スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「DIVE!!」上・下 森絵都
2006 / 07 / 19 ( Wed ) 15:24:51
おもしろかった!!!
素直にそう言える作品です。

★★★★☆

水泳界のマイナースポーツ、ダイビング。
世間の関心の低さから、知季たちの通うダイビング・クラブも存続の危機に瀕していた。
存続の条件はオリンピック出場。
急に現実味を帯びてきたオリンピック。
彼らは、それぞれがそれぞれの思いを昇華させながら、最高の一瞬を目指して飛ぶ。

【こちらの記事も♪】
本を読んだら…byゆうき
苗坊の読書日記
読書感想文とブツブツバナシ
ひろの東本西走!?
天賦の才能を持つ中学生知季、両親ともにオリンピック選手だったサラブレッド富士谷要一、野性味あふれる個性を持った沖津飛沫。
この3人が軸となり、突然出現した女コーチ、麻木夏陽子(かよこ)やクラブメイト陵、レイジ、知季の弟弘也、恋人未羽、飛沫の恋人恭子etc.etc...多くの人が登場し、そしてダイビングに賭ける少年たちを応援します。おっと忘れてはいけない。飛沫の同居人、大島コーチもね。

一人ひとりの個性が際立っているので、多くの人物が登場しても混乱しません。そして、一人ひとりに作者の目が行き届いているので、どの人物も愛おしく、すべての人を紹介したくなります。

少年たちがスポーツに打ち込む。
このシチュエーションだけでもかなり爽やか路線なのですが、
若さゆえの不器用さとか、無謀さとか、自覚のなさとか、
「ほろ苦さ」もまぶされていて、それが余計に少年たちをキラキラと輝かせます。

心も体もまだ幼かった知季が化けた瞬間。
しがらみに絡み取られていた飛沫が解放された瞬間。
プリンス要一が誇り高き決断をした瞬間。

読者に直球ど真ん中を投げてきます。

最後の試合の場面、もう涙が出そうになりました。
ただの点数の羅列で涙なんて、初めてだわ。

この作品は4部構成になっています。
第1部、知季、
第2部、飛沫、
第3部、要一、を軸として物語が進み、
第4部、オリンピック選考会でラストを見る。
人間ドラマとして分かりやすくできているのではないかと思います。

ただ、私は知季がとても気になっていたので、
第2部では、中国合宿で何を学び取ってきたんだろうとか、
第3部になると、このとき知季は何を感じていたんだろうとか、
作品中では触れられないことに、もどかしさを感じたりもしました。

知季。この子の、闘争心のなさや、素直といえば素直、単純といえば単純なところ、人の心の機微に疎いところ…何だか息子に似てるな~と思います。(もちろん天賦の才能は、うちの息子は授からなかったようですが)
知季が、母親に気迫が足りないだの、勝とうという意気込みが足りないだのとさんざん言われたと思い出しているシーン。ちょっと笑ってしまいました。これって、夫やコーチが息子によく言ってることだよな~、なんて(^^;)
特にいい暮らしをさせているわけではないけれど、今すぐ飢えて困る生活をしているわけではない、安穏と暮らしていられる世代ですからね。
こういう闘争心のない子、もしかしたら増えてるのかな~なんて思ってみたり。
そんな親近感もあったせいで、知季が自分のスタイルで高みに上っていくのを見るのは、何やらドキドキしたのでした。
スポンサーサイト
森絵都 TB:6 CM:17 admin page top↑
<<今、読んでいる本 * HOME * 「ハルモニア」篠田節子>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆いいですよね!◆

私も大好きです!この作品。
こういう青春スポ根小説大好きです^^
皆一生懸命でいいですよね~。
こういう純粋に飛び込みをする姿は素直にカッコいいです。
応援したくなっちゃいます。
by: 苗坊 * 2006/07/19 23:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、おはよっ♪
昨日はすれ違いだったのね。おもしろいね♪
青春スポ根ものかぁ。
夏にピッタリだよねv-221
by: そら * 2006/07/20 10:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どうもー
いやーオモシロカッタ!それに尽きますよね(笑)
こういう純粋なのはあまり読まないから、
余計にまぶしく感じました。

TB成功!
実は昨日、「重力ピエロ」に全然できなくて、
結局あきらめたんです。。
by: じゅん * 2006/07/20 18:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、こんばんはっ♪
>こういう純粋なのはあまり読まないから、
余計にまぶしく感じました。
うんうん、まぶしかったですo(^▽^)o

TB、何度もトライしてくれて、ありがとね♪
前からよく迷子になってはいたんだけど、最近、とみに多くなってきました(>_<)
認証制とか、制限とかしてないんだけどなー。。。。
じゅんさんのが成功して、よかったよ~\(^o^)/
by: そら * 2006/07/20 21:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆こんにちは♪◆

森さんの作品は、始めて読んだんですが、面白い!!
最後はドキドキして、でも、誰と誰がオリンピックにいけないのか読むのが怖くて、でも、気になってページを捲る手が止まらない、そんな作品でした。
他の森さんの作品も読んでみたいなあ。
by: かずは * 2006/07/20 22:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆へ。。。◆

またしても面白そうだわん。

今日はだいぶ読み進みました。

春君と泉水くんから目が離せません。
by: 一陽 * 2006/07/20 23:29 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆TBさせていただきました◆

>一人ひとりに作者の目が行き届いているので、どの人物も愛おしく、すべての人を紹介したくなります。

そうですね、これがあるから第4章がすごくよかったですね。
by: ろっく * 2006/07/20 23:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

かずはさん、初めまして♪
ホント、上下巻なんて気にならない。一気読みの作品でしたね\(^o^)/
ほかの森作品。読んだら感想、聞かせてくださいね♪
また遊びに来てください。
お待ちしてます♪
by: そら * 2006/07/21 11:34 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、おはよっ♪
これ、文句なくおもしろいよ。
一気読みだよ。
爽やかだよ。
…読みたくなってきた?(笑)

『重力ピエロ』、進んでますねぇ。
泉水と春、いい兄弟だよねぇ。
by: そら * 2006/07/21 11:42 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ろっくさん、はじめまして♪
TBありがとです。迷子になってるみたいね。
こういうこと、ホント最近多くて、申し訳ないです。

>これがあるから第4章がすごくよかったですね。
そうそう、どの子にもがんばってほしくてね。
勝つか負けるかだけど、みんなに勝ってほしくてね。
読む手に力が入りました。(笑)
by: そら * 2006/07/21 11:44 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆完読しました!◆

面白かったよ。すっごく。。。
解説にもあったけど、かっこよすぎない泉水の書き方が
いいんじゃないかなぁ。。。
2人のお母さんの描き方も面白かった。

スポーツものなのよね。これは。。。
普段本を読まない息子もこれなら読むかしらん。
まずは私が読んでみるかな。
by: 一陽 * 2006/07/21 23:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんは。
そらさんも読まれたんですね。
鬱陶しい長雨を吹き飛ばすようなさわやかな物語で、よかったです。
>ただの点数の羅列で涙なんて、初めてだわ。
ぼくも、泣きこそしませんでしたが、要一の順位が少しずつ上がってくるのを、ワクワクしながら読みました。
最初、知季の章を読んでいる時に、「面白いから、読んでみたら」と中一の娘に勧めたのですが、飛沫の章を読んで、しまったと思いました。
娘が「『DIVE!!』貸して」と言ってきたらどうしようかと、ちょっぴり思い悩んでいる今日この頃です。(^^;)
今日は、TBうまくいくかな。
by: touch3442 * 2006/07/22 00:23 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、おはよっ♪
おぉ~、読み終わったのね\(^o^)/
おもしろかった?
>2人のお母さんの描き方も面白かった。
審査員のお尻を叩くところとか、なかなかのお母さんだよね。
あまりぐちゃぐちゃ悩まないお母さんのような感じがした。
だからいいんだろうな~と思った。

『DIVE!!』はスポーツものの王道を行く作品だと思う(*^_^*)
息子さん…なら、下のtouch3442さんのように悩まなくて済むかもo(^▽^)o
飛沫、うらやましいぜ~!!!かもねっv-8
by: そら * 2006/07/22 11:19 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

touch3442さん、おはよっ♪
>娘が「『DIVE!!』貸して」と言ってきたらどうしようかと、ちょっぴり思い悩んでいる今日この頃です。(^^;)
o(^▽^)oo(^▽^)oo(^▽^)o
思い悩んでいる父親、touch3442さん、何だかとってもほほえましいわ♪
中1ですかぁ。たしかにビミョーなお年頃だわねぇ。
うちの娘は高2と中3なので、まぁ、読ませるのにさほど抵抗はないのですが。。。(もう勝手に読んでるしv-356
あ、でも、もしかして夫は渋い顔するかも(^^;)
おとーさんって、娘に対しては特別な思いがあるのよね。
がんばれ!おとーさん♪なのでした(*^_^*)

TB、何度もトライしていただいているのに、ごめんなさい。
う~ん、、、、、何が悪いんだろ?
by: そら * 2006/07/22 11:59 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆ろっくさん♪◆

TBのリトライ、ありがとうございました\(^o^)/
今度は反映されたようで、よかったです。
また、いつでも遊びに来てくださいね。
お待ちしてます♪
by: そら * 2006/07/23 15:25 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

> 第2部では、中国合宿で何を学び取ってきたんだろうとか、第3部になると、このとき知季は何を感じていたんだろうとか

あ、これ、私も同じこと考えました。とっても気になりますよね。こういう細かいところで、同じ事を思っている人を見つけると、嬉しいですね。TBさせてください。
by: ゆうき * 2006/08/24 00:48 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ゆうきさん、おはよっ♪
TB、せっかくしていただいたのに、反映していないみたいね(>_<)
ということで、記事にリンクさせていただきました。
>こういう細かいところで、同じ事を思っている人を見つけると、嬉しいですね
うんうん!!\(^o^)/
by: そら * 2006/08/24 09:12 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/335-849ec9b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「DIVE!!」森絵都
私、スポーツが全くダメで、体育の時間が本当に苦痛で、特に団体でやる球技とかリレーとかとにかく大嫌いで、もうねえ、体育の時間がなかったら、私はもうちょっとすくすくと素直に育って勝ち組になってたんじゃないか、っていまだに思ってしまうくらいトラウマになってる。 本を読む女。改訂版【2006/07/20 01:30】
「DIVE!!」森絵都
高さ10mからダイブ!飛び込み競技に打ち込む少年達のお話。少年達の通うダイビングスクールは、存続の危機に陥っていた。。そんな時、新しい女性コーチが現れ、スクール存続の条件は、オリンピックへの出場だと告げる。そこから、少年達の挑戦が始まる。... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2006/07/20 17:23】
「DIVE!!」森絵都
幼かったあの日、出会ったのはコンクリートドラゴン。そんなモンスターにうっかり出会ってしまった日には、MP、HPかき集めて、攻略せずにはいられないじゃないか!雑魚を蹴散らし、宝箱をゲットして、いざ挑むはプールにそびえるコンクリート・ドラゴン!さわやかでし.. 読書とジャンプ【2006/07/20 22:52】
「DIVE!! 上下巻 森絵都」読了のこと
面白かったです。 主人公は知季、飛沫、要一の3人の少年。 舞台は「飛込み」で、 徒然な日記(20%増量中)【2006/07/23 11:32】
DIVE!4 コンクリート・ドラゴン 森絵都
DIVE!!〈4〉コンクリート・ドラゴンオススメ!それぞれの思いを胸に秘め、オリンピックを目指して選考会へ挑む、要一、飛沫、知季。要一はひどい高熱を出しており、序盤に出遅れる。しかし、父であるコーチに支えられて前逆宙返り二回半蝦型に挑む。飛沫は恭子や母に... 苗坊の読書日記【2006/10/11 22:15】
DIVE(ダイブ)!! 1~4(森絵都)-1
DIVE(ダイブ)!! 1~4(講談社)★★★★☆:90点 第135回直木賞受賞作家・森絵都さんの素晴らしいスポーツ青春小説です。文庫本も出ていますが、私はソフトカバーの単行本で読みました。感想を1回 ひろの東本西走!?【2006/10/17 00:28】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。