FC2ブログ
「木曜組曲」恩田陸
2006 / 07 / 27 ( Thu ) 20:41:18
恩田さんの作品だもの。もしかしてもしかしたら、犯人が分からないまま終わるかも…と思っていましたが、何やら結末らしい結末がちゃ~んとついておりました。
いや~、ヨカッタヨカッタ♪

★★★★☆
作家重松時子が死んでから4年目。
時子ゆかりの女が5人、時子の住んでいた「うぐいす館」に集う。
時子は本当に自殺だったのか。
それぞれの胸に秘められた思いが、パンドラの箱を開けるように今開く。

閉じられた空間で明かされる真実。
少しずつ変化していく時子の像。

絵里子たち5人は、食べながら、飲みながら、だらだらと話し続けているだけなのに、ひたひたと緊張感が高まります。
この感じ!
この雰囲気がたまりません。

冷静に考えれば、それはなしだろ~という偶然が重なっていたりするけれど、気にしない気にしない。
最後のひねりがちょっと弱かったようにも感じるけど、そんなことも気にしない(*^_^*)

恩田さんならではの心理劇に、魅了されたのでした。

さらに。。。。
この物語、登場人物5人のうち、4人が作家で1人が編集者という構成です。
なので、解説にもあったけれど、恩田さんの本音らしきものがポロポロとこぼれているというおまけがついています。

尚美が書こうとしているメロドラマは、『ライオンハート』の原型みたいだ、とか。
「~的」という解説はよく分かんないよね~、という会話だとか。
この会話、『三月…』の文庫にあった解説を思い出し、
第一、あれはあの難解で有難そうな言葉の雰囲気を楽しむのが正しいのよ。理解しようなんて思っちゃいけないわ
と編集者えい子さんに言わしめた恩田さんに、とっても親しみを感じたのでした。

ハードボイルドについての解説(?)も笑えます。
つかさが、自分はどんなハードボイルドにも使える帯が書けると言う場面。
「昔大きな組織から足を洗った、一匹の狼がいます。腕っぷしは強いけどもう暴力は嫌いです。酒や銃や釣りなど、蘊蓄を垂れます。ある日、昔の仲間から昔のよしみで何かを頼まれます。男はもうカタギなので断ります。でも、男の家族や友人が巻き込まれてしまったので、やむにやまれず事件にかかわります。昔の女がでてきます。ドンパチやって事件の黒幕に迫ります。あと一歩というところで昔の女か友人が男を裏切っていたことが分かります。結局みんな死にます。男もいっぱい殺します。虚しいです。男はまたいつもの生活に戻ります。」

あはは!そういうの、私も結構読んだぞo(^▽^)o
だからいいとか悪いとか、そういうことではなしに、物語の原型というものは、どんな分野にせよあるんだよな~と思ったのでした。
スポンサーサイト



恩田陸 TB:0 CM:6 admin page top↑
<<「となりのトトロ」 * HOME * 「雪屋のロッスさん」いしいしんじ>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆こんばんわ~◆

いやいやいや、女がそろうと恐ろしいですね^^;
真実を隠して、探り合っているような感じでしたねぇ。
最後はどんでん返しもあるし、面白かったですねぇ。
満足です。
映画化もされていますよね。観てみたいんですよね~
by: 苗坊 * 2006/07/27 23:16 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、こんにちはっ♪

うんうん、なかなか恐かった(*^_^*)
どんどん出てくる真実・・・みたいなところが、
最後になっても、まだ何かありそうだった。

映画化、されてるみたいだね。
文庫の見返しのところに、映画のシーンが載っていた。
ちょっとおもしろそうだよねo(^▽^)o
by: そら * 2006/07/28 11:39 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆はじめまして◆

高村薫 に反応してやってきましたら、恩田陸さんの話題でしたのでまた、嬉しくなってしまいました。
「木曜組曲」また読みたくなりました。映画化されていたなんて知らなかった・・・
でも、小説の映画化って、少し苦手です。読み進めているうちに私のなかでは、映像が出来てくるのです。それを、塗り替えられるみたいで・・・
独立した映画として観ればきっと楽しめるのでしょうね。皆さんはどうなのかな?
すみません、またお邪魔させてくださいね。
by: くん * 2006/07/28 23:42 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆ほぉ~◆

これ読んでみようっと。
日曜日の仕事帰りに本屋にいけるかなぁ。

そうそう、割と立ち寄りやすい場所に関東1の広さという
ブックオフが出来るの。なんだか楽しみです。
by: 一陽 * 2006/07/29 02:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

くんさん、はじめまして♪
高村薫、お好き?
私はすご~く好きです(*^_^*)
>小説の映画化って、少し苦手です。
これ、分かるな~。
マンガのアニメ化も、違和感があってイヤだけど、
小説の映画化も、ありっ?と思うこと、よくあります。
映画と小説は別物なんだけどね、どうしても引きずられてしまうんだな。
『木曜組曲』はどうだったんでしょうね。
話によると、ラストが小説とは違うみたいで、、、、
どんなラストなんだろうと、気になってます(*^_^*)

>またお邪魔させてくださいね。
わ~い\(^o^)/また、ぜひぜひ遊びに来てくださいね♪
by: そら * 2006/07/29 11:51 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、こんにちはっ♪
あらま、またまた夜更かしですね~。
創作活動、進んでるかな?o(^▽^)o

『木曜組曲』もし機会があったら、読んでみてね♪
そこそこ恩田ワールドで、だけどそれほどどっぷりではないところが、読みやすいのでは…と思いますv-218

関東一のブックオフ開店、いいなー。うらやましい(*^_^*)
by: そら * 2006/07/29 11:57 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/340-769911b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *