FC2ブログ
「四日間の奇蹟」浅倉卓弥
2005 / 06 / 17 ( Fri ) 18:39:30
以前に読んだ本です。
駅前のスーパーで映画のポスターを見かけました。
映画版では吉岡秀隆と石田ゆり子が演じています。
で、その原作。

★★★☆☆

この作者は空の記述が繊細ですね。
色彩をすくいとる文章がとても印象的でした。

きっと音楽的な記述も、繊細で美しいのでしょう。
私は音楽的な才能をまるで持ち合わせていないので、
残念ながら細部まで味わうことはできませんでしたが。。。。

宇宙的広がりのある奇跡、あるいは宗教的な奇跡、
「奇跡」ではなく「奇蹟」であることから、
なぜかそんなものを想像していました。

だから、正直、ここに描かれている奇跡について、「えっ?」という感もありました。

また、岩村真理子さん(石田ゆり子さんの演じる女性)は多くをしゃべりすぎ、
何でも説明しすぎるという感じも受けました。

女性の感情描写にぎこちない部分もあるし、
仕掛けが既読感を持たせてしまう。

けれども広がりを感じさせる美しい情景描写、
そして感動的な奇跡の終結などに
この作家さんの将来性が十分に感じられ、
なるほどこの作品は「このミス」大賞なのだと思いました。

浅倉卓弥さんという方、一見、読者層を若い女性に想定した作品がお得意そうに見えるけれど、
実は男性を読者に想定した小説を書くほうが得意な作家さんなのではないかな~と、
意外にしっかり語られる脳の話を読みながら思いました。

(ここから先はネタバレ…かな)
人体入れ替わり譚としては、東野圭吾の「秘密」のほうがより繊細な気がします。
娘の体に入ってしまった母親の気持ち、これを支えなければと思う夫の気持ち、すれ違っていく2人の気持ち、
これらが会話だけでなく、さりげない動作の中からにじみ出ていたと思います。
けれどもこの作品では、その「にじみ出る」というところがなかったような気がします。全部説明してしまっているというか。。。

奇蹟についても、私は千織そのものに起こったものであってほしかったです。
知的障害のある彼女が、聴いたままコピーするがごとく奏でている音は、
音楽、、、なのかな~。
私は音楽のこと、よく分からないから、それは違う、なんて言えないけれど。。。

本当の音楽をつかめること、これが奇蹟なのではないかと思い、そっち方面に期待していたので、
浅倉さん、詩的な言葉でそういうお話、書いてくださいと思ったのでした。
スポンサーサイト



浅倉卓弥 TB:3 CM:16 admin page top↑
<<「よみがえる百舌」の途中 * HOME * 「よみがえる百舌」の最初>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆トラバしちゃった~◆

こんばんは~
むか~~し書いたものですが
トラバしちゃいました (^-^;
空の色の描写が綺麗でしたね。
私はハードカバーで読んだんですが
この表紙の空の茜色の広がり―――
綺麗でした。
by: く~@ゆきうさ * 2005/06/17 23:44 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆く~さん◆

あら、ありがと♪
それでは私もTB返しなどを(^o^)

「四日間の奇蹟」の映画版、「電車男」に押され気味なのかしら。
公開中だというのに、あまり話題に上っていない気がします。(私の周りだけ?)

このお話は音楽が密接にかかわっているだけに、映画にするとダイレクトに伝わるものがあるんじゃないかな~と思うんだけどね。
by: そら * 2005/06/18 08:19 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆「月光」第3楽章◆

おはよう~
今日は超早起きしなくてよかったのかな。

とうとうお気に入りの「月光」のCD手に入れました。
べトーベン ピアノソナタ「月光」
ピアノ弾いてる方は故エミール。ギレリスさん。
そうとうこだわってしまう私だわ。

今朝は娘の為に5:30起きした、く~でした。
明日からは、そらさんはもう起きてるんだなあ、と頑張って起きることにしようっと。
by: く~ * 2005/06/26 07:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆く~さん◆

ほほほ~♪勝ったわ(^o^)

今日は5時起床だったのよん♪

そうそう、私も、きっと○○さんも起きてるわっと思って頑張って起きるんだ。

ちょっと気合いが入るよね。
(すぐ抜けるけど ^^;)

「月光」エミール何とかさんって、いい?
私はその辺、全然分からなくてねぇ。。。
でも通して聞いてみたいな~と思う。
だれか弾いてみてくれないかな~(^o^)
by: そら * 2005/06/26 18:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

はじめまして。
ゆきうさぎさん経由でおじゃまします。
TBさせていただきました。

「奇跡」の意味、私は感動しました。
まあ「秘密」には遠く及びませんが……。
by: アトマツ * 2005/08/30 12:31 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

訂正:奇跡⇒奇蹟
by: アトマツ * 2005/08/30 12:36 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

アトマツさん、はじめまして♪
TB&コメント、ありがとうございました(^o^)

あぁ、ゆきうさぎさん@く~さんのところでお見かけしたんですね。
どこかでお会いした気がしてました(*^_^*)

拙いブログですが、よかったらこれからもときどき遊びにいらしてくださいね。

そうそう、奇蹟。私はどうも主人公を見誤っていたようでして(^^;)
勝手に肩すかし、、だったのです。

浅倉さんの美しく詩的な情景描写が心に残っています。
by: そら * 2005/08/30 13:59 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ふっふっふ~~
広がってますねぇ、友達の「v-154
あ、これ、Vodafoneの絵文字だわん v-239
v-273 v-273 v-271 ← 今の気持ち...

by: く~@ゆきうさぎ * 2005/08/30 15:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

間違えましたワン
v-239e-266

v-273 v-274 v-271

e-247 e-247 e-247
by: ゆきうさぎ@く~ だったり... * 2005/08/30 15:21 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

く~さん@ゆきうさぎさん

あははv-290
ギョッしたでしょv-8

く~さんはコーヒー飲みたい気分なのかな。
私はv-468
イチゴじゃなくて抹茶がいいなe-266
by: そら * 2005/08/30 16:03 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

おはようございます、そらさん。
コメント・TBチャレンジありがとうございました。
これに懲りずにリトライおねがいしますね。

そらさんもFC2なんですね、お仲間っ。
こんなテンプレあったっけ?
爽やかでケッコウGood!


by: アトマツ * 2005/08/31 08:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

アトマツさん、こんにちは♪

TB、何でできないんでしょうかねぇ~。
そもそもTBのURLが間違ってるのかな~~~。。。

ま、また次の機会ということで(^^;)

このテンプレ、いいでしょ?
私もとても気に入ってます♪

yugami2さんの共通テンプレ、「yugami-m-plugin」です。
そのまま使うと文字がとても薄いので、
そこだけちょこっと変えました。
けど、どこにどう手を加えたのかは忘れちゃった('◇')ゞ
by: そら * 2005/08/31 15:31 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆僕も『秘密』の方が上◆

はじめまして。じっちゃんです。

僕も『四日間の奇蹟』にはあまり感心しなかった。作りすぎてる感があって。

ブログには感想書いてないのでトラバはできないけれど、Amazonに感想書いていますのでよろしければご覧になってください。ただし、文庫版の方ではなく単行本の方です。153ものレビューがあるので探すの大変だと思いますが(;^_^A
(結構早い時期に投稿してます)
by: じっちゃん * 2006/09/18 07:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じっちゃん、はじめまして♪
コメント、どうもありがとでした\(^o^)/

Amazon、行ってきましたよ~♪
ふむふむ、ちと辛口かな?
詩的な表現のできる作家さんなのに、
人の繊細な気持ちを表現し切れていないような、
まだまだ原石、みたいな作品でしたね。(私、ちょっとエラそうだv-356
ついでに、すべてのレビューも見てきました。
私の読んだことない本がずらり。
何かの機会のときにでも、英語と情報処理関係以外の本で(!)オススメの本、教えてくださいね(*^_^*)
また、いつでも遊びに来てください。
お待ちしてます♪
by: そら * 2006/09/19 08:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

>ふむふむ、ちと辛口かな?
それまで散々他のエンタメ関係の賞をけなしていた「このミス」だけに自分たちが大賞に選んだ作品はどんだけのものかという姿勢で読んだせいもあるかも。もっとも、それだけでなく作品そのものにも不満がいっぱいありましたが。

>ついでに、すべてのレビューも見てきました。
ありがとうございます。

>また、いつでも遊びに来てください。
ラジャー
by: じっちゃん * 2006/09/19 21:14 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じちゃん、おはよっ♪
お返事、ありがと~\(^o^)/
by: そら * 2006/09/20 09:30 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/30-16ea4121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「四日間の奇蹟」浅倉卓弥
ベートーベン“ピアノソナタ 月光 第3楽章”――― ―――左手のリングフィンガーが無ければパーフェクトにはひけないだろうな。 真理子の生き方が良かった。 『天は自ら助くる者を助く』を自分流に「主語は天ではなくて、周囲でも環境でも・・・ 自分 ♪ウサギ・絵・花・本・ケータイ写真・・・♪【2005/06/17 23:33】
浅倉卓弥『四日間の奇蹟』(ネタバレ反転)
四日間の奇蹟posted with amazlet at 05.08.29浅倉 卓弥 宝島社 (2004/01)売り上げランキング: 5,440Amazon.co.jp で詳細を見る第1回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞金賞受賞作として、「描写力抜群、正統派の魅力」「新人離れしたうまさが光る!」「張り巡らされた伏 アトノマツリ【after_you-festa】 ~アトマツ家のミステリな読書日記【2005/08/30 12:33】
(書評)四日間の奇蹟
著者:浅倉卓弥 四日間の奇蹟価格:¥ 725(税込)発売日:2004-01 かつ たこの感想文【2006/10/11 20:14】
* HOME *