スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ガセネッタ&シモネッタ」米原万里
2006 / 08 / 08 ( Tue ) 13:20:30
ロシア語同時通訳者、米原万里さんのエッセイ。
いろんなところに書かれたものを集めたエッセイ集なので、
同じことが何度か出てきて、ちょっとくどく感じたりしました。
この本は、1冊通して読むのではなく、少しずついろんな本の合間に読むのがいいみたい。

米原さん、相変わらずアメリカ一辺倒の日本に憂いを感じています。
相変わらずフンドシの話も出てます。

楽しくて、辛口で。。。

もうこの世にいらっしゃらないんだな~と、何だかしみじみ思いました。

【こちらの記事もど~ぞ♪】
生きることにも心急き、感ずることも急がるる…
スポンサーサイト
米原万里 TB:1 CM:8 admin page top↑
<<「聖の青春」大崎善生 * HOME * 「M:i:Ⅲ」>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

全然関係ないのだけど、どっかをクリックしたりすると鳴る「からからっ」っていう気持ちのよい音はどうやったら鳴るの?差し支えなければ教えて。

米原さんねぇ。本当になくなってしまったのよね。あーいう風に堂々と可笑しいことはオカシイと言ってくれる人は貴重だったのに。

今日はそらちゃんっぽく本のことでもアップしようかなぁ。
by: 一陽 * 2006/08/08 14:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは♪
偶然にも今日、友人から「ガセネッタ&シモネッタ」が回って来ました……
まだ読んでいないのだけど。
「本の合間に読む」なるほど~、少しずつ楽しみながら読んでみますね。
by: すみか * 2006/08/08 22:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、こんにちはっ♪
音はね、テンプレートを変えたらくっついてきた(笑)
ちなみにこういうやつ。
<EMBED src="http://www.geocities.jp/yuga_ee/ice.wav" width=165 height=40 autostart=true>

>あーいう風に堂々と可笑しいことはオカシイと言ってくれる人は貴重だったのに。
ね~。今だからこそ、という方だったよね~。

本のアップ、楽しみ楽しみ(*^_^*)
by: そら * 2006/08/09 16:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

すみかさん、こんにちはっ♪
夏バテしてませんかぁ??
高校野球が始まってますね~。
すみかさん、今年は観戦できてるかな~なんて思ってました。
>偶然にも今日、友人から「ガセネッタ&シモネッタ」が回って来ました
お~!偶然だぁ\(^o^)/
1つ1つが短いからね。ちょこちょこっと読むのにいいかもです♪
by: そら * 2006/08/09 16:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、おはようございます♪
これも実家にありました。

ダジャレや小咄が多いのかと思ったら、「不実な美女か貞淑な醜女か」の続編のような、通訳界ウラバナシ満載のエッセイでしたね~

結構笑えたので、好きです。

韻を踏んだり、同音異義語を見つけ出すのが上手な通訳者達。これは、日頃から、的確な表現を探す訓練が必須の職業だからなのでしょうね。咄嗟に的確なコトバが出てこない私にとっては、見習いたい特性です。

「トウヘンボク」「ウドの大木」
このエピソードが一番好きです。
by: nao * 2006/09/02 10:04 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、おはよっ♪
naoさんのご実家にもたくさんの本があるのね~。
さすが♪

>結構笑えたので、好きです。
ちょっとずつ読むのによさそうな、楽しい本でしたね~o(^▽^)o

>「トウヘンボク」「ウドの大木」
公僕、唐変木、ウドの大木!!!
とっさによく出てくるよね~。
私も好き♪

by: そら * 2006/09/04 08:05 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんは。
おっしゃるとおり、似たような話が繰り返されますね。
ぼくは電車の待ち時間などの細切れの時間の合間に読んだので苦になりませんでしたが…。

米原さんのように、高尚な話題も下世話な話題もスマートに書くことのできる方がこんなに早く亡くなられたのは、本当に残念です。

TBさせていただきました。
by: touch3442 * 2006/09/17 00:26 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

touch3442さん、おはよっ♪
>ぼくは電車の待ち時間などの細切れの時間の合間に読んだので
それは、この本にピッタリの読み方だったのでは\(^o^)/

>高尚な話題も下世話な話題もスマートに書くことのできる方
ホントにね~。
それに、「アメリカ寄りではない国際人」という立場でも、重要な発言者だったのでは…と思います。

TB、ありがとでした♪
by: そら * 2006/09/18 07:47 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/347-86ea36c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『ガセネッタ&シモネッタ』
米原万里 『ガセネッタ&シモネッタ』(文春文庫)、読了。 ガセネッタとシモネッタの命名はお見事ですが、 笑える話から考えさせられる話... 観・読・聴・験 備忘録【2010/06/02 22:30】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。