FC2ブログ
「4teen」石田衣良
2006 / 06 / 16 ( Fri ) 15:16:49
男子中学生4人を主人公にした短編集。
naoさんのコメントを拝見して、ああそういえば読んでいたわと、
以前の感想を引っ張り出してみました。
石田衣良さん、私がよくおじゃましている掲示板で、人気だった作家さんです。

★★☆☆☆

この作品が今の中学生の感覚をそのまま映し出しているのか、そうでないのか、私は中学生ではないので分からない。

少年たちの友情や、冒険心や、好奇心をそのまま映し出しているのか、そうでないのかも、私は男ではないので分からない。

援助交際やプチ家出、出会い系サイトに拒食症、DV。
彼らの手が届く場所に社会問題が横たわっている。
けれども少年達は軽やかにその中を疾走する。

あまりにきれいで、いい子で、優しくって。
ささくれだってる私には、おとぎ話にしか見えなかった。

上質のおとぎ話にリアルを求めてはいけないけれど、
テツオのお小遣い、月5000円なのよねぇ。
それって普通なのかな~。
今の子はリッチだわ。
スポンサーサイト



石田衣良 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<「うつくしい子供」石田衣良 * HOME * レンタル本♪>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

そらさん、こんにちは。

私は割りと気に入りました。
月島の地域性がとってもよく出ていると思います。
有楽町沿線に住んでいた私には、とても懐かしかったです。

彼らにとっては、銀座が地元で、新宿が気を張って行く場所、
というのが不思議な感じでした。
私にとっては池袋が自転車で行ける場所で、
銀座はきっちりお化粧しないと!という場所だったので。

あれ、中二で「慣性の法則」習っていたっけ?とか、
ジュンがあまりにも賢すぎる良い子だったりとか、ヘンな部分はあります。

毎回ゲスト出演のキャラが、次回は絶対もうでてこないなんて
(→いかにもテレビ的だと思いました)
毎日が積み重ねのはずの中学生のエピソードっぽくないですよね~。

でも、不自然でも、彼らの優しさにホロリとさせられるので、
なかなかお気に入りの話になりました。
本当は、14歳って、もっともっと臆病で毎日後悔の連続の、みっともない存在だと思うけれど、まぁかわいいから許そう、という気持ちです。
by: nao * 2006/06/16 15:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんばんはっ♪
>私は割りと気に入りました。
おぉ~♪よかったよかった\(^o^)/

私はね、これを読んだ時期から考えて、
「いいよね、いい子で(-_-)」って気になってしまったの。
タイミングの問題なんだよね。

あと、この作品の直前に読んだ同じ作者の『うつくしい子』がとてもよかったので、
過剰に期待してしまった…という部分もあるかな。

最近、思うのだけど、「これはすばらしい!」とか、「あ~、この話、好きだわ~♪」とか思えるのって、もちろん作品自体がステキだということも大事だけど、受け取る側の精神状態や、先入観もとっても関係してくるよね。

だからこそ、自分のお気に入りになった作品は、ご縁があったんだな~と、愛おしく思えるね。

書評をお仕事にしている人は、きっといつも自分をニュートラルな状態にしておかなくてはいけなくて、それはそれで、とても大変なことなんだろうな~なんて、余計なことながら思ってしまいます。

まぁ、私は素人だから、自分の思ったままに、感じたままに書いてしまおうと、ちょっと開き直っています。
それでも、自分の側のことで「いいな」と思えなかった作品に、
「私は好きだよ♪」とコメントなんかいただけると、
ちょっとホッとしたりもします(*^_^*)
by: そら * 2006/06/17 20:03 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/312-0f1e1392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *