スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「エンド・ゲーム」恩田陸
2006 / 10 / 16 ( Mon ) 07:42:08
光の帝国』、『蒲公英草紙』に続く常野物語第3弾です。

深い。

★★★★☆

『光の帝国』に収録されていた『オセロ・ゲーム』の続編。
実は私、毎度のことながら、『オセロ・ゲーム』のあらすじを忘れてました。
なので『エンド・ゲーム』を読んでる途中で、あわてて読み返してみました。
…薄い印象。うん、ま、忘れるだろうな。
『オセロ・ゲーム』は、恩田さん特有の予告編みたいな作品でした。

で、『エンド・ゲーム』

拝島瑛子・時子母子は父親の失踪後、「あれ」を「裏返す」闘いを繰り返していた。
恐怖と緊張の毎日。
そんな中、瑛子が意識を失った。
途方に暮れる時子。
もしものときに連絡するようにと、いつも冷蔵庫に貼ってあった電話番号に電話する。
電話はコトノ薬局につながった。
コトノ薬局から紹介されたのは「洗濯屋」火浦。
そして時子は…。



【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記
まろ茶らいふる
ぐわんぐわんと時は記憶をさかのぼり、風景は姿を変えます。
時子は何度も夢の中のようだと思いますが、
ここはまさしく作者の夢の世界。しかも悪夢。
あいまいとしていながらも眼前に迫ってくる描写。
迫力があり、また自分も夢の世界に彷徨い込んでしまったかのような錯覚にとらわれます。

きっかけは恐怖。
恐怖は人の心が映し出した幻影。
クスリによる幻覚ってこんな感じなのかもしれないと思います。
現実世界ではないけれど、自分は確かに知覚している世界。
恐怖は恐怖を増幅させ、自身を壊してしまいかねない。
何だかとても息苦しくなってきます。
クスリによる幻覚でなくても。
いわゆるパニックというものはこういうものなのかもしれない。
どんどん苦しくなってきます。

アイデンティティーは人の紡ぎ出す物語。
人はそれぞれ自分の物語を持つことで、そのアイデンティティーを保つ。
…ああ、そうかもしれないと思います。
悲劇のヒロインにはこれでもかというぐらいに悲劇が舞い込み、
心配性のおばあちゃんは心配事の種が尽きず、
戦う戦士は戦う相手をなぜかいつも見つけ出し、
頼られる人はいつも頼られ、
わがままな人は死ぬまでわがままで。

自分の物語に必要な要素を、それぞれがチョイスしている。
そんなことを、私も感じたことがありました。
「終わり」にしたら、自分の存在意義すら見失ってしまう。
もう悲劇なんて起きないのに、心配事なんてないのに、戦う相手なんていないのに、なかなかそれを「終わり」にはできないんだよね。

私、正直なところ、ラストがよく分かりませんでした。
洗って、叩いて、白くしたのではなく、
自ら終わりを受け容れて、
そして新しい物語を作り出そうとしたのだろうか。
そんなふうにも思ったけれど、何だかしっくりなじみません。

自分の運命、自分の記憶をなかったことにすることはできない。
なかったことにしたらどんなに楽だろうと思っても、
体のどこかで覚えている。
それは、自らの意思で決着をつけるしかないんだね。
もう終わったと思うことから始めないといけないんだね。
そんなお話だったのかな。

新しいゲームプレーヤーという言葉が、とても禍々しくて。
まだゲームを続ける気なのかと呆れたりもして。
…やっぱりラスト10ページがよく分からない。

洗濯屋の火浦。
登場人物の中で一番気になる存在でした。
「恐怖は生存の欲求に過ぎない。もはや俺には恐怖などという贅沢なものは感じられない。」
…火浦。。。。
「彼女とこうしているようになって、改めて自分は孤独だったのだと月並みながら気付かされた」
今が孤独だと感じるだけの、孤独じゃない状態を知らなかった火浦。
時子と心通い合わせることができても、それを共存状態だとか、吊り橋効果だとか、何やら解釈せずにはいられない火浦。
火浦の笑ったところを見てみたいなぁ。
スポンサーサイト
恩田陸 TB:1 CM:4 admin page top↑
<<「蒲公英草紙」恩田陸 * HOME * 映画「連理の枝」>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんわ^^
確かにわからないところもなくはなかったですが^^;
私は楽しみました~
火浦がカッコいいです。こういう人、いいです~^^
2人には幸せになってほしかったですから、最後はまあいいかなと^^
ただ、お父さんは強いって言うイメージだったので、強さがわからなかったのが残念です。
by: 苗坊 * 2006/10/16 20:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、おはよっ♪
>確かにわからないところもなくはなかったですが^^;
私は楽しみました~
ラストね~(-_-)
恩田さんの作品にありがちな、と~っても分かんないラストでしたねぇ。
分かんなかったのは私だけじゃなかったのね(*^_^*)

火浦、やっぱり気になった?o(^▽^)o
主役を完全に食っていた脇役でしたよねv-218
by: そら * 2006/10/17 09:27 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは。
今度はTBできたかな~?(^^;
fc2同士だとうまくいかなかったりするのかなあ。
ところでお時間あいたときでいいので、
私のアドレス変更していただけるとうれしいです♪
恩田さんの本お奨めあったら教えてくださいね(^^)/
by: ゆうちゃん♪ * 2006/11/13 17:49 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ゆうちゃん♪おはよっ☆
TB、迷子になっちゃったみたいだねぇ(-_-)
せっかくなのに、ごめんね。

アドレス、了解です。
随分前にお知らせいただいてたのに、ごめんね。
by: そら * 2006/11/14 11:32 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/383-eab86c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
エンド・ゲーム 常野物語 恩田陸
エンド・ゲーム―常野物語オススメ!拝島時子がゼミの旅行から帰ってきたとき、電話がかかった。母の瑛子が、旅行先で倒れたという。時子はすぐに母の元、岐阜へと向かった。母の症状は、ただ、眠っているだけ。あとは何の異常もないという。まさか、母は遂に.... 苗坊の読書日記【2006/10/16 20:43】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。