、本関係では多くて閉口。
訪問してコメントしてもTB返ししても、無しのつぶて。
そんな独り善がりの読感なんて読みたくないっちゅーの。
TBだけは、ほったらかしか消してるよん。
だからTBは知ってる人だけ受け付けたいのよ~
ヨロシク^^


by: ゆきうさぎのく~ * 2005/12/01 09:34 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

く~さん、こんにちはっ♪
ふ~ん。。。
TBだけでコメントなしっていうの、よくあるけど、
それでもいいんじゃない?って私は思うけどな~。
別に失礼だとは思わないな。
そういうところの感想も結構おもしろかったりするし。
つけてくれなきゃ、知らなかったんだものねぇ~。
読んでくれたのねって思って、私もTBつけちゃうよ。

ま、そういうことの感じ方って人それぞれだから、
だから何ってことはないけどねっv-290

by: そら * 2005/12/01 13:26 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/174-8965c685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
朝日新聞にて 『メタボラ』 桐野 夏生
朝日新聞朝刊で桐野夏生さん『メタボラ』の連載が28日(今週の月曜)から始まった。 今日で3回目。 『すべての記憶を失った「僕」が、何かを求めて集まってきた、ひと癖もふた癖もある若者たちと出会う異色の群像劇』だそう。 今のところは読んでいる。 まだ3回。 こ ♪ウサギ・動物・花・写真・絵・本・・・・♪【2005/11/30 20:43】
* HOME *