スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「劫尽童女」恩田陸
2006 / 05 / 01 ( Mon ) 13:18:33
これ、作者が宮部みゆきさんだと言われても、信じてしまいそうです。
意外に、というのもヘンだけれど、読みやすい作品でした。

★★★☆☆

父、伊勢崎博士の手で容易ならぬ超能力を与えられた少女、遥のお話です。
博士の所属していた組織「ZOO」との闘いや、その後の施設での攻防、弟の存在、新たな使命。。。。

最初の思いがけない展開から、ぐいぐいと物語にひきつけられます。

まぁ、超能力犬、アレキサンダーの活躍シーンをもっと見たかったな~とか、犬と遥の交流シーンがもっとあれば楽しかったのにな~とか、犬絡みで、ちょっと不満は残りますが(^^;)自分の能力に翻弄される少女の成長物語に、どことなく既視感を覚えつつも、楽しめました。

ラストに救いを感じながらも、
その後、世界はど~なったのかな~と気になったりして。。。

それにしても、伊勢崎博士ってどんな人物だったのでしょう。。。。最後まで、愛情のありかを感じられない、よく分からない人でした。
遥は小学生なんですね。
最初のシーンや、「童女」「幼い少女」という言葉から、私は幼稚園児ぐらいの小さい子供を想像して、少し混乱してしまいました。
が、小学生の、思春期に向かおうとする少女の揺らぎ、みたいなものも、この作品からは感じられ、とてもスケールの大きな物語なのですが、繊細な印象を受けました。

「人間は与えることでしか成長できない」
「無償の何かを他人に与えることでしか、結局人間は精神的な充足を得ることができない」

という聖心苑の苑長の言葉は、多分に聖職者らしい言葉ではあるけれど、遥を見ていると、そうかもしれない、と思えます。
遥にそういう道が示されたことに、ホッとしたものを感じます。
やりがいって、そんなところにあるのかな~と思ってみたり。

「人類が生まれて、世界はいつも男の世界を目指してきたわ。・・・主義、主張、征服、支配、秩序。男の作る社会はいつだって理屈と理念ばかりでそれが世界を窮屈にする。・・・世界の潮流は、より具体的で身体的な女性の世界に向かっているの。」
と、遥の担当医でありナビゲーターである、ハナコが言います。
う~ん、だからといってさぁ。。。なのですが、何か違う考え方をもってしなければ、世界の平和って訪れないような気が、私も実はしています。

恩田さんの作品にしては、起承転結のはっきりとした読みやすい作品です。何だか楽しんで書いた感じが出ています。こういう作品も書くんだな~と、私もちょっとうれしくなりました。
スポンサーサイト
恩田陸 TB:1 CM:2 admin page top↑
<<「ハードボイルド・エッグ」荻原浩 * HOME * 「三月は深き紅の淵を」恩田陸>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんにちは。
この作品は、確かに恩田さんっぽくなかったですね。
宮部さんって言ってもわかるかも。。。
最後は救われましたが、何だかちょっと切ない感じになりました^^;
遥が可哀相だなぁと思って・・・。
もっと子供らしい幸せな生活を送ってほしいなぁと思いました。
アレキサンダーが、結構好きでした^^
by: 苗坊 * 2006/05/03 10:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、こんにちはっ♪
>最後は救われましたが、何だかちょっと切ない感じになりました^^;
うんうん、そうなんだよね~。。。
遥、かわいそうでしたよね~。
お父さんについてももちろんだけど、お母さんの記憶があれだけなんてね~。。。。
by: そら * 2006/05/04 14:18 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/277-8a3ceafc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
劫尽童女 恩田陸
劫尽童女8年前、『ZOO』にいた伊勢崎博士は、自分の研究していたもの全てを持って逃走し、追われる立場となる。『ZOO』のメンバーは血眼になって居場所を探していた。伊勢崎博士がいると伝えられた別荘へ『ZOO』のメンバーは張り込むことになった。う~ん・・・... 苗坊の読書日記【2006/05/03 10:32】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。