スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「将棋の子」大崎善生
2006 / 08 / 17 ( Thu ) 17:49:11
厳しい世界の厳しい現実。
プロ棋士になり、名人になることを夢見て、破れていった若者たちのお話。
ノンフィクション。

★★★★☆

現実問題として私が成田にしてやれることはそう多くはなかった。
成田が抱えている挫折感は成田のものであり、私のものではない。それは、心の中で何度も繰り返す誰かが作った美しいメロディーがどんなに胸に響き渡ったとしても、結局はそれは他人のものであり自分のものにはなりえないのと似ているのかもしれない。共感はどこまでいっても、結局は共感以上のものではないのである。



この言葉。
第三者としてしか関われない作者のやるせなさが伝わってきます。
こういう思い、分かるな~。
自分だけが安全地帯にいるような、後ろめたいような気持ち。
「だけど共感することにも意味はあるのかもしれない」と自分を鼓舞する気持ち。

この作品は、「大崎善生」という人なりの、「自分にできること」だったのだろうと感じます。
作者にとっても書かずにはいられなかった作品なのではと。
それだけに、胸に迫るものがあります。

最後に作者に、

<今も将棋が自分に自信を与えてくれている。自分の支えとなっている。>
そうなのだ。
私は将棋界にいて将棋雑誌の編集を何年もやってきて、順位戦やタイトル戦、それに奨励会の厳しさばかりに目を奪われてきた。年齢制限で棋士になることができずに、夢破れて去っていく青年たちの悲しみばかりに心が共鳴していた。
しかし、本当はきっとそうではない。
将棋は厳しくはなく、その本質は優しいものなのである。…それに打ち込み夢を目指した少年の日の努力や鍛錬は、大きな自信となって彼らの胸の中に生き続けているのだ。


という思いに至らせた成田。
何事もとらえ方次第なのだと感じます。

それでもやっぱり、道半ばで挫折した人のリベンジの場があまりに少ないことに、何だか悲しいものを感じます。
プロへの道はどこも厳しいものだから。
いわゆる「つぶしがきかない」道の険しさを、しみじみ感じたのでした。
スポンサーサイト
大崎善生 TB:1 CM:10 admin page top↑
<<「メタボラ」244~258覚書 * HOME * 「ワイルド・ソウル」垣根涼介>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

この本はいろんな見方が出来ると思います。

まず、そらさんが書かれた内容。私は、半分くらいは同意見を持ちながら読んでいましたが、残りの半分は結構冷めた目というか、少し違った観点で読んでいました。

 主人公は、かたくなに自分のスタイルを変えなかったため、力を伸ばすことが出来なかった。この事実が私は重くのしかかりました。「人間、何歳になっても勉強」と言いますが、良い意味で自己変革が必要だなということをこの本は暗示しているように思えます。

 主人公を軽蔑するつもりでは毛頭ありません。私自身、そうなりがちなのです。なので、そうならないようにしていかなければと、この本を読んで思いました。

 それらをひっくるめて、「将棋の世界ってのは怖い世界だなあ」というのが一番大きな感想でしょうか(^^ゞ
by: nagayume * 2006/08/18 14:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

nagayumeさん、こんにちはっ♪
コメント、ありがと~\(^o^)/

nagayumeさんのコメントの仕方に、なるほどな~と感心したのでした(*^_^*)
…いえね、ノンフィクションって、登場人物の生き方や、やり方に「ん?」と思っても、どう書いたらその登場人物を傷つけないで、自分の思いが書けるかな~と思ってたの。
それが事実の重みというものなのかなぁとも。
いや、それはこうなんじゃないとか、そこ、違うんじゃないと思っても、彼や彼女たちは、そういうやり方をしたんだし、そういう選択をしたんだし、…そこに口を挟むのはおこがましいっていうかさ。
なので、なんかノンフィクションの感想は難しいな~と思っていたのです。
これがフィクションだったらね、この人、もっと考えた方がよかったんじゃないのとか、違うでしょうとか、勝手なことほざいていられるんだけどね('◇')ゞ

で、そのお話の内容。
うん、私も、ちょっとそう思った。
成田がもうちょっと融通が利いていたら、彼の将棋人生はもっと違ったものになったのかもしれないのに~と思いました。
だけど、もし彼が自己変革ができて、もっと時代の流れの中で潰されない将棋を指すことができても、納得いく将棋にはならなかったのかな~という気が、最後にはしました。
彼は自分の将棋にこだわった…ということが、彼のその後の人生において、
支えにも自信にもなっていたんだろうなと。
それはそれで、支持したいような気持ちになりました。

将棋の世界だけではなく、スポーツの世界や音楽の世界みたいに才能が物を言う世界って、その才能がほかの道に活かせないという意味において、厳しいものがあるよね。
そういう、若いうちに何かに賭けた子供たちがその夢に破れたとき、リベンジの場がないという現実が、すごく重たかったです。
「何かに賭ける」ことってとってもステキなことだと思うだけに、余計にね。

あ、ちなみに私が、「これってどうなの?」と思ったのは、『将棋の子』ではなく『聖の青春』です(^^;)
師匠の森さんちの生活がね、腎臓に疾患を抱えている子を預かる生活じゃないでしょう!とちょっと憤ったのでした。あまりに病気に対して無知過ぎるんじゃないの???と。…言えなかったけど、言っちゃった(*^_^*)
by: そら * 2006/08/18 18:14 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

なるほど。そらさんのコメント、うなりました。

>なんかノンフィクションの感想は
>難しいな~
同感です。私自身、何かで感想文を書こうと思ったのですが、書けませんでした。いつか書きたいけど。

なので、これをかいたそらさんを尊敬しますよ。

>それはそれで、支持したいような
>気持ちになりました
感動しました。そらさんの人柄ですなあ。

>リベンジの場がないという現実が、
>すごく重たかったです。
そうなんですよ。受験ってね、失敗しても志望校を下げるっていう選択肢もある。浪人も出来る。

 でも、「リベンジがない」というのは重い。この本を読んだとき、改めてそう思いました。

>腎臓に疾患を抱えている子を
>預かる生活じゃない
言われるまで気がつかなかったけど、
そうですよね(^^ゞ

その知識は必要ですよね。

私は、クラブ活動で、病弱な子にトレーニングを強制させたことがあります。「そんなに無茶じゃない」という内容だと思っていたのです。

 でも、帰宅して看護師である母に聞いたところ、「その病名の子にそんなトレーニングしたら命に関わる」と言われました。

 そのときはぴんと来ないまま、「そういうものか」と思って、トレーニングをやらせないようにしたのですが、今から思えばあまりに無知だったと思います。

…すみません、余談でしたが、思い出したことを書いてみました(^^ゞ
by: nagayume * 2006/08/18 22:20 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

特殊な英才・天才、運をも引き寄せることができるほどの、狭い世界、だからこそワクワクするような魅力があったのでしょうが、そろそろ改革を迫られていますね。
先般もアマのなんとかいう人に異例な門戸をひらいたとか。
by: saheizi-inokori * 2006/08/19 09:39 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

nagayumeさん、丁寧なお返事、ありがと~\(^o^)/
nagayumeさんのところにちゃ~んと届いたことが分かって、すごくすご~くうれしかったよ(*^_^*)
ちょっと褒められすぎかも…だけど(^_-)-☆

それから「余談」も(*^_^*)
ごく普通に健康な生活している者にとって、病気の知識はそれほど多くはないものだし、自分の持ってる知識が医学的に正しいものかどうかも怪しいものだよね。
「自分は知らない」ということを前提に、身近な人の病気について正しい知識を得る姿勢を、いつも持っていなくてはいけないんだろうな~と感じました。←これこそ、ホントに余談だけど(^^;)
nagayumeさんには、近くにいいアドバイザーがいて、よかったね☆
by: そら * 2006/08/19 11:58 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ふくろうさん、こんにちはっ♪
将棋界なんて全然知らない世界だったけど、少しずつ変わってきてるみたいですね。
新聞の隅に載っていた将棋盤の横の解説に、プロ編入試験??(ちがったかも^^;)があるようなことが書かれていました。
作者が少し触れていたプロとアマの力の差がなくなってきていることに、危機感があるのかな~なんて思いました。
…それにしても、将棋ってやっぱり分かんないわ~。その盤、プロとアマが戦ったトーナメントの盤だったんだけど、結局どっちが勝ったのか、それすら分かんなかったよ('◇')ゞ
分かる人にしか分からない世界、ということは、変わらないようです(^^;)
by: そら * 2006/08/19 12:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、そりゃあ”分からない”の次元が違いすぎるよ。バスケットの試合を見ていた林家正蔵(先の)が「おい、いくら繰り返していても籠に穴が開いてちゃあしょうがないよ。気がついてないんだろう。誰か教えてやったらどうなのかな」と言った伝説に近い(笑)。
by: saheizi-inokori * 2006/08/19 18:04 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

あはは!梟さん、やっぱり?o(^▽^)o
でも私は、「将棋は王が取られたら負け」って知ってるよ♪
先代正蔵さんよりマシじゃない?
…五十歩百歩か(*^_^*)
by: そら * 2006/08/20 16:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

この本は長夢さんきってのお勧めだったので読ませて頂き感想をブログに書かせてました☆

身を削って競りあがっていく戦いの最中
自分を見出せず挫折していく人たち
生き残っていく上での良い意味での妥協
それが出来ないのに諦められない‥
心がもどかしくそれが清清しくもあり
私が忘れてる初心というのを突きつけられた感じがしました(´ー`)
とても書ききれませんが切なく力強い内容だったと思います(≧ω≦ゝ
by: みのる * 2008/06/11 21:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

みのるさん,こちらにもありがと~\(^o^)/

うはは!私もnagayumeさんのオススメだったから,読んでみたような気がする(*^_^*)
いろいろ考えさせられたというか,
知らなかった世界を垣間見られたというか,
そんな感じでしたね~。

>生き残っていく上での良い意味での妥協。それが出来ないのに諦められない‥心

頭ではどうしようもない「心」を,自分の中でどう昇華していくか…で,その後の人生が違った色に見えてくるのかもしれないなぁという思いも沸きました。

>切なく力強い内容だったと思います(≧ω≦ゝ

うんうん。ノンフィクションというジャンルの重みもまた,感じた1冊でした。


by: そら * 2008/06/12 12:16 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/352-1f544ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大崎善生『将棋の子』
将棋の子講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、大崎善生『将棋の子』を紹介します。本書は、プロ養成機関といわれる奨励会を卒業(プロになった者)または退会(年齢制限でプロになれなかった者)した後を追跡取材したものである。偶然の奇跡というべきもので三段リー... itchy1976の日記【2010/02/12 16:44】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。