スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
映画「亡国のイージス」
2006 / 09 / 12 ( Tue ) 10:39:25
やっぱり観ました、『亡国のイージス』(*^_^*)

いろいろ言われ尽くしている感のある映画ですから、
あまり期待せずに観たのですが。

大体、皆さん同じようなことを思うものなのね~と感じた次第。
これだけの大作を2時間の映画にすること自体、難しいよね。

原作の魅力の1つである心理描写や背景説明がほとんどなくて、
これ、原作を読まないで観ても理解できないんじゃないかな~というシーンが結構多かったです。
なので、消化不良の感は否めなかった…かな。
行動だけ見ても、その人の理解にはつながらないんだよな~なんて、
そんなことを思いました。

エグい場面はみ~んなカットされてましたね。
原作を読みながら、この場面、映画ではどうするのかな~なんて思っていたけれど、なるほど、潔くカットですかぁと思ったのでした。

う~ん、死体ゴロゴロはちょっと見た目に難しいかもねぇ…なんだけど、
おかげでジョンヒがかわいそうなことになっていたような。。。
宮津も、はっと気づく場面がごっそりなくなって、ただの流されやすいわけ分からんおばかさんに見えてしまっていたような。。。。

ジョンヒの登場シーンもショボかったけど、
首の傷1つで、この人は口がきけないんだと分かる人がいたらすごい。
ヨンファとの関係も、きっとさっぱり分からないだろうな~。

ほかにも、
菊政、これだけかい、とか、
政府関係者のエゴむき出し会議シーンが甘い!とか、
中途半端な回想シーンじゃ、如月行の背景がよ~分からんとか、
背景がよ~分からんから、宮津と如月行のシーンもすごく分かりにくいぞとか。

まぁ、あげつらえばいろいろあるけど。。。

仙石さん、よいわ~♪(*^_^*)

私は真田広之の仙石さんに満足♪

真田広之がモタモタと動いているのって、これって演技…だよね?
本当はもっと軽やかな身のこなし…なんだよね?
うん、きっとそうだ。
『高校教師』でも、腕立てができないシーンがやけにうまかったもの。
と、言い聞かせていた部分もありますが(^^;)

あとは、意外に存在感があったのがヨンファの中井貴一でした。
中井貴一ねぇ。。。とちょっと見直したのでした(*^_^*)

【こちらのブログも♪】
ひろの東本西走!?
スポンサーサイト
映画 TB:2 CM:10 admin page top↑
<<間違い探し('◇')ゞ * HOME * できたぁ!>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

確かに、私もナカイキイチを見直しました。とてもじゃないが日本人には見えません。カミカワタクヤの大地の子も感激しましたが、あの再来です。

>本当はもっと軽やかな身のこなし
>…なんだよね?
さあ、どうなんでしょうね(^^ゞ

カットされた中で私が一番残念なのは、「スカでした」というシーンかな(この説明で分かりますかね)。

「あれがなくて、円満に終わりはなあ…」と、残念に思ったのを覚えています。
by: nagayume * 2006/09/12 18:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆壁紙ぐっどです。◆

秋らしいね。

中井貴一さんは結構好きです。
お姉さんの貴恵さんも好きだな。
by: 一陽 * 2006/09/12 22:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆スキン いいね!◆

カラカラってのもよかったけれど。エクスブログは表紙が少ないから飽きちゃうね。
投稿のときMAILやURLを入力しないでいいようにならないのですか?変なTBが来ちゃいますか?私のところは政治的な記事を書くとたくさんくるような気がします。
by: saheizi-inokori * 2006/09/12 23:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

nagayumeさん、おはよっ♪
>確かに、私もナカイキイチを見直しました。
ねっ♪上川隆也と同列にするほどいいのかどうかはともかくとして(*^_^*)、おぉ~!あの中井がぁ~!うまいぢゃん!なんて思いましたv-8

>さあ、どうなんでしょうね(^^ゞ
nagayumeさん、いぢわるだ(^_^;)

スカね。
うん、分かるよ♪
私もおや?と思ったけど、
私は、原作のほうが、そりゃないでしょ~v-355と思っていたので、別に不満じゃなかったな。
あれがあるのとないのとでは、随分印象が変わってくるとは思うんだけどね(^_-)-☆
by: そら * 2006/09/13 10:39 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、おはよっ♪

壁紙、よいかしらん?
ありがと~\(^o^)/
さすがにこの長雨で、水の中って気分じゃなくなった(*^_^*)

中井貴恵って最近見ないね~。
どこかでマダムしてるのかなぁ?
by: そら * 2006/09/13 10:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梟さん、おはよっ♪
>投稿のときMAILやURLを入力しないでいいようにならないのですか?
大丈夫だよ。
私も、めんどいから入力してないv-356
ここはね、あんまりヘンなのは来ないんだ。
ひっそりと生息してるからo(^▽^)o

>政治的な記事を書くとたくさんくるような気がします。
そっか~。中には真面目にTBつけてる人もいるだろうからねぇ。一括して全部TB消すわけにもいかないし、迷惑な話だ。
梟さん、めげないでねっe-266
by: そら * 2006/09/13 10:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

私は本を読んでわりとすぐに映画(DVD)も見たんですが、本読んでない人にはあの映画は理解できない、と思いました。

真田さんの仙石さん、よかったけど、原作からの私のイメージはもっとごつい感じのおじさんです(笑)。

中井さんはまじめな人なのかな・・・と思っていたら、トークとかの気さくな感じがよくて、前よりお気に入りになりました。ちなみに私、中井さんと生年月日が同じです(むだな情報すいません)。
by: こっこ * 2006/09/13 23:51 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こっこさん、おはよっ♪
>本読んでない人にはあの映画は理解できない、と思いました。
ちょっと情報不足でしたよね。
原作のすべてを盛り込むことは出来ないのかな~と思いつつも、もうちょっとうまく台詞で伝えるとか、何とかできなかったかな~というシーンが多かったかな、と思います。

仙石さんは…たしかにごつくてドスドス走るおじさんというイメージです。
真田広之、もっとイメージかけ離れてるかと思ってたのよ。結構なじんでなかった?o(^▽^)o

こっこさん、中井さんと同じ生年月日なの?
つい検索しちったよo(^▽^)o
もうすぐお誕生日じゃない♪
おめでと~v-315v-315v-315v-315v-315
by: そら * 2006/09/14 10:40 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、おはよっ♪

TBを送らせてもらったのですが、コメントが遅くなってゴメン!
自ブログで”原作を読んだ人は皆さんほぼ同様の感想みたい”と書いたのですが、そらさんの感想とは90%くらい同じです。

確かに分からないことだらけでした。原作を知っているので「うわーっ、映画ではこんな風にしちゃったのか・・・」などと別な意味で興味深かったとも言えます。

映画を観て原作を読む人が増えれば良いのですが。

>真田広之がモタモタと動いているのって、これって演技…だよね?

真田広之にしては身体つきもふっくらした感じがしたし(これは着ぐるみかもしれませんが)、見事な役作り・演技だったと思いますよ。
中井貴一も、かの国の人らしさがよく出てたなあ。

P.S.「幻夜」:いやー、面白い。だけど、恐ろしい。
   今ちょうど中間点です。






by: ひろ009 * 2006/11/03 08:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ひろさん、こんばんはっ♪
TB、コメント、どうもありがと~\(^o^)/
>TBを送らせてもらったのですが、コメントが遅くなってゴメン!
そんなの、全然気にしないでねっ☆
TBつけていただけたら、私のほうから押しかけるから(^_-)-☆

>「うわーっ、映画ではこんな風にしちゃったのか・・・」などと別な意味で興味深かったとも言えます。
それはありましたねぇ。うんうん。
こういうふうに脚色したらよかったかも…とか、いろいろ思いめぐらせました。

>真田広之にしては身体つきもふっくらした感じがしたし
やっぱり?そうだよね。ちょっと太っていたよね。
うんうん、きっと着ぐるみだよ♪
原作の、「ドタドタ」って感じがよく出てるな~と感心した反面、これが地だったらヤだな~なんて思います(*^_^*)

『幻夜』、もう読み終わった頃かな?
美冬、雪穂より恐いよね~v-40
雅也がかわいそうだぁ~!と思ったのでした。
by: そら * 2006/11/04 21:06 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/365-339640b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
亡国のイージス(映画)
亡国のイージス(byTV放送)★★★☆:70点(かなり甘めの採点) 先日の日曜洋画劇場で見ました。まあ楽しめたのですが、福井晴敏の原作を読んでいない人が果たして細部まで理解できたのか大いに疑問が残りま ひろの東本西走!?【2006/11/01 22:20】
亡国のイージス
亡国のイージス 『亡国のイージス』(ぼうこくのイージス)は講談社から発行されている、福井晴敏によって書かれた小説である。概要2000年に日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞をトリプル受賞。また、これを基にした映画が2005年公開 たかこのブログ【2007/05/28 09:43】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。