スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「水晶の夜、翡翠の朝」恩田陸
2006 / 11 / 10 ( Fri ) 14:02:18
アンソロジー『青に捧げる悪夢』に収録されている短編です。
麦の海に沈む果実』に登場するヨハンのお話。

★★★☆☆

湿原の真ん中に建つ全寮制の学校から理瀬が去って初めての夏です。
ヨハンを初め、生徒たちは、平和な毎日に退屈していました。
この三月に転校してきて、新しいファミリーの一員となったジェイが、
近頃「笑いカワセミ」ゲームが流行っていると言い出します。
発端となったのは蓋然性の犯行。
そして2度目の事件。
ヨハンはその共通性に気がつきます。



ヨハンって、まだ15歳なのね。
末恐ろしい。。。
具体的な背景は分からないけれど、
ヨハンは何かしら家を巡るパワーゲームに巻き込まれています。
巻き込まれているというか、しっかり参加しているというポジションかな。

ヨハンが次に理瀬に会ったとき、きっと何かが起きるんだろうなぁ。
そんな予感を残して物語が終わります。
う~ん、やっぱり理瀬シリーズ第3弾が楽しみだ。

この作品自体も、私は好きです。
「笑いカワセミに話すなよ」の、あの能天気な童謡がすごく不気味な雰囲気を盛り上げていて、短編ながらも『麦の…』の世界に迷い込めます。
『麦の…』の登場人物が出てくるお話には、非日常の世界にどっぷり浸る幸せを期待するのですが、
この作品も十分応えてくれていると思います。

『青に…』には、作品の前に簡単な作者紹介が載っています。
これが、「きちんとほかの作品も読んでいるんだなぁ」と思わせる、とても絶妙な紹介で、結構気に入っています。
ちなみに恩田さんは、
さまざまな素材を独特の舞台設定の中で展開し…謎と奇想で異世界を呼び寄せる魔術師である
とあります。
こんな紹介文を読むと、何だかうれしくなってしまいます。

【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記
スポンサーサイト
恩田陸 TB:1 CM:6 admin page top↑
<<「階段」乙一 * HOME * 「聖なる黒夜」上・下 柴田よしき>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんわ^^
え、ヨハンって15歳なんですか!?
こんな生意・・・ごほごほ。
麦の海~シリーズはやっぱり良いですね。理瀬の話も良いですけど、ヨハンの作品もなかなか面白いです。
でも、麦の海~を読んでから大分経っていたので、忘れてることもありました。
う~ん・・・再読したい・・・。
by: 苗坊 * 2006/11/12 23:14 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、おはよっ♪
ヨハン、実は私、『麦の~』ではそんなに注目してなかったんだけど(^^;)、結構重要人物なんですね。
これからも何回か登場するんだろうな~。
楽しみ♪楽しみ♪
by: そら * 2006/11/13 08:26 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは。
私は「笑いカワセミに話すなよ」は知らないです^^;
最初、恩田さんが作ったものだと思ってたんです。
でも、母に聞いたら、なんとなく知ってるといっていたので、本当にあるんだと知りました。
聞いてみたいですね^^
by: 苗坊 * 2006/11/13 12:42 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、おはよっ♪
>私は「笑いカワセミに話すなよ」は知らないです^^;
あ~、やっぱり?(笑)
ヨハンも知らなかったようだから、若い人は知らないんだろうな~と思ったよv-356

>聞いてみたいですね^^
近くだったら私が歌ってあげるのに♪
「笑いカワセミには~なすなよぉ♪♪」v-8
by: そら * 2006/11/14 11:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは~

前から気になっていたこの本、地元の図書館をよ~く探したらあっさり見つかりました。。

アンソロジーの中で、他の作家さんが乙一さんしか知らなかったこともあるけれど、恩田さんが一番面白かったです。
トリックとしては大したモノはないのでしょうが、
ラストの緊張感がいやでも盛り上がってイイですよね。

私も『笑いカワセミ~』の歌、知らないです。
聞いてみたいなぁ。
by: nao * 2007/04/11 09:34 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんにちはっ♪
え~っ!そうか。naoさんも知らないのかぁ。
かわいい歌なんだけどなぁo(^▽^)o

私もあのアンソロジーの中では、やっぱり恩田さんの作品が好きだったかな。あと乙一もv-218


by: そら * 2007/04/11 10:35 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/397-5718b7b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
殺人鬼の放課後
殺人鬼の放課後―ミステリ・アンソロジー〈2〉「水晶の夜、翡翠の朝」恩田陸湿原の近くに聳え立つ、閉鎖された施設。ここは、優秀な人材が学ぶ学校。全寮制で、外へはなかなか出ることが出来ない。ワケありの生徒が多い。ヨハンもその一人。億万長者のマフィアを... 苗坊の読書日記【2006/11/12 23:12】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。