スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「メリーゴーランド」荻原浩
2006 / 11 / 27 ( Mon ) 12:09:48
おもしろかった!
痛快なストーリー展開、個性的な脇役陣、ほろ苦い現実なんかを織り交ぜて、暖かい読後感が残ります。

★★★★☆

こ、この俺が、超赤字テーマパークを立て直す?!――地方都市の村興しに翻弄される公務員の、可笑しくてやがて哀しき奮闘を描く「宮仕え小説」の傑作!(Amazonより)



「宮仕え小説」…う~ん。まぁ、主人公が地方公務員であることや、公務員ならではのお仕事作法など、随所に「宮仕え」らしさが溢れてはいるのですが、基本、子供に誇れる仕事をしようと頑張るお父さんのお話です。そういう意味で、この作品、「お父さん奮闘記」という感じかな。
随所にはさまれている、啓一の、息子哲平の妄想作文(?)が、啓一の頑張る源なんだよね。
その、気概の小ささというか、大志を抱いていないところが、「サラリーマン」のイメージをそのまま絵にかいたような人物です。
なのに、そんな人が不可思議なお役所仕事を飛び出して、あくの強い人たちを束ねて頑張るお話だもの。
読んでいる私も、啓一、頑張れと応援したくなってきます。

いくらなんでもそこまで、と、普通なら鼻白む物語展開も、
テンポのよさに引きずられて、逆に爽快。いいじゃない、こんなことがあったってと思ってしまう。

けれども、この作品のよいところは、そこで終わらないところです。
硬直した組織の上意下達のシステムが、最後までがっちり描かれています。
こんな中で働いていれば、やる気だってなくなるだろうな~なんて。
ちょっと社会派目線にもなります。
でも、あくまでもちょっとだけ。

小難しいこともいろいろあるけど、
ここにある幸せが一番なんだと感じているであろう啓一が、とても清々しかったのでした。

それにしても。
お役所仕事ってホントにこんな感じなのかな。
以前、公共施設に入れる監視装置のプログラムを作るお仕事をしていたことがありました。
地名は旧字体でなくてはならないだの、
グラフの枠は二重線が決まりだの、
上長確認印欄をもう1つ分増やせだの、
装置自体の使い勝手をさておいて、何だかど~でもいいことで、何度もやり直しさせられたことなんかをちょっと思い出したのでした(^^;)

【こちらの記事も♪】
読書感想文とブツブツバナシ
たこの感想文
higeruの大活字読書録
AOCHAN-Blog
31ct.読書部屋
映画な日々。読書な日々。
itchy1976の日記
ご本といえばblog



スポンサーサイト
荻原浩 TB:7 CM:8 admin page top↑
<<祝1か月♪ * HOME * 「さみしさの周波数」乙一>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

どうもー

ウチの会社は、お役所仕事ばかりなので、
なんというか、どうしようもないぐだぐだ感とか(笑)
共感できた気します。

イイ家族の話でしたよね~
by: じゅん * 2006/11/28 20:04 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうも~♪
>ウチの会社は、お役所仕事ばかりなので
あ~、そういえばそうですねぇ。
日々のご苦労がしのばれます、ハイ。(笑)
ぐだぐだ感!…あはは♪ピッタリだ\(^o^)/

>イイ家族の話でしたよね~
うんうん、いい家族の話でした♪
by: そら * 2006/11/29 13:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆TB飛ばないので直書きにきました◆

 TB先のURLが無いとアクセプトしないのかしらん?
 それにしても「お役所仕事」の一言で通じてしまうってのは,ある意味すごいですね。これの同義語とか反対語って…無いよね。本と直接関係無いコメントで失礼。(^^;
by: higeru * 2007/01/16 00:13 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

higeruさん、こんにちはっ♪
TBありがと~ございました\(^o^)/
なんかね、ときどき迷子になっちゃうのよね~。
>TB先のURLが無いとアクセプトしないのかしらん?
はて?ごめんなさい、何言われてるか、ぜ~んぜん分からないよぉ(^_^;)

「お役所仕事」の反対語ねぇ。。。「サービス」とか「臨機応変」とか????v-8
by: そら * 2007/01/16 13:18 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんわ~TBどうもありがとうございました^^*
お役所に勤める友人はきっかり五時に帰れるそうでとても羨ましいです。
さすがに文字を書いてお茶を啜ってるだけじゃないと思いますが(笑)
何だかこのお話GWイベントのところが凄く面白かったので、
その後の選挙が逆に色褪せて見えてしまいました;
現実こんなもんだ、と言われたようなきもしますけどね。
そう言えば実家の方の町長も今度五期目とかですよ。もう爺さんです(笑)
by: るい * 2007/06/22 22:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

るいさん、こんにちはっ♪

>何だかこのお話GWイベントのところが凄く面白かったので、
すごく盛り上がりましたよね~。
啓一も頑張ってたし♪

5期目の町長さんですか。それはそれは(笑)
私の住んでいる市は、市長さんこそコロコロ変わるけど、
市議会議員さんたちの顔ぶれは、あんまり変わりません。
「○○さんちのおじいちゃん」たちが、いつも元気よく頑張ってます(^_^;)
by: そら * 2007/06/23 15:23 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆こんばんは◆

「お父さん奮闘記」とは上手い表現ですね。
役所の人たちの働きぶりや考えは正直腹が立ちましたが、テンポよく進んでなかなか面白かったですね。そしてなかなか現状を変えられない公務員の悲しさも上手く描かれていたように思います。
by: masako * 2008/06/01 23:26 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

masakoさん,こんばんはっ♪

コメント,遅くなってごめんね~(>_<)

>役所の人たちの働きぶりや考えは正直腹が立ちましたが、テンポよく進んでなかなか面白かったですね。そしてなかなか現状を変えられない公務員の悲しさも上手く描かれていたように思います。

うんうん!この2行に尽きると思う\(^o^)/
こういうお話,好きだわ~と思うのでした(*^_^*)
by: そら * 2008/06/04 00:38 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/406-bdd462bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「メリーゴーランド」荻原浩
「メリーゴーランド」荻原浩とある地方都市で公務員の主人公は、村が出資している全く流行っていないテーマパークの再建を担う対策室に出向することになる。お気楽公務員をやってたはずが次第に再建のため動き出して。。。「企画」モノ・ガンバル父親。... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2006/11/28 19:56】
(書評)メリーゴーランド
著者:荻原浩 メリーゴーランド価格:¥ 1,785(税込)発売日:2004-07 たこの感想文【2006/11/29 02:29】
「メリーゴーランド」荻原浩
タイトル:メリーゴーランド著者  :荻原浩出版社 :新潮社読書期間:2007/01/19 - 2007/01/22お勧め度:★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]この俺が、超赤字テーマパークを立て直す?!たとえ何にもしなくても、毎朝デスクにたどり着きさえすれば満点なのが、正しい AOCHAN-Blog【2007/02/11 00:05】
「メリーゴーランド」 荻原浩
メリーゴーランド 著者:荻原 浩販売元:新潮社Amazon.co.jpで詳細を確認する 久しぶりに荻原さんでした。半年ぶり……?随分読んでませんでした;読み始めて再認識しましたが、やっぱり荻原さんの 31ct.読書部屋【2007/06/22 21:55】
荻原浩 『メリーゴーランド』
メリーゴーランド (新潮文庫)/荻原 浩 ¥620 Amazon.co.jp 過労死続出の職場を辞め、Uターンしたのが9年前。啓一は田園都市の市役所勤務。愛する妻に子供たち、あぁ毎日は平穏無事。……って、再建ですか、この俺が? あの超赤字テーマパークをどうやって?! ... 映画な日々。読書な日々。【2008/06/01 23:21】
荻原浩『メリーゴーランド』
メリーゴーランド新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、荻原浩『メリーゴーランド』を紹介します。第3セクターのテーマパークを立て直すために、地方公務員の主人公が奮闘する話である。その姿は、見るのが痛々しい感じがする。この主人公は、強く言えない人だから、 itchy1976の日記【2009/02/15 10:21】
荻原浩「メリーゴーランド」
荻原浩著 「メリーゴーランド」を読む。 このフレーズにシビれた。  ケイちゃんはなかなかいいヤツだと思うよ。だけどね……」次のせりふまで路子の表現を借りると点々六つ分ぐらいの間があった。「ちょっとガツンっていう感じの迫力が足んない」 [巷の評判] Sizenote -... ご本といえばblog【2010/04/17 08:22】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。