スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「メタボラ」288~298覚書
2006 / 09 / 28 ( Thu ) 23:14:59
294回目から、第9章「イエローランプ」が始まっています。
主人公は、引き続き香月雄太です。
第8章「デストロイ」3

父親が自殺した後、母は泊まり込んで荷物整理を始めます。

四十九日が過ぎた頃、母は、父が亡くなったときに一緒に来た長田と一緒に暮らしたいと雄太に打ち明けます。

僕は、「こんなこと」をまたも繰り返そうとする母に、嫌悪どころか、恐怖を感じたのだが、勿論黙っていた。

母は、雄太に、父の位牌とアルバムと、どっちを持っていくかと聞きます。
母が両方とも持っていくと思っていた雄太は気色ばみますが、
結局、雄太は渋々アルバムを「預かる」という形で受け取ります。

僕は…思い出そのものも抹消したかった。僕は、両親の子供ではない「香月雄太」に生まれ変わりたかった。…心の中だけでも、僕自身の過去を永遠に否定し続けよう、と思うしかないのだった。

父の死によって、皆が丸く収まり、問題が解決すると思ったら、大間違いだ。逆に、僕の家族は煙のように消えてなくなってしまった。


元凶であるが故に中心で、皆を結び付ける存在。その父が死に、皆がばらばらになった今、僕だけが取り残されてしまった気がするのはなぜだろう。母も佐緒里もいとも簡単に、新しい世界に行ってしまった。だが、僕だけがまだ、香月雄太という存在に苦しんでいる。


母は爽やかな表情で岡崎に帰り、雄太はアパート暮らしを始めます。

夜、清掃のアルバイトに出かける毎日を続けるうちに、雄太の神経は逆立ってきます。

つまりは、気楽で孤独など気にならない生活をしていても、…負の感情は、ぶり返す風邪のようにしつこく僕を襲い、鬱ぎ込ませもしたのだった。


そんな雄太は、アルバムを開いて、お父さんとの生活を思い出します。
まだ優しかった頃のお父さん。
困っているとき、ちゃんと助けてくれるお父さん。

ああ、父に何ということをしたのだろう…もしかしたら、父を助けることだって、できたのかもしれないのだ。


大きな後悔と憎しみが、交互に噴出し、出口のないスパイラルとなり、雄太を苦しめます。

そして雄太は、酒やクスリを頼るようになります。酒を飲みながら、アルバムを開かずにはいられない雄太。

ふと、僕が忘れたいのは「こんなこと」なのではないかと思った。なぜ忘れたいかと言えば、僕が「こんなこと」とは無縁の生活をしていたからだった。…確かな人間関係を持たない限り、僕は父のように破滅するかもしれない。


雄太は怯えます。

僕は父と同じ道を歩んでいた。誰よりも孤独で、苦しみや寂しさを忘れるために酔い、ある人物を攻撃するのをやめなかった。

そんな雄太は、アルバイトもクビになります。
家にこもって酒浸りになる日々。家賃が払えなくなったら首を吊ればいい…と考えたところで、
それも父と同じ道なのだった。
と気づき、アルバムを母に送りつけます。

アルバムがなくなった途端、悪い夢から覚めた気がした。…佐緒里のように前向きに自分の人生を生きるのだ。

雄太は、住み込みで働く場所を探します。

もう1度大学へ行く、そして、なりたい職業に就いて幸せに生きるんだ、と思った。

自分が立ち直ったことを感じ、感動さえ覚えていた雄太。
けれども、

僕の敗残の物語はまだまだ続くのだ。もう1度言おう。聞きたくない人は耳を塞いでいてくれ、と。

                       ~第8章終了~

第9章「イエローランプ」

雄太は、バスに乗っています。
僕らは、派遣会社に集められた集団で、新潟県柏崎市にある、携帯電話やデジカメを作る精密機器の工場に向かっているところだった。

バスは柏崎市内に入る手前で、コンビニに停車します。
食事は各自で用意することになっているので、それぞれ弁当を買うためでした。

寮は2人一組で2Kのアパートに隅、テレビや布団などは貸与されるのだそうだ。給料は二十二万という話だったので、そのうち十万近くを貯金し、一年後には再度入試を浮けと、大学に入り直そうと思っていた。
しかし、僕はその年の夏で、早くも二十四歳になろうとしている。常に、自分は何をしているのだろう、という焦りがあった。


コンビニで、バスの中で言葉を交わした女の子、キクチにアドバイスされながら、おにぎりを買った雄太。

バスの中で、アパートの部屋割りが渡されます。面接では2人部屋という話だったのに、4人部屋になっていました。

柏崎駅前のあまりの寂しさに絶句する雄太。

アパート群の前でバスはとまり、雄太たちはおろされます。
雄太の部屋のリーダーは原口という30代の男でした。
リーダーといっても、無口で何もしようとせず、ただ単に年上だからということで、リーダーに指名されたようです。
あとの2人は、まだ十代。寺田と浅川の二人は友達同士のようです。

雄太は風呂を沸かします。
台所には調理器具もなく、電熱器具しかありません。

~ここまで~

雄太の口ぶりから、ここでの生活も楽しいものではなかったことが容易に想像できますが、何だかこの先も大変そうです。
スポンサーサイト
メタボラ覚書 TB:0 CM:21 admin page top↑
<<「龍の契り」まだ途中 服部真澄 * HOME * 「ヒートアイランド」垣根涼介>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

お疲れ様です。今回もまとめるの大変だったでしょう。重いし。

>何だかこの先も大変そうです
そんな感じっすね。でも、彼の独白もそろそろ飽きてきたというのは、読者の勝手な意見でしょうか。

第8章が長すぎましたかね。
by: nagayume * 2006/09/29 13:39 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

nagayumeさん、こんにちはっ♪
>でも、彼の独白もそろそろ飽きてきたというのは、読者の勝手な意見でしょうか。
そうそう!そうなのよぉ~\(^o^)/
実は私も、まだ続くのかぁ…(ΘoΘ;という感じですv-8
by: そら * 2006/09/29 15:02 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

おはようござます(*´▽`*)ノ”

雄太くんの身の上結構長いんですね。
でもw
姫、結構楽しく読んでますー(みんなと違いますね)
なんか今時の人の話を間近で見てるようで興味あります
まさしく負のスパイラルを根っからやってる雄太くん
ああ、精神的に病む人というのはこんな風にして落ちていくんだなぁ・・って思いました
抜け出すために一個踏み外す。
そして落ちる、気づく、上るために踏み外す。
そのうち嫌気がさして自殺願望を抱くのでしょう。
「何やったっていいことない」って悲観的になるのでしょう。
運が悪いなぁ・・・とも思いますが、妹が立ち直れてるとこみると運だけでもなさそうですよね
あの時点で雄太くんは間違いなく呪縛から解かれたはずですから。

沖縄の話も見たいですけど、まずは雄太くんの暗闇を全部みたいです(←怖いものみたさ?)


はぁあ~秋になりましたねー♪
まったく涼しいとおりこして寒かったりしますが!!
外を歩くと本当に過ごしやすくなったもんだ♪と感心しまーす
今日はあいにく雨なんですけど、秋は大好きなんであまり憂鬱でもありませんヽ( ´ー`)ノフッ
昨日ベロアの服を引っ張り出して着たのですが
やっぱり秋の装いっていいですよね~(*/∇\*)

これから読書が進みますねぇ、そらさん(* ̄m ̄)プッ
by: 姫 * 2006/10/01 09:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

姫ちゃん、おはよっ♪
>姫、結構楽しく読んでますー
おっ♪それは桐野さんもお喜びでしょうo(^▽^)o

最後には自殺したくなるほど絶望するって分かってるからねぇ…(ΘoΘ;
この就職も、同室の人たちとトラブって孤独感を味わうとか、
お金絡みで、だまされるとか、給料未払とか、思ったよりもらえない…とか。
なんか、「見えてる」感じが、私はイヤなのだわ(>_<)

まぁ、「聞きたくない人は耳を塞いでいてくれ」とまで言われているのに読み続けている私も、私なんだけどね(^^;)

秋。
読書の秋というより、食欲の秋♪の私v-221
夏バテもしてなかったくせに、ど~して食欲が増したりするのでしょう?(*^_^*)


by: そら * 2006/10/02 10:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

>この就職も、同室の人たちとトラブって
>孤独感を味わうとか、
>お金絡みで、だまされるとか、
>給料未払とか、思ったよりもらえない…とか。
>なんか、「見えてる」感じが、私はイヤなのだわ
>(>_<)

同感。
by: nagayume * 2006/10/02 12:59 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは(*´▽`*)ノ”


うんうん、きっとココの人間関係もドロドロですよ~( ̄∀ ̄*)イヒッ
それを承知で楽しんで読んでる姫が一番腹黒でしょうか。。。。*o_ _)oバタッ

そーしてこうも負のスパイラルなのかしらねぇ。。
必ず損するようにできてるんだわ・・・・。
そして最終的に自殺ですもんねぇ・・・
(ノ_-;)ハア…


秋は誰でも食欲モリモリですよ~~~~~
姫は栗を食べたんですけど、ホクホクして美味しかった~~~!
by: 姫 * 2006/10/02 17:31 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

nagayumeさん、あはは♪
やっぱり?(^_^;)

by: そら * 2006/10/02 21:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

姫ちゃん、こんばんはっ♪
>それを承知で楽しんで読んでる姫が一番腹黒でしょうか。。。。*o_ _)oバタッ
腹黒かぁ。。。鰯みたいだ(*^_^*)
鰯は背黒か?

栗、ホクホクしてたなんて、すごくいい栗だ♪
栗、むいて、牛乳と砂糖とバターで煮て、フードプロセッサーにかけると、マロンクリームができるのね。
これ、案外うちでは好評♪
by: そら * 2006/10/02 21:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

おはようございます。

>でも、彼の独白もそろそろ飽きてきたというのは、読者の勝手な意見でしょうか。
愚老も同感、賛成です。その上に暗い渦に巻き込まれて集団自殺へと吸い込まれて行く、その暗い過程に付き合いきれない気分です。しかし作者桐野氏は用意周到と言うべきか、最後は集団自殺の穴から脱出して昭光に出会う、という場面を用意しているのである程度安心して読めます。

>それを承知で楽しんで読んでる姫が一番腹黒でしょうか。。。。*o_ _)oバタッ
姫さんの若さの証拠です。若さの故に偽善的同情に組せず偽悪的に自己の独自性を表明する、若い時に出来る特権です!愚老など老人は妥協に妥協を重ねて偽善の仮面をかぶって生き延びて来ました。
一方で姫さんはうつ病の夫婦の話し相手になってあげたり、アダルトチルドレンの後輩の告白を聞いてあげてご自宅の家族揃っての夕食に招いたり、現代の心のナイチンゲールNPOです、慈愛の娘さんです。




by: たなか・さとひろ * 2006/10/03 08:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

おはようです(*´▽`*)ノ”


マロンクリームのレシピ。
_〆ヾ( ̄(エ) ̄ メモメモ・・・しておきます!
おいしそう~~~~~~( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう


>たなかさとひろさん

ヽ(-0-ヽ)Ξ(/-0-)/ えー
姫・・・・心のナイチンゲールでいいのでしょうか?!
そんな大役を務めた経験ないので恥ずかしい~(*/∇\*)キャ

怖いものみたさ・・・・ってあるんですよ・・・・。
どこまで人間って落ちていけるんだろう。。。とか。
ただこれが小説だからかなり客観的に楽しめています。
自分の周囲の人間なら客観的に腹黒くなれないですもんねぇ・・・(ノ_-;)ハア…

姫の周りに不思議とメンヘラさんが集まります。
私の能天気さって底抜けなのかなぁ・・・・・
メンヘラさんってそういうの苦手って思うんだけど。。


「慈愛の娘さんです」

いえいえ!!!姫、年増なんで!若くないんです!
娘さんなんて久しぶりに言われた・・・(T▽T)嬉


あ・姫は鰯だったのか!!(☆Д☆)キラリーン♪
あとで鏡で確認しておきます!背中黒くないか!( ̄▽ ̄)ゞ
by: 姫 * 2006/10/03 10:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆いよいよ◆

桐野夏生ワールドに深く入ってきましたね。
先日「グロテスク」を読みました。
たまたまですけど、先月「東電OL殺人事件」を読んだばかりだったので話が良くわかり、引き込まれていっきに読んでしまいました。
新聞の「メタボラ」はかたつむりのごとく話が進み、ま~じれったいことv-41
でも、雄太が自殺したくなるような負の環境、空気がジワジワッと、来るぞ~って感じv-12
楽しみですね。
今「天使に見捨てられた夜」読んでます。
新聞のおかげでまたイッキ読みかな?

by: くん * 2006/10/03 12:48 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たなか・さとひろさん、こんにちはっ♪
>その暗い過程に付き合いきれない気分です
だんだん、そんな気分になってきますね~(-_-)
でも、ま、もうしばらくつき合いましょうかv-218
よろしかったらご一緒に♪
by: そら * 2006/10/03 16:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

心のナイチンゲールの姫ちゃん、こんにちはっo(^▽^)o

今朝ね、マロンクリームを食べて出かけた娘が、途中で気持ち悪くなって帰ってきたv-12
マロンクリームが悪かったのかどうなのか、よ~分からんのだけど、とっても弱気になってるそらですe-263
作らない方がいいかも。。。。
by: そら * 2006/10/03 16:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

くんさん、こんにちはっ♪
これが桐野ワールドだ!と言われれば、そうかもしれないねぇ。。(-_-)
『グロテスク』読まれたのね。
桐野さんは決して野次馬根性で書かれたわけではないと重々分かってはいるんだけれど、実際に起きた事件をモデルにあそこまで…何というか、いびつに描かれてしまうと、傷ついた人もたくさんいたんじゃないかな~と、私はそこが気になりました。
本って半永久的に残るしね。

『天使に見捨てられた夜』って、噂の(?)ミロシリーズだね!
私も読みたいとちょっと思ってる作品です♪
おもしろかったら教えてね(*^_^*)
by: そら * 2006/10/03 16:19 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆管理人のみ閲覧できます◆

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2006/10/03 18:40 * [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たなかさとひろさま
>後は集団自殺の穴から脱出して昭光に出会う、という場面を用意しているのである程度安心して読めます。

それは、スターウォーズエピソード3に対して、
「暗そうだけど、そのあと4,5,6と続いて、
改心するところが分かっているから見れるかな?」
という感覚でしょうか?

 ちなみに、私は「暗そうな終わり方をしそうだな」と思って、未だに見ていません(^^ゞ
by: nagayume * 2006/10/03 20:02 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

nagayumeさん、おはようございます。

>それは、スターウォーズエピソード3に対して、
「暗そうだけど、そのあと4,5,6と続いて、
改心するところが分かっているから見れるかな?」
という感覚でしょうか?

愚老はスターウオーズを全く見ていません。
学生時代には小説と映画に親しんでいましたが、就職してからは全く、と言ってよいほど読んでいません、見ていません。在職中は仕事に直接関係のある本は読んでいたのですが、関係のない小説その他の本は読まなかった、と言うより頭の構造が変化して小説を読むという知的作業に向かなくなった、という状態でした。

> ちなみに、私は「暗そうな終わり方をしそうだな」と思って、未だに見ていません。

愚老も同感です。たとえフィクションであっても、暗い悲劇的結末の物語を読むのは、苦痛です。再読したくありません。
しかし一方では、人間と社会の闇黒面を描写することは文学の使命なのでしょう。それを読むことも人間にとって必要なことなのでしょう。老来、ますます気の弱くなった愚老には難事ですが。
by: たなか・さとひろ * 2006/10/04 06:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさんおはよー(*´▽`*)ノ”

違うと思うー!
食あたりになる原料がないもの!
きっと季節の変わり目で胃腸が弱ってただけじゃないかな?
・・・でも可哀相・・・( ┰_┰) シクシク

グロテスクってのが、あの東電OLのヤツですか。
興味あったんで読みます
当時滅茶苦茶TVに張り付いてみたものですよ。
凄い謎だらけだったんで。
さっそくアマゾンで探してこよ~っと。
秋の夜長のお供第一発目はこれで(* ̄m ̄)プッ

あ・お風呂あがりに背中見たけど黒くなかった!w
鰯じゃなかったです、秋刀魚くらいなぁ・・・(o_ _)ノ彡☆バンバン
by: 心のナイチンゲール姫 * 2006/10/04 08:19 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

名無しのごんべさん、こんばんはっ♪
教えてくださってありがと♪
もしよかったら、URLも教えてください。
私もぜひお邪魔したいです(*^_^*)
by: そら * 2006/10/04 19:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

nagayumeさん、さとひろさん、こんばんはっ♪

私もスターウォーズ、観てないなあ(^^;)
ああいうシリーズ物は、1作目、2作目あたりを見逃すと、もう観られなくなりますねぇ~v-355

>それを読むことも人間にとって必要なことなのでしょう。老来、ますます気の弱くなった愚老には難事ですが。

ま、所詮読書ですからね♪読みたいものを読めばそれでヨシ!だと思います。
ただ、楽しい気分にはならないけれど関心はある…という分野があることもまた事実で(^^;)
私にとって、『メタボラ』は、その範疇に入るようです。(*^_^*)
by: そら * 2006/10/04 19:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ナイチンゲール姫ちゃん、こんばんはっ♪(だんだん短くなっていく。けど結構気に入っているv-8

>きっと季節の変わり目で胃腸が弱ってただけじゃないかな?

うっ、ありがと~、姫ちゃん(*^_^*)
季節の変わり目って、風邪を引きやすいだけではなく、胃腸も弱るものなのね。。。(私って、胃腸が強いのかも。自覚してなかったけど^^;)

東電OL。。。。
私は、あまりにもマスコミがおもしろおかしく報道していたので、とっても耳を塞ぎたかったです。
なので、『グロテスク』も、ノンフィクションのほうも、全然読む気にならなかったんだけど、何で読もうと思ったのかなあ。。。もう忘れてしまったよv-8

おっ!そうかそうか、鰯じゃなかったかぁo(^▽^)o
秋刀魚ね。
ピカピカしてとってもまぶしいわv-352v-352v-352
by: そら * 2006/10/04 20:12 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/374-9a4c4577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。