スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「RIKO-女神の永遠-」柴田よしき
2005 / 05 / 20 ( Fri ) 21:28:31
ということで、1冊目。

★★★★☆
主人公、RIKOは強い。強くて激しい女性です。
強い…本当は弱く柔らかいところを持っていながら、
強くあろうと肩肘張っている感じ。
下を向きそうになる自分を奮い立たせて、
昂然と頭を上げて自分に忠実に生きている感じ。

事件の題材もドロドロ、
RIKOの昔引き起こした「事件」も、その後の「事件」もドロドロ、
今のRIKOの行動もかなりドロドロ。
だけど一気に読んでしまったのは、
RIKOの人物造形が丁寧で、人間としての魅力があったからでしょう。
これがデビュー作だなんて、柴田よしき、恐るべしです。

RIKOシリーズであと2冊出ているそうですが、
もう少し毒気を抜いてから(笑)読んでみたいと思います。

スポンサーサイト
柴田よしき TB:2 CM:4 admin page top↑
<<「カノン」篠田節子 * HOME * はじめまして>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

コメントどうもです

やっぱ、女心はわかりません。
って、とこでしょうか(笑)
男のオレには、この1冊では緑子をつかみきれませんでしたー
あと、2作も読んでみようと思ってます!

ミロシリーズ結構オモシロイですよー

by: じゅん * 2006/08/30 09:43 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうも~♪
>やっぱ、女心はわかりません。
って、とこでしょうか(笑)
私も、こんなグチャグチャ、よく分かりません。でしたo(^▽^)o
ただ、緑子は魅力的だったな~。

>ミロシリーズ結構オモシロイですよー
そうなの?
警察の中で女性ががんばるお話は、もう緑子でおなかいっぱい(^^;)と思っていたけど、機会があったら読んでみよっ♪
オススメ、ありがとでした\(^o^)/
by: そら * 2006/08/30 14:46 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは。
何をとっても「ドロドロ」という言葉がぴったり来るような作品でした。デビュー作から、ここまで毒気たっぷりの作品って、凄いなぁ…とただただそれだけでした(^^;)

緑子が今後、どういう風になっていくのかな? というのをシリーズを追って見ていきたいな、という風に思いました。
(個人的には、乃南アサさんの音道貴子シリーズの音道刑事が変わっていったのと比較して見ることになりそうだな、とか思いました)
by: たこやき * 2008/10/10 21:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん,こんにちはっ♪

>。デビュー作から、ここまで毒気たっぷりの作品って、凄いなぁ…とただただそれだけでした(^^;)

ホント,ただただ毒気に当てられる作品ですよね~(^^;)

>緑子が今後、どういう風になっていくのかな? というのをシリーズを追って見ていきたいな

麻生や山内練にもご注目くださいな\(^o^)/

楽しんでね~(^o^)/
by: そら * 2008/10/12 10:31 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/2-68feb0e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「RIKO-女神の永遠」柴田よしき
「RIKO-女神の永遠」柴田よしき新宿署では、違法性の伺えるビデオを押収し捜査を行っていたのだが、本庁・他署からの情報により、次第に事件は大きくなっていく。。。警察組織、そして圧倒的男社会で生きる、女刑事村上緑子の活躍・葛藤を描く、シリ... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2006/08/30 09:40】
(書評)RIKO 女神の永遠
著者:柴田よしき RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠 (角川文庫)(1997/10)柴田 よしき商品詳細を見る 「納得できません」 かつて、警視庁本庁にお... 新・たこの感想文【2008/10/10 21:47】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。