スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「君の名残を」浅倉卓弥
2005 / 06 / 19 ( Sun ) 21:43:06
浅倉卓弥つながりでもう1冊。
大河ドラマで「義経」をやっているために、義経の話を読みたくなって手に取った本です。

★★★☆☆

美しい表紙の本。

現代に生きる中学高校生、友恵と武蔵そして志郎は、雷とともに800年ほど時をさかのぼる。
それぞれ巴御前、武蔵坊弁慶、北条義時としてそれぞれの場所で生き、正しい時の流れのための役割を果たす。

義仲の武骨な潔さと巴御前との夫婦愛、
義経の無邪気なまでの一本気、
弁慶と静御前とのつながり、
義経と静御前との別れ、
壇ノ浦の戦いや義経、義仲の戦い、
大姫と義高のかわいらしい恋、
義高亡き後の大姫と巴御前との邂逅、
etc.etc.
創作されたエピソードも、
語り継がれているエピソードも、
淡いタッチで、
けれども何とも心に余韻を残す描き方で。
ドキドキしながら、切なく思いながら、
涙しながら楽しめました。

だけどこれ、何でSF仕立てにしたんだろう。
そのまま素直に歴史小説だったほうが
私はもっとこの世界に入り込めたかも。

「時」が正しく流れるためだとか、
「時」の意思だとか、
要所要所で作者の歴史観がゴシック文字であらわれて、
流れがポッキリ折られるような違和感がありました。

私たちの歴史はすべて大きな意思に導かれて、なるべくしてなったんだと大上段に言われても、
本当にそうなのだろうかと、へそ曲がりの私は疑問が沸いてくるのでした。

武蔵や友恵が歴史における自分の役割を俯瞰しながら行動してるという設定が、
彼らの思考の足かせになってるみたいで、
また、そういう足かせがあることで、自分の人生を全うできていないような気がして、
私自身、少し不完全燃焼な感じが残り、残念でした。
スポンサーサイト
浅倉卓弥 TB:2 CM:4 admin page top↑
<<「義経」木下順二 * HOME * 「よみがえる百舌」の途中>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

どうもー
コレ文庫になったんで読みました。

そうそう、歴史小説でいいっすよね~
「時」がどうのこうのって話が、もっとガッツリ効果的ならまだしも。。。ってオレも思いました。

自分とこにだらだら書きましたが、
その辺の部分のことで、あまり登場人物たちに入り込めなかったんすよねー
by: じゅん * 2006/02/13 18:22 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、こんばんはっ♪
チョコ仕様のときに来ていただけて、嬉しいよん\(^o^)/
で、「君の名残を」…ねぇ、やっぱり??(笑)
私もちょっと不完全燃焼でしたぁ(^^;)
うん、エピソードはよかったんだよね~というだけに、残念でした。
by: そら * 2006/02/13 22:40 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは~。コメントありがとうございました。
感動でしたね。切なかったです。
特に、友恵の叫びは、悲しかった。うるうるしちゃいました。
長くて読み応えがありましたが、読んでよかったと思います。
by: 苗坊 * 2006/06/30 17:04 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

これね、もうちょっとシンプルだったら、もっとよかったのにね♪
by: そら * 2006/06/30 21:23 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/32-ad58e61a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
君の名残を
「君の名残を」浅倉卓弥武蔵・友恵・志郎の3人はある嵐の夕方姿を消す。3人は、それぞれ800年前にタイムスリップし、その時代の人物になり、その時代を生きていこうとするのだが。。浅倉さんの解釈というか、SF的要素を加えた平家物語。早々と... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2006/02/13 18:07】
君の名残を 浅倉卓弥
君の名残をオススメ!幼馴染で剣道部を務める高校生、白石友恵と原口武蔵は、雨が降りしきる下校途中、2人は忽然と姿を消した。目を覚ますとそこは、見慣れぬ風景。友恵は駒王丸という男に助けられ、桔梗という女性とともに暮らしていくことになる。武蔵は1週間.... 苗坊の読書日記【2006/10/11 22:19】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。