FC2ブログ
「ハードボイルド・エッグ」荻原浩
2006 / 05 / 04 ( Thu ) 14:42:05
荻原さん独特の、くすっと笑ってホロリとする作品です。
主人公には怒られそうだけど(苦笑)、かわいらしい作品でした。

★★★☆☆

最上はフィリップ・マーロウに心酔するしがない探偵。今日も飼い主から逃げ出したペットの捜査に精を出す。

喧嘩に弱くて、なのに気取ってみたくなる「私」と、いつの間にか居座ってしまった自称デキル秘書、80歳のおばあちゃん、綾の会話が楽しくて。
いい感じのボケと突っ込みで、読みながら、思わず顔がほころんでしまいます。
この二人の強烈なキャラクターが、この作品の成功の鍵なんだろうな~と思います。

文庫の裏表紙には、「2.ぽろぽろ泣けるから、人のいるところでは読まないこと」と書いてあります。
ラストシーンのことを言っているのだと思います。
確かにとっても切なくなります。
ほろっときます。

けれども私が泣きそうになったのは(泣かなかったけど^^;)シベリアンハスキー、チビの、「待て」のシーンでした。
犬ってとってもけなげ。
だからこそ、ちゃ~んと責任を持って飼わないといけないのよ。本当に。

「私」も綾も、自分の妄想の世界に生きている。そのほうが幸せという不幸せを感じてしまいもするけれど、そんな生き方でしか現実世界での情けなさや辛さや孤独が緩和されないのなら、それはそれでいいじゃない、と思うのでした。
優しい読後感の作品でした。
スポンサーサイト



荻原浩 TB:4 CM:10 admin page top↑
<<「奪取」上・下 真保裕一 * HOME * 「劫尽童女」恩田陸>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

妄想の世界ね。
私は正にそんなところに棲んでいるオバかも?
子供の頃は空想と言っていたが、最近は立派な妄想だ。

妄想猛々しく書いてます。あはは。
by: 一陽 * 2006/05/04 23:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽さん、こんにちはっ♪
猛々しく、ですか~(笑)
楽しければそれでいいのよ。と思うのでしたo(^▽^)o
by: そら * 2006/05/06 14:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どうもー
そうですね~やさしいイイ話でしたね~
2人のキャラ設定がイイ雰囲気つくってて
なんだか、あんな感じだったなーと
雰囲気の思い出せる本な気します。
by: じゅん * 2006/05/08 09:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうも~♪
>なんだか、あんな感じだったなーと
雰囲気の思い出せる本な気します。
ふむふむ。じゅんさんが読まれたのは、随分前のことだったものね~。雰囲気の思い出せる本っていうのも、ステキだな~と思うのでした(*^_^*)
by: そら * 2006/05/08 11:05 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんは。
そうそう、チビの「待て」のシーンも切ないですね。
それを言い出すと、本来悪役のピット・ブルのロッキーまで、気の毒になってきます。
動物の側に身を置きすぎた人間も困るけど、動物の都合をまったく考えない人間というのも困ったものです。
by: touch3442 * 2006/07/22 23:42 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

touch3442さん、こんにちはっ♪
犬はね、けなげなだけに、人間側の身勝手があぶり出されてきますよね。
もちろん犬を飼ってる人の大半は、責任感と愛情あって飼っているのだと思うけど。
そう信じたいけれど。
by: そら * 2006/07/23 13:32 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆次作も期待◆

 ハードボイルドの代名詞とも言えるフィリップ・マーロウに言わせれば(実は読んだことはないのだが)こういうのはホントのハードボイルドじゃないのかも知れないけど、私は嫌いじゃないですね。

 期待の続編『サニーサイドエッグ』は今日借りられました。最後に「お前が新しい相棒だ」と言われたリビは登場するのかな?
by: higeru * 2007/09/01 21:29 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

この作品、かわいらしいお話だった…という印象が強いです。
私も、結構好きよ。

リビってだれだっけ?
もう忘れているけど、higeruさんの『サニーサイドエッグ』の感想、楽しみにしてますよん♪
(私も、今月中には借りられるのだ v-221
by: そら * 2007/09/03 10:07 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんわ。お久しぶりです^^
私も泣かなかったですが、悲しかったですね~。
最初は最上の勘違いと妄想についていけずに読みすすめるのが大変でしたが、
綾さんが登場してからはおもしろくて、すいすい読めました。
事件の結末も、悲しかったです。
続編も読んでみます~
by: 苗坊 * 2008/12/13 20:08 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん,おはよっ♪

こちらこそ,ご無沙汰してます(*^_^*)

綾さん,いい味出してましたよね~。

>事件の結末も、悲しかったです。

うんうん,切なかった。。。
続編,楽しんでくださいね~\(^o^)/
by: そら * 2008/12/16 09:02 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/278-fd666b92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ハードボイルド・エッグ
「ハードボイルド・エッグ」荻原浩小説の主人公にあこがれて、探偵になり「ハードボイルド」な生き方を目指すもののやってる仕事は、ペット探しと浮気調査。秘書の募集に訪れたのは、80過ぎのお婆様。そんな探偵+お婆様は、ペット探しに絡み殺人事件に巻... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2006/05/08 09:45】
【荻原浩】ハードボイルド・エッグ
 新刊の『サニーサイドエッグ』をタイミングよく予約でき、すぐに借りられそうな状況だったのだが、ひょっとしてこのタイトルは…と思ったら案の定、未読本の続編ということで、慌ててブックオフで購入。講談社文庫 2003/3/15 第 1 刷発行 この本は、まだ荻原作品.... higeruの大活字読書録【2007/09/01 17:21】
ハードボイルド・エッグ 荻原浩
ハードボイルド・エッグ (双葉文庫) フィリップ・マーロウに憧れ、マーロウのようにいつも他人より損をする道を選ぶことに決めた「私」と、ダイナマイト・ボディ(?)の秘書が巻き込まれた殺人事件。 タフさと優しさを秘めたハードボイルド小説の傑作。 久しぶりに 苗坊の読書日記【2008/12/13 20:03】
荻原浩『ハードボイルド・エッグ』
ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)荻原 浩双葉社このアイテムの詳細を見る 今回は、荻原浩『ハードボイルド・エッグ』を紹介します。主人公は、ハードボイルドを気取っているが、ハードボイルドになりきれていない最上とダイナマイド・ボディ(?)の秘書である老婆の片桐 itchy1976の日記【2009/11/21 21:42】
* HOME *