スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「さみしさの周波数」乙一
2006 / 11 / 24 ( Fri ) 10:22:59
『未来予報~あした、晴れればいい』、『手を握る泥棒の物語』、『フィルムの中の少女』、『失はれた物語』の4編収録。『手を握る…』と『失はれた物語』はほかの短編集で読んだことがありました。…ちょっと損した気分(^^;)

★★☆☆☆

『未来予報~あした、晴れればいい』

僕は、清水のことがずっと気になっている。
なぜなら、未来予報のできる古寺が、「おまえたち二人、どちらかが死ななければ、いつか結婚する」と言ったから。
小学生の頃の話など、気にしなければいいと思うのに、なぜか気になる僕。けれどもそれぞれの人生は交錯することなく続いていく。そして二十歳。



僕たちの間には言葉で表現できる「関係」は存在しなかった。ただ透明な川が二人の間を隔てて流れているように、あるような、ないような距離を保っていた。


淡い初恋を大切に胸に秘めている二人の物語を、乙一が書いたらこうなりました、みたいなお話です。
スーッと胸になじみ、どこか懐かしささえ感じます。

『手を握る泥棒の物語』

温泉宿に投宿している伯母のバッグから宝石を盗むため、壁に穴をあけた俺。
穴に手を突っ込んで、握ったのは、なんと女の人の手だった。



なかなかスリリング。
まぁ、再読だったから、ドキドキ感はあまりなかったけど。
おもしろい設定だと思います。

『フィルムの中の少女』
映画研究会所属の私は、部室の隅で古い8ミリフィルムを見つける。
そこに写っていた少女の後ろ姿は、見るたびに少しずつこちらを振り向く。

作家の「先生」に私が話して聞かせるスタイルです。
先生がフィルムに写っている少女とどんな関係があるのか…。ふ~ん。。。何かちょっと肩すかしでした。
幾ら何でも、「私」の推理はちょっと無理があるような気がします。

『失はれた物語』
これ、以前に読んだときには、『失はれる物語』というタイトルでした。
タイトル変更に関して、そのとき乙一があと書きで何か言ってたような気がしますが、忘れました('◇')ゞ
ちょっとしたこだわりがあったようです。

交通事故で植物状態となってしまった主人公。
右腕のひじから先以外の感覚が失われた主人公は、
暗闇と無音の世界の中、唯一残った皮膚感覚でのみ、妻の存在を感じる。



主人公の生きている世界、恐いです。
考えることだけしか残されていない。何も聞こえない、何も見えない、何も動かせない。恐怖を感じます。
残酷だ、と思います。
いっそのこと狂った方がましだという主人公の独白に、
リアリティーを感じます。
そんな中での主人公の選択は、そうかぁ。。。という感じ。
すごく分かるけど、悲しいね。
優しいけど、さみしいね。

主人公の諦念が、透明感をもって伝わってきます。
スポンサーサイト
乙一 TB:1 CM:0 admin page top↑
<<「メリーゴーランド」荻原浩 * HOME * 「夏の日のぶたぶた」矢崎存美>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/405-747e8626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
さみしさの周波数 乙一
「おまえらいつか結婚するぜ」小学生の時、不思議な予知能力を持つクラスメイトにそんな予言をされた僕と清水。それきり僕たち2人はなんとなく気まずくなってしまい、ろくに言葉を交わすこともなく別々の高校へ。やりたいこともなく、高校を出てからもフリーターとして空... クロルデンのおすすめ小説【2009/07/21 08:57】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。