FC2ブログ
「LDの見分け方」日本LD学会編
2006 / 02 / 13 ( Mon ) 13:09:00
1997年発行。「分かるLDシリーズ」の②です。
全部で3冊あり、①「LDとは何か」、③「LDと学校教育」です。
読むと、暗い気持ちになります(…笑)
何でも障害障害って言うなよ~とか、問題って何だよ~とか。。。
自分の子が心配でこれを手にした親御さんは、自分の子供に当てはまるものは1つぐらいあるんじゃないかな。いや、「普通」にしてる子でも、、、、ね。
題名が、「見分け方」なので、じゃあどうすればいいの?ってところには触れてないし。(これって当たり前?)
いわゆる専門家と一般人との温度差を感じた本でした。

本の覚書はこちら↓
図書館で借りた本なので、私が気になったところだけピックアップしています。論旨をまとめたものではないので、かなり偏っていることをお断りしておきます。

【はしがき】
「LDは既存の障害児と異なり、①発達によって変化が期待され、②多能力でバイパスをつくり学習を可能にし思春期までには個性の範疇に入る可能性をもつ」

【1.LDの子供は昔から存在した】
【1.2 読み・書きの問題】
「読み・書き・算数はアカデミック・スキルの問題であり、学習というと、視覚性言語である読み・書きの学習が問題とされる。」
「読み・書きの問題は100年前にはけっして大きな問題はなく、もし、読み・書き障害であったとしても、知らないですんでしまったであろう。」
「音韻による読みの障害はアルファベット圏に比較すると日本語のもつ特性からいって少ないと考えられる。」

【2.LDの特性】
【2.1 認知の問題】
「LDは歴史的に読み障害から始まり、言語性の問題が主流であった。しかし心理学で対象とする学習は言語性学習のみでなく、言語性学習にいたるまでの非言語性の認知能力をも含むものである。」
【LDのサブタイプ~非言語性LD】
「非言語性LDは視覚性認知障害、視覚・運動協応障害をもつものが一般的で、…不器用な子供が多い。…非言語性LDの中には算数障害をもつものもあり、基底にある視覚認定障害は量の概念の発達に影響を与えると考えられる。」
【LDのサブタイプ~書字障害】
「dysgraphiaといわれる書字障害は主としてアウトプットの障害である。」
【2.2 行動上の問題~LD児の心理特性と行動障害】
「LDの子供では、その知能総体の水準に比べて学習達成度が低い。学校生活に張り合いがなくなり、自己評価は低下していく一方となっていく。」
「自分自身が強く意識されるようになる思春期以降になると、状況の回避という形で不登校や家への引きこもりやゲームセンターなどに入り浸りとなってあらわれる。こうしたことに対する指導は、ことの善悪の判断を迫ったり、心がけを並べるような精神論からのアプローチではなく、とにかく勉強を分かりやすく教えていき、自分もやればできるのだということを身をもって体験させることであろう。」
【2.2 行動上の問題~精神的合併症(3)転換性障害・解離生障害】
「LDの子供は学習困難というストレスに満ちた学校生活あるいは家庭生活を送っているので、自律神経を介しての精神身体反応が起こりやすい状況にあると言える。そして、日常の生活で相手にされていない環境にあって、このような身体症状が起こることによって世話をしてもらい、周囲の関心を引くことが習慣化するようになると、わずかなことで、その症状が現れることになる。」

【3.LDに近接する障害】
【3.3 協調運動障害】
「発達性協調運動障害は、…1度に幾つかの筋肉を協調させて動かすことを要求される動作が年齢や知能程度から期待される水準よりいちじるしく低いことで定義されている。」
「協調運動障害は外部の運動を視覚を通して知る過程や、体の外部内部の運動の知覚である運動感覚を入力していく過程、自分の身体の位置と動きを関節の内部の動きを知る固有感覚などの知覚を入力していく過程などの情報を、身体の運動という出力に変換していく過程の欠陥と考えられている。」
「こうした(入力)過程のさいには、どのような刺激に反応するかという反応選択の過程と、反応するさいの行動をプログラミングしていく反応プログラミングの過程が取り出されている。」
「不器用な子供の動作が遅いのはもっぱら、反応選択の認知的決定過程に限られているとされる。すなわち、不器用な子供というのは目で見たとおりに手ですることができないということになる。」
【LDからみた自閉症の対応】
「学習要領の手順に従って国語や算数を学習させようとしても、それぞれの教科が理解しにくいのがLDである。それをどういう方法で示せば解答(正しく読めるようになる。スムーズに計算できるようになる)が可能になるかを課題のうえで工夫し、声を出させたり、鉛筆で書かせるという運動性のフィードバックを身につけさせるのかがLDの教育の要点となる。」
「情報の入力過程の障害…目に入るように課題に手を加えておく必要がある。」

【4.発達的に見たLD発見の手がかり】
【4.3 学童期の問題】
【書きの問題】
「字の型がきちんと書けない「書字」の問題と、「筋道をたてて、人に伝わるように文章を書くこと」の問題とがあげられる。」
「書字にあたっては、まず読めることを第1に考え、書き順、形などを厳しく注意するよりも、マスのある(あるいは罫線のある)ノートを使い1文字がはっきり分かるように書くことが大切である。書くときには左から右、上から下など書く順序を言語化することも助けになると考える。文章を書く上では、口で表現してから書くのも1つの方法である。」
【算数の問題】
「数学的思考の中には、視空間認知、順序性、言語能力、さらに概念化、抽象化など、いろいろな要素が含まれている。教科学習としての算数に含まれている項目を大雑把に分けると、数と計算、量と測定、図形、数量関係になる。」
「Dさんは、視覚記憶の問題と視空間認知の問題をもっているものの、文字習得の段階ではそれが問題にはなっていない。…不得意なところは得意とする回路を使って自分なりの手がかりを見つけて、改善されたのだと思われる。」
「数が大きくなると繰り上がり繰り下がりの誤りが見られた。基本的な数の操作・理解はできているので、注意深く時間をかければ誤りはなかった。量と測定でははかりが読めない、単位の換算ができない。図形では長さの長短、角度の大小などが見ただけで判断できない。…Dさんのできない問題の多くは量的概念と関係している。」
「算数障害は指の失認、左右感覚の混乱などとの関連についてもいわれている」
「Dさんの場合、算数の問題は量的な考え方の問題である。見たものをことばとか数値など言語的なものに置き換えるなど、具体的な操作を通して理解する方法が考えられる。」

【5.LDの診断】
【5.1 心理教育的な診断】
【診断の目的】
「学習能力障害(以下LDとする)というのは、定義、概念から分かるように、全般的認知能力は平均ないしそれ以上と、そのレベルに問題はないと思われるのに、認知能力の内容にアンバランスがあり、そのため学習や行動に何らかの困難をもつ子供たちの「集まり」である。」
【1)現症と生育歴の聴取】
「現在の状態は学習上、行動上に関してその獲得状況を把握する。学習に関する内容は聞いて理解すること、話すこと、読むこと、書くこと、数量概念、計算操作、図形の読み取りなどである。」
【3)心理教育検査】
「WISC-R…「算数」は大体口頭で与えられる文章題なので、その問題の解答の過程には、言葉の理解力、数量操作力、推理力、質問文の中に含まれる数字の記憶と注意の持続性などが要求される。」
【症例による診断の実際】
「A君…算数の問題は言語的能力の問題、視覚的能力の問題から生ずるものなどがあるが、A君の算数の誤り方を見ると、計算には問題がなく、文章で出される問題につまずきが大きい。図形の問題(たとえば面積)も図示されるなど視覚性の内容の問題であればできるのに、それが文章で書かれているとわからなくなる。これには、学習に取り組む姿勢はあるのに、文章を見ると「できない」という自信のなさもつけ加わっている。日常行動では、整理整頓、入浴、食事他何も問題なく、…周囲に対する状況判断もよく、行動はスムーズである。
A君は、言語性のLDで、…学年の要求される言語力に達せず、それが他科目学習に影響を与え、自信のなさ、自己評価の低下から学習意欲が落ちだしている。しかし、日常行動では問題なく、また視覚、運動系の能力、学習にもまったく問題がない。」
【5.3 わが国の教育診断】
【行動面・学習面のチェックリスト例】
「………『読みについて』一字一字の文字を読めない。分かち読みができずに拾い読みをする。読むとき文字や文章をとばす。文章を読むときすぐにあきてやめてしまう。文章を読んで内容の理解ができない。『書字について』枠の中に文字を書けずにはみ出す。文字を反対に書く。書くとき文字や文章をぬかす。文章を書くとき文法的な誤りが多い。作文が書けない。『算数について』5までの数概念ができていない。4桁の数を覚えることができない。1桁の数の計算ができない。計算ミスが多い。文章題が苦手で解けない。」

以上(-_-)
にゃんだかさ、こりゃてーへんだ~って感じがしてさ、読んでも救いが得られないね。。。
いや、救いを求めようという甘いこと考えちゃいけないのかな。
この本は、まずは相手(LD)を知るというための本なんだから。
スポンサーサイト



教育・心理学関係 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<「黄金を抱いて翔べ」 * HOME * 「メタボラ」61~70覚書>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/229-39d7b1e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *