スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「メタボラ」211~223覚書
2006 / 07 / 14 ( Fri ) 22:13:07
211回にあらすじが載ってます。
今までのあらすじは、まぁこのとおりかな。

沖縄の森で記憶を失った僕は、ギンジの名前をくれた昭光と別れ、那覇のゲストハウスに滞在する。内地出身のオーナー釜田は政治に関心があり、ギンジにスタッフとなって自分の選挙を手伝うように言う。釜田は、婚約者の香織らと、やはり内地出身の中沢のカフェに集まり作戦会議を始める。


そして今回。
ギンジ、ハテナを飛ばしながら、釜田の勢いに飲まれているの巻です。
釜田、中沢、長崎、香織、そしてギンジの話し合い(?)は続きます。
釜田は、参議院選は落ちることは覚悟している。狙いはその次の市議選だと息巻きます。
長崎は、釜田の強気の姿勢に疑問を投げかけます。
基地問題、観光地問題、なかなか難しい問題を沖縄は抱えているようです。
結局、長崎さんは釜田に言い負かされた形になり、その場はそれで終わります。

数日後、ギンジにお客が来ました。
昭光です。
「会いたかったよ、ジェイク」
「あっがいー、すんきゃー懐かしいさーよー」


突然来た昭光に、ギンジは大層喜びます。
あまりにも嬉しくて、涙が出てきた。僕は専務のところで思い出した過去や、その後起きた出来事を昭光に聞いてもらいたかった。
のですが、昭光は、時間がないらしく、そわそわとしています。
昭光に、今何をしているのか聞くギンジ。
昭光はホストをしていると答え、ギンジに名刺を渡します。

あっという間に帰っていく昭光。
ギンジは、
ホストという割には、どことなくうらぶれた感じが気になったが、僕は昭光がわざわざ会いに来てくれたことが嬉しく、生きる希望を持った
のでした。
~~すごいね。「生きる希望」なんだ。。。

昭光が帰った後。
ギンジはまた自分の心の中へ入り込んでいきます。

昭光は、何かに心を奪われている。それは何か。掴もうとしても、芯を掴めないいらだちと、手を伸ばしても届かないもどかしさを感じて、僕は身悶えた。これは恋かもしれない、と愕然とする。
~~はぁ、そうですか。。。。('◇')ゞ

心が揺らいだギンジ。その夜、また女の人の夢を見ます。

昭光に自分の過去の話をしようと焦っているギンジ。
そこへ、例の女の人が現れます。
(昭光)「ギンちゃん、誰」
(ギンジ)「死神だよ」


というところでギンジの目が覚めました。
~~死に神ですかぁ。何やら意味深(^^)

9月に入り、気乗り薄の長崎を残して、釜田、中沢、香織は精力的に行動します。
彼らは、「ナイチャーの会」と「なんくるない会」の2つを立ち上げます。
ギンジは、否応なくその事務に追われます。

これまでなかった会の立ち上げを喜ぶ声に推されるように、釜田は一層自信を深めます。

ギンジは、釜田が当選するかもしれないという楽観に同意できかねています。

その根拠を釜田にうまく説明することはできなかった。それは、海に育まれてきた昭光の無邪気な明るさであり、専務の吹き飛ばされてなくなった親指だったりした。…つまりは言葉にすることができない、僕にとっては、どういても掴めないもどかさに通じるものだったのだ。そう、僕自身の過去や、昭光の心のように。

ギンジはモヤモヤと違和感を感じています。

釜田は、反対意見を言ってくる人に対して、
「おじぃ、今度一杯飲んで、とことん話し合いましょうよ」
という言葉で応えています。

釜田はうまく丸め込んだと思っているのだろうか。僕は釜田の気持ちがわからなくなっていた。

~~ギンジ、なかなか冷静に見てますね。

香織は独自に「地球に優しいふくぎの子」というNGOを立ち上げます。

「正し過ぎて余裕がないって感じ。」
とはリンコの弁。
~~これもなかなか鋭いかも。

ギンジは、昭光との再会以来、せっせと携帯に電話をかけますが、いつも留守番電話です。
ギンジは、
同じ那覇の空の下に生きていることを確認できて、嬉しかった。しかし、ゆっくり話したい思いは日増しに募った。
のでした。

釜田への違和感が大きくなるのとは逆に、釜田と香織のギンジへの信頼は増していきます。
今や、秘書のような役割を負っているギンジ。
不満や違和感が募っていきます。

9月の終わりのある日。
ギンジは「なんくるない会」の飲み会の酒代を持って、飲み屋に向かっています。
ギンジは、路地裏のラブホテルから、昭光と「エロチカ」で会ったことのある女の子(愛、ですね)が出てくるのを目撃します。

女が去ると、昭光は悲しそうに後ろ姿を見送った後、激しい勢いで走り去った。
のを見て、
昭光は、居ても立ってもいられない、心のざわめきに冒されていたのだ。
と納得するギンジ。

  以上、ここまで。

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
nagayumeさんおっしゃるように、
>結局ギンジは、この怪しさに耐えかねて出て行くか、傷つけられるかなんでしょうね。果たしてどうなるのか期待です。
(このコメント、私、見落としてました。ごめんなさい
だったのですが、まだそこまで行ってません
まぁ、ゆっくり進むのには、慣れてきてはいるけどね(-_-)

ギンジにとって、昭光のことのほうがよっぽど重要事項のようで。。。
この感じが、それこそ違和感ありまくりの私としては、はぁ。。。と思うばかりです(^^;)
けど、そろそろ私も認めなくちゃなのかな~なんて思う今日この頃。
本当にしつこ~くこういうシーンが出てくるんだよね。

この後、またギンジは昭光のことで頭がいっぱいになるんだろうな。
釜田との関係はどうするつもりなんだろう。
このまま不満を持ちながら、流されていくのかな。
何だかそんな気もしてきた

それから、ギンジの夢の中に出てくる女の人。
この人の正体が、近々分かるのかな~という気もします。
ま、期待しないで待ちましょう♪









スポンサーサイト
メタボラ覚書 TB:0 CM:10 admin page top↑
<<「ハルモニア」篠田節子 * HOME * 今日のびっくり!>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

お、アップされましたな。
私にとっての、この最近の疑問は、
「この章はどのあたりで終わって、ジェイクの章に切り替わるのかな?」というところでしょうか。ひねくれすぎ?(^^ゞ
by: nagayume * 2006/07/15 13:22 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは(*´▽`*)ノ”

うーん、ギンジは違和感を感じてるようですが
それは人間の直感として強ち間違ってないようですね。
地元のおじさんをお酒でも呑みながら~って丸めてる釜田。
この人の目的って・・・?
議員さんになってお金儲け?
リンコが言ってる「正しすぎて~」ていうのも分かります。
香織さん、何か余裕ないもんなぁ。。。
たぶん余裕あるなら釜田の違和感感じるはずだし。

あ!昭光!\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/ヤッター!!
何気に出てくるの待ってました(* ̄m ̄)プッ
しかし彼は彼なりに悩みの真っ只中なのでしょうね。

ギンジの想いはやっぱり「恋」なのでしょうかw
それはそれで面白くなりそうです(ノ∇≦、)ノ彡☆

ギンジの夢の中の女性。
誰だろう。。これが気になりますー。

また次回を楽しみに足しげく通いますね~o(≧∀≦○〃
有難う御座いましたー!!
by: 姫 * 2006/07/15 16:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

nagayumeさん、おはよっ♪
>「この章はどのあたりで終わって、ジェイクの章に切り替わるのかな?」
きっとそろそろでしょうo(^▽^)o
ジェイクの影が見え隠れしてるものね♪
終わるときには、釜田とケンカする、とか、もうひとつ過去を思い出す、とか、何かドラマがほしいな~なんて思ってたんだけど。。。
ドラマはジェイク絡みにありそうだねv-16
by: そら * 2006/07/16 09:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

姫さん、おはよっ♪
コメント、ありがとね~\(^o^)/

>ギンジの想いはやっぱり「恋」なのでしょうかw

>ギンジの夢の中の女性。誰だろう。。

なんか、釜田のことから微妙に外れてきているここ2日の「メタボラ」。
今ね、ギンジの心は昭光一色のようなのよ。
ということは、ということは、
やっぱり
ギンジの想いは恋なのか…なぁ???

>また次回を楽しみに足しげく通いますね~o(≧∀≦○〃
わ~い♪うれしいo(^▽^)o
姫さんのコメント、明るくてかわいくて、楽しみです♪
ありがとねv-315
by: そら * 2006/07/16 09:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆社会不適合なひとたち◆

74歳、男性、定年退職しています。
在職中は仕事で忙しく、文学を読むゆとりはありませんでした。最近、ようやく新聞連載の小説を読みはじめ、桐野氏のメタボラは興味深く読ませていただいています。
自殺未遂で記憶喪失の主人公ギンジは、実は、二度自殺未遂をしたのではないでしょうか。はじめの自殺は女性と心中未遂、ギンジは助かったけれど相手の女性は死亡、夢に出てくるようになったのではないでしょうか。わたしの身近にも自殺未遂と自殺した若者たちが居ます。
社会不適合の若者達が増えていますが、私も含めてその可能性のあるひとは昔から多かったと思います。
by: たなか さとひろ * 2006/07/17 14:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちはー(*´▽`*)ノ”
暑い・・・暑すぎますよね・・・・*o_ _)oバタッ

>今ね、ギンジの心は昭光一色のようなのよ

Σ(- -ノ)ノ エェ!?
や・・・やっぱり・・・・・
そんな気がしてました・・・・(-∧-)合掌・・・

ギンジってもしかして女性で痛い目にあってるのを
記憶では忘れても潜在意識で覚えてるのかなw
夢に出てくる女性ってのが、どーしても鍵な気がしますねぇ

あまりに衝撃なそらさんのコメント見て
2回もコメントしちゃいました( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
ああ~次回が楽しみすぎ~~(T▽T)(T▽T)(T▽T)

またきまーすo(≧∀≦○〃
by: 姫 * 2006/07/17 18:10 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たなかさとひろさん、初めまして♪
コメント、どうもありがとうございました。

おぉ~!なるほど!!2回の自殺未遂ですかぁ。。。。
夢に出てくる女の人が「死神」だものね。
言われてみれば、あり得る気がするv-355

>わたしの身近にも自殺未遂と自殺した若者たちが居ます。
身近に…ですか。。。。
それは…きつい。。。
たなかさとひろさんご自身も、そのことで苦しくつらい思いをなさったのかと思うと、、、言葉も見つかりません。

社会不適合かぁ。。。
システムが画一的になればなるほど、それに適合できない人間は増えていきますね。
どこからを「不適合」というのか、私にはよく分かりませんが、
「不適合」という言葉には、何やら切り捨てられてしまうような響きがあって、悲しくなります。
こことは合わなくても、きっとどこか自分が息つける場所がある。
私は、若者であればなおさら、そんな希望を捨てないでほしいと願ってしまいます。
楽観的すぎるのかもしれないけれど。

>私も含めてその可能性のあるひとは昔から多かった

そうですね。何も今に限ったことではないかもしれない。
だけど、、、それでも生きてきた、この事実のほうが、とてもとても重要で、そして大切にしたいことのように感じます。

何だかいろいろ考えさせられるコメント、本当にありがとうございました。
お話できて、うれしかったです。
また、いつでもお立ち寄り下さいね。
お待ちしてます♪
by: そら * 2006/07/18 08:36 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

姫ちゃん、おはよっ♪
ね、ねっ、衝撃的でしょ?(笑)
まぁ、「やっぱり」って気もするけどね。(^_-)-☆

>夢に出てくる女性ってのが、どーしても鍵な気がしますねぇ
うんうん。心中未遂説も出てきた中、今一番注目ですね~。
ギンジと何があった人なんだろうね~。

>ああ~次回が楽しみすぎ~~(T▽T)(T▽T)(T▽T)
姫ちゃんの期待に応えられるような展開を、私も桐野さんに熱烈希望!!

>またきまーすo(≧∀≦○〃
はいは~い。お待ちしてますよん\(^o^)/
by: そら * 2006/07/18 08:46 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆カタルシスを求めて◆

ギンジはつらい経験、つらい心を聞いてくれる相手として昭光を求めている。ギンジが意識を回復して最初に出会った昭光に特別の親近感を抱いてしまっている。これはギンジにとってつらい誤りではないでしょうか。第一、ギンジと昭光は住んでいる世界が異なり、容易に会えそうにもない。次に、昭光はギンジの告白をじっくりと傾聴していられる性格ではなさそうです。
ギンジのみならんや、我々はつらい自分を受容してくれる相手を求めています。我々はつらい自分を告白することによって癒されることを本能的にか、経験的にか知っている。しかもその様な相手になかなかめぐり会えず、孤独の裡に生きなければならないのが現代という時代社会なのでしょうか。
by: たなか さとひろ * 2006/07/23 05:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たなかさとひろさん、こんにちはっ♪
う~む。。。。むむむむ。。。。。
確かに傾聴と受容って、人に求めても得られることは少ないかもしれないですね。
何せ皆さん、忙しすぎる。。。。
なので、カウンセラーという傾聴と受容を専門とする職業が成り立つのかもしれません。

ギンジはひな鳥の刷り込みのように昭光を慕っているけれど、
それが「つらい誤り」のようにも感じられるけど、
さて、どうなっていくでしょう。
私は、私を含めた読者の違和感や心配を、スコーンと突き抜けてほしいな~なんて思っています。
by: そら * 2006/07/23 15:19 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/333-8eb69341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。