スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
通じた…のか??
2006 / 06 / 05 ( Mon ) 21:45:58
先週月曜日、夕方に息子の小学校で緊急保護者会がありました。
こんなご時世ですからね。
何事???と思ってドキドキしながら出かけたのですが。。。

今の6年生はとても手に負えないと。
職員会議のためにでさえ、教員がクラスを離れることもできないと。
なので、保護者の方たちも、学校に現状を見に来てください。
教員が職員会議に出られるよう、その時間だけでも代わりに見ていてください。

…まぁ、そんなような内容のお話でした。

帰って息子に、「今、そんなに荒れてるの?」と聞くと、
のほほんとした息子は、「ううん、みんな落ち着いてるよ」だって(^^;)

4年生のときにさまざまな対応のまずさから、荒れに荒れてしまった学年。
5年生になって、親も悩み、教師も頑張り、何とかそれぞれがそれぞれの活路が見出せたと思っていたのに。。。

今年に入ってから、6年生4クラスのうちの2クラスの先生と校長先生が、他校から来た先生だったため、そういう先生方にとってはびっくりするほど荒れている…と映ったらしく。。。。

う~ん。。。とうなること2日間。
サッカー仲間のお母さんから、「意見が聞きたい」とメールが入り、
次の日、いろいろお互いに思っていることを交換し合いました。

私が感じていることはそれほど特殊なことではない、と話しているうちに思いました。

でも、思ってるだけじゃだめなんだよね。

そんなことも同時に思い、担任の先生に長い長い手紙を書きました。
ちょうどプリンターが壊れているんだもの。
ワードで打ったものを手書きにしたわ。
手書きでこんなに長い文章書いたのは久しぶりだわ。

次の日。1泊2日の修学旅行から息子たちが帰ってくる日。
息子の迎えにかこつけて、先生に手紙を手渡しました。

「協力する親たちが、「ほら、あの子が…」との井戸端会議にならないよう、どんどん注文をつけてください。どの子もここにいていいんだと思えるように、そんなメッセージが受け取れるように温かい目で見守っていきたいですね」と。

そして今日。
息子が手紙を持って帰りました。
そこには、「廊下での見守の趣旨」として、「…温かな心で接する」と下線が引いてありました。

「見守」や「温かな心」という言葉は、保護者会ではついぞ出てこなかった言葉です。
少しは気持ちが通じた…のかな。

私が「どの子も」と書いたとき、思い浮かべていた子がおりまして、
その子には、いっぱいいっぱい他人が愛情をかけてあげても、それでもまだ乾いてるような子なのでありまして。。。
他人の愛情なんて、ホントにカスみたいなものかもしれないけど。
少しでも、ほんの少しでも、その子が自分を好きになってくれればいいなと思うのです。

…ひとり言でした。
スポンサーサイト
ひとりごと TB:0 CM:6 admin page top↑
<<「ライオンハート」恩田陸 * HOME * 5月に読んだ本>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

>どの子もここにいていいんだと思えるよう

これって、大事ですよね。
自分の居場所がない、と思うほどさみしいこと、ないですもの。
6年生って、多分難しい年にさしかかっている年齢なのでしょうか?
(中学生になると手に負えなさそう)

私はまだ子供がいないので偉そうなことを言えませんが、
子供にとって、叱られるよりも辛いことは無視されることのような気がします。
「温かな心」を持つのは大人だってしんどい時があると思いますが、お互い頑張っていきましょうね。
by: nao * 2006/06/06 09:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どうして?カスなんかじゃないでしょう。その児にとっては全てかも知れませんよ。他人は自分。自分が映っている。他人が知らん顔しているということは自分がいないように感じるのではないでしょうか?そらさん、いいことしましたね。
by: saheizi-inokori * 2006/06/06 11:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんにちはっ♪
こんな、何だかよくわけ分かんない文章なのに、読んでくださってありがと~v-315
自分でも、何が言いたいんだかよく分からないのです。
ただ今回は、1人でぐちゃぐちゃ考えてるだけでは、何も感じてないのと結果的には同じだなと思いました。
タイミングを逃しても、後からでも言ってみることもあり、なんだよなって。
口にしたことがどういう形になっていくか、これからだと思うのですが、まぁ、自分自身が自分の気持ちを見失わないようにしたいものです(^^)

だけどねぇ、6年生の男の子なんて、ホント、まだまだ子供なのよぉ~。
今日も、学校に行く間際になって、「ドラえもんとのび太くんはどっちが主役なの?」って聞いてきた('◇')ゞ
学校の先生、何かすご~く買いかぶってないかい?(ん?)とも思うのだ(^^;)
by: そら * 2006/06/06 16:44 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梟さん、こんにちはっ♪
ホントにこんなにわけ分かんない文章、読んでくださってありがと♪
>その児にとっては全てかも知れませんよ。
うん、そうかもしれないね。
総体量が少なくても、まるっきりないよりマシかもね。
ま、これから限られた機会の中で、自分の気持ちに添った会話ができればいいな~と思います。うん。

by: そら * 2006/06/06 21:03 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ちょっと遅レスでごめんなさい。

子供は認められるのを求めている。
どの子にもいいところが必ずある。
子供のためと言いながら親や大人にとって
都合のいいようにしている場合が多いんだと
思うんだ。

私は母とは未だにうまく話せません。
その繰り返しだけは嫌だと思って息子に
何か言う時は一旦言葉を飲み込んで
『これは言わなくてもいいんじゃないか?』
と思ったときはぐっと我慢することにしたり
しています。

ピントはずれなコメントだったらごめんね。
by: 一陽 * 2006/06/07 00:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、コメントしづらいダレダレの文章に、
どうもありがとね♪

ピントはね、最初からどこにあるか分からないから、全然ずれていないのよv-8

>子供のためと言いながら親や大人にとって
都合のいいようにしている場合が多いんだと
思うんだ。

これね。本当に多いと思うな~。
だけど本人は気づかない場合も多いんだよね。困ったことに(^^;)
私もよく、自分のために言ってるのか、子供のために言ってるのか、分からなくなって途方に暮れてしまうことがあります。
今どき、何が子供のためなのか、分からないことのほうが多いから、
考えすぎるとドツボにはまるような気がします。

一陽ちゃんはぐっと飲み込むことが多いの?
私はね、ついついごちゃごちゃ話すことがメンドくなって、話さないで終わらせてしまうことが多いのね。
だからなるべく、思ったことをストレートに話すことを心がけなきゃな~なんて思ってる。
私、かなりボケーとしてるから、いったんその話題が終了した後に、でもやっぱりさ…なんてかっこわるいことになるんだけど(^^;)



by: そら * 2006/06/07 15:19 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/303-6eba5df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。