スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「柳生雨月抄」荒山徹
2006 / 07 / 25 ( Tue ) 15:57:48
私が今まで読んだ本の中で、ピカイチのくだらない作品でした\(^o^)/

★★★★☆

朝鮮の陰謀からこの国を守れ―柳生十兵衛をも凌駕する新陰流の遣い手にして、後水尾天皇の陰陽師・柳生友景と、朝鮮王率いる「征東行中書省」との凄惨極める妖術戦、そして朝鮮柳生との息を呑む剣戟が今、幕を開ける!隆慶一郎のスケールと山田風太郎の奔放さを併せ持った超新鋭が放つ、奇想天外/天衣無縫の最新作。(Amazonより)

ここまでくだらなさを極めると、これはとっても痛快です。

大体ね、ストーリーが滅茶苦茶。
スーパーヒーロー友景くんが、朝鮮妖術師の日本征服を阻止します。
テキトーに歴史上の人物なんかも散りばめて、たくさんの漢字と硬い文体で真面目に書かれているように見せかけて、あり得ないだろーのオンパレードです。
荒山さん、淀君とか、お福とか、キライなのかな?(笑)
韓国はどうなんでしょう?
この作品では、朝鮮って、「007」におけるソ連のように悪の国です。とっても歪んだ王が歪んだ側近を侍らせて、国を牛耳っています。
韓国の人が読んだら怒るんじゃない?と心配にもなりますが、きっと大丈夫なんでしょう。
だって、ここまで突き抜けた荒唐無稽なんだもの。怒る気にもなれないだろうなぁ。
真面目にその歴史観に反論しようとする人のほうが間抜けに見えるというこの図式。
荒唐無稽だから許されるってこともあるんだな~なんて、変に感心したりもしました。

登場人物や妖虫も、荒山さん、楽しんでますねーでした。
ったく、こんなところでお会いできるとは、のお方が登場します。

実はもう一冊、『柳生薔薇剣』というのもお借りしてます。
きっと近々読むんだろうな~。
何だかクセになりそうです。
スポンサーサイト
荒山徹 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<「雪屋のロッスさん」いしいしんじ * HOME * 「メタボラ」224~233覚書>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

お久しぶりですぅ~~♪

そらちゃんの「ピカイチのくだない作品」なのに「くせになる」。気になるっぅ~~~~!!!

そらちゃんは、幅広く色んな作品読んでるよね^^

あたしも見習わなければ★
by: でねぶ * 2006/07/26 11:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

きゃ~♪でねちゃん、おひさっv-315
遊びに来てくれて、うれしいわ\(^o^)/
夏休みになりましたねぇ。
もう、今日だれが何をする予定なのか、カレンダーを見なければさっぱり分からない状態になってます(^^;)

くだらないけどクセになる作品。気になる?(笑)
ちなみに、えーすさん絶賛の作家さんだよんv-218
機会があったらぜひど~ぞ♪v-290
by: そら * 2006/07/26 13:48 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/338-167611c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。