スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ハッピーバースディ」新井素子
2006 / 05 / 09 ( Tue ) 11:58:50
遠い昔、その当時出ている作品は全部読んだ作家さんです。
懐かしくて思わず手に取ったのですが、流れる年月のせいでしょうか、読み通すのに根性が要りました

★☆☆☆☆

あんなに好きだったのに、今はもうこの方独特の文体についていけません。
私自身、優柔不断なところがあるから、ああでもない、こうでもないと主人公が揺れるさまなんか、以前はとっても親近感があったのに、
今はまどろっこしくて仕方ない。

あ~あ、新井素子の作品、もう読めなくなっちゃった。
少しさみしさを感じたのでした。
スポンサーサイト
その他の作家 TB:0 CM:12 admin page top↑
<<「メタボラ」141~148覚書 * HOME * 4月に読んだ本&ブログの中の本>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

あるよね。こういうこと。
昔森瑤子さんの作品は全て持っていたのにある時これはもう
読まないと全部ブックオフしてしまったことがありました。
ところが最近になってまた読みたくなった。どういうことなんだろう?気持ちと連動しているのかしら?
by: 一陽 * 2006/05/09 22:20 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは!

>あんなに好きだったのに、今はもうこの方独特の文体についていけません。

私も今はダメなんです~
中学時代(←あぁ、トシがばれる)「星に行く船」シリーズ大好きだったのに、その後の続編で、同じ登場人物にもかかわらず辟易してしまいました・・・

文体や作風を大きく変えていく作家が多い中、新井素子さんは多分あまり変わっていないのですよね。なのに今は拒絶。自分が変わったということなのでしょうね。

でも「通りすがりのレイディ」なんて、多分今読んでも好きです。
by: nao * 2006/05/10 08:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽さん、こんにちはっ♪
一陽さんにもこういうこと、あるのね。
だけど一陽さんは森瑤子かぁ~。
その格調高さ、とってもステキ♪

気持ちと連動しているってこと、確かにあるんでしょうね~。
もう若くないのかな~なんて、思ったのでした。
(で、少し若めのテンプレで気分を変えてみた^^;)
by: そら * 2006/05/10 17:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんにちはっ♪
おぉ~!naoさんも同じクチなのね~(^o^)

私は、「星へ行く船」シリーズは大丈夫だった!
『そして、星へ行く船』まできっちり読みました~(*^_^*)
『通りすがりのレイデイ』…とっても懐かしい♪
あゆみちゃん、いい子だったよね~。

何を読んでだったのかな~。あ~、もう卒業だな~と思ったのは。。。。
そうだね、あの人は何も変わっていないから、私が変わったということなんだろうね。
by: そら * 2006/05/10 17:34 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、乗ってくださって嬉しいです♪

>あゆみちゃん、いい子だったよね~。

私の理想は太一郎さんでした。恥ずかしながら・・・
今でも男性は容姿よりトークで選んでしまいます。

>私は、「星へ行く船」シリーズは大丈夫だった!
>『そして、星へ行く船』まできっちり読みました~(*^_^*)

私の場合は『カレンダーガール』以降、しばらく間が開いている間に、すでに気持ちが離れてしまいました。コバルトはその後も『丘の家のミッキー』や『なんて素敵にジャパネスク』を愛読していたので、新井素子さんだけが苦手になってしまったのですねー。

新井さんの出身高校は姉の出身校。作中によく地元の西武池袋線を描いてくれて、とても馴染みのある作家さんなので、気持ちはとても応援しているのですが・・・再び読みたくなる日が来るかしら??
by: nao * 2006/05/11 09:18 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんにちはっ♪
太一郎くんねっ。うんうん、なかなかいいヤツでしたよね~。
たしかウィンクが下手だったようなv-8
私はどちらかというと所長さんのほうが。。。。(*^_^*)
ま、兄弟だけに、どちらも基本的には同じ性格だけどねっ♪
当時はオトナに思えたのでした。
あと名前が思い出せないんだけど、ぬぼ~とした人もよい味出してましたね~。
だんだん思い出してきたぞ\(^o^)/
新井素子の本では、『二分割幽霊譚』とか、『ひとめあなたに』とかも好きでした♪

お姉さん、なかなかいい雰囲気の学校に通っていたのね~。
古き良き都立高校っていうイメージが、新井素子のおかげで残っています。

再び読みたくなる日。。。。来たら教えてねっ♪
私も、そんな日が来たら、naoさんに報告するよ!



by: そら * 2006/05/11 14:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

はじめまして。junと申します。
メタボラ、そらさんの覚書を楽しく読ませて頂いてます。

その昔、私も新井素子の本を買い集めて読んでました。引越しを重ねるうちにほとんど手放してしまったのですが、カレンダーガール、星へ行く船、通りすがりのレイディ・・・とても懐かしくて思わずコメントしちゃいました。
今の私が新井素子を読んだら同じように辟易するのかな?
でももう一度読んでみたいです。
by: jun * 2006/05/18 00:23 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

junさん、そらさん、
恥ずかしながら、久々に読んじゃいましたよ、コバルト!
『星へ行く船』から『カレンダーガール』まで3作品。

今ではたしかにあの独特の言い回しがくどく感じてしまい、
と~っても速く読み終えてしまったv-8
でも不思議と面白かったです。楽しかった。

ところで、地元ネタですが、
新井さんの出身高校は、
地元では「男女の仲がとても良いv-238」ことで有名でした。
登下校のカップル率は非常に高かったです。

お隣の高校に通う私たちはとてもシャイだったので、
指くわえて・・・は、いないけれど、
うらやましく思ったものでしたv-15
by: nao * 2006/05/18 09:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

junさん、はじめまして♪

>その昔、私も新井素子の本を買い集めて読んでました。引越しを重ねるうちにほとんど手放してしまったのですが

同じです!
新井素子の本は、もう手元には残っていません。
何だか懐かしいですよね~~~v-290
最近読んだ本はあらすじをころっと忘れていることも多いのに、naoさんとお話ししているうちに、中身までいろいろ思い出せましたよ。それもうれしく懐かしく。。。。(*^_^*)

>今の私が新井素子を読んだら同じように辟易するのかな?
でももう一度読んでみたいです。

うんうん、ぜひに♪
コバルトではなく、ほかの文庫だったらいけるかもv-8
もし、今読んでみてもおもしろかったよ!というのがあったら、
教えていただけるとうれしいな~なんて思いますo(^▽^)o

また、気が向いたら遊びに来てくださいね♪
メタボラは、…まだ読み続けているので、そのうち更新する…と思います(^^)
by: そら * 2006/05/18 14:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんにちはっ♪
おぉ~!3作品続けて読んだのね!
しかも楽しかったのね!
よかったよかったv-315
いいな~naoさん。ちとうらやましいぞv-8

さぁ、naoさん。そこまで読んだら、『逆恨みのメネシス』と『そして、星へ行く船』もぜひ!o(^▽^)o
レイディがとんでもない行動に出ます。
あゆみちゃんがすごいことになります。
太一郎くんもいいヤツ全開になります。
新井素子の頭の中を見たくなります
…ちょっと読みたくなってきた?(*^_^*)
私も書いていて、ちょっと読みたくなってきた♪
もうしばらくは読まないでおくけどv-8

新井素子の出身高校、そんな学校だったのね♪
私は女子校出身だから、カップルで登下校なんてあり得なかったものな~。
セイシュンだね~。
ますますいい学校だ(*^_^*)
by: そら * 2006/05/18 14:54 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、naoさん、こんばんは~

楽しかったと聞いてますます読んでみたくなっちゃいました、
星へ行く船シリーズ。
ブックオフ探してみようかな・・・
私は地方なので、新井素子読んで「石神井」という漢字が読めるようになったんです。そんなことも思い出しました。
忘れていた自分の十代も(笑)

また読めた暁には、お便りしますね~
by: jun * 2006/05/19 00:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

junさん、おはよっ♪
>ますます読んでみたくなっちゃいました
それはぜひぜひ読んでみて♪
今どき、ブックオフにもないかもだけどv-8

「石神井」ね~。シャクジイと読めるのは地元の人ぐらいでしょうね~。そういえば、彼女の作品には練馬付近や東京の地下鉄駅がよく出てきたね。
関東地方はロクな農作物がとれないと暴言を吐く男の人を相手に、女の子が「関東ローム層さんに謝りなさい。」と怒る…なんてシーンも、どこかで読んだ気がするな~(^^;)
地元大好きな作家さんなんでしょうね。思い出すのがつらいことも、嫌なことも何もない、穏やかで優しい日常生活だったんだろうね~。

>読めた暁には、お便りしますね~
とっても気になるから(笑)読めなくても、読めなかったよってお便りいただけたらうれしいな~(*^_^*)
by: そら * 2006/05/19 09:13 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/280-c2577e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。