スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「メタボラ」あれこれ
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 21:01:56
先日、1年以上続いた新聞小説「メタボラ」が、378回の連載を終えました。
新聞小説を読み続けることができたのは初めてのことでした。
このブログに覚書を書くことなく、1人で読み続けていたとしたら、きっともっと前に挫折していたでしょう。
覚書にコメントをくださった皆さんと、思ってもいなかったほどたくさんお話ができたおかげです。
だれもその先を知らないという同じ条件で、同じところを読んだ感想をお話しするという機会そのものも、なかなかないことだったんですよね。
そんな中で、深く浅く楽しく重く、いろんなお話ができたこと、またいろんなお話を聞けたこと、何だかとても貴重な体験をさせていただいた思いです。
姫ちゃん。たなか・さとひろさん。nagayumeさん。ゆきうさぎのくーさん。ゆーさん。junさん。ぷるめりあさん。あげはさん。ぽおさん。sumisumiさん。みんみんさん。まりもさん。り→らんさん。パステルさん。ゆるり徒思太郎さん。ほかにも、遊びに来てくださったたくさんの方々。本当にどうもありがとうございました。

           

「メタボラ」が始まるとき、新聞小説は何で読まなくなるのかという話で盛り上がったことがありました。
少しずつ細切れで読むより一気に読みたい。
読むのを忘れてしまう。
中だるみ、ではないけれども、やはり山場でないときは、つまらない回というものも出てきてしまい、読む気が失せてしまう。
まぁ、いろいろありますね。
やっぱり1人で読み続けていくのには、テーマに対して相当な興味がある、とか、作者さんの大ファンである、とか、毎日読むの習慣づけできている、とか、あるいは次回が楽しみで仕方ない内容であるとか、何かプラスαが必要なんだろうなぁと思います。
昔、新聞小説が即ベストセラー小説になっていた頃は、多くの人が新聞小説を読んでいて、共通の話題となり得ていた側面も大きいんだろうなぁなんて思います。
今、新聞小説を書くのは、ある意味孤独な作業なのかもしれませんね。
世間からの反応が返ってこない、けど毎日書かなきゃ、みたいな。
新聞小説って、どういう書き方をしてるんでしょうね。
新井素子さんのように、一気に長編を書き上げてしまい、それを等分して発表する、という方もいらっしゃるかな。
だけど、書きながら発表していくスタイルのほうが多いのかな。
これって、自分の頭の中でしっかりとした構成が出来上がっていないと、きっと筆が進みすぎたり、作者の思いがけない方向につい行ってしまったり、状況に齟齬が生じたり、いろいろ大変なんだろうな。
新聞小説を書くのには、それだけの力量が必要なんだろうなぁと思います。

さて『メタボラ』
これは、全体的なバランスを調えて、本として出版できる最終稿に仕上げていく過程が、まだ残されていると感じます。
まぁだから、桐野さんは書きながら発表していかれたのかなぁという気がします。
ということは。。。やけに長く冗長に感じられた部分には、実は桐野さんの執着があるのかも。例えば、ここは取材が大変だったのよという思いとか。(素人とは違って、そういうことはないのかな?^^;)
書いてるうちに、どんどんどんどん膨らんできて、つい長くなってしまいましたとか。
そういうことを考えながら、本の形で出版されるであろう『メタボラ』と比較してみると、なんかちょっとおもしろそう。

この作品、連載前に新聞で、記憶をなくした「僕」のサバイバルの物語だと紹介されていました。
また作者の言葉として、「近年、若年層に大きな変化が起きているような気がする」「暢気に貧乏を楽しむ若い人たちは確実に増えている」「もしかすると今、新しい人類が誕生しているのかもしれない。」と書かれていました。

今この言葉を読むと、桐野さんの構想の中では、やっぱり雄太と昭光、2人が両軸となっていたのだなぁと感じます。
サバイバルの物語の主人公である雄太と、「暢気に貧乏を楽しむ若い人たち」を代表するかのような昭光。
…う~ん、うまく結び付けたなぁという気もするけれど、終わってみると、主人公は雄太1人に移行していったような感が否めません。
昭光の章が最後にもう1回ぐらい出てきたら、少しは印象が違ったかもしれないですね。

もしかしたら。「暢気に貧乏を楽しむ若い人たち」って、沖縄に集まる人たちのことを言ってるのかもしれないですね。
安楽ハウスの住人や、イズムのもとに集まった若者たち。
この人たちがこの先、どういう価値観を持ってどういう方向に向かっていくのか。
結局両者のリーダー的存在である釜田もイズムも、新しい価値観を持つまでには至らず、沖縄独特な政治感覚であったり、ビジネス優先の価値観であったり、要するに既存に甘んじる。
特に釜田は、この後、大コケそうな予感すらある。

昭光であれ、釜田やイズムであれ、作者は、「暢気に貧乏を楽しむ若い人たち」に、「新しい人類の誕生」という言葉の響きが持つ明るい将来を見てはいないのでしょうね。
何やら破滅の匂いがつきまとっていたように思います。

何回か話題になったことですが、『メタボラ』ってどういう意味なんでしょうね。
今朝の投書欄に、『メタボラ』を楽しみましたという方の投書が載っていました。
そこには、新陳代謝=メタボリズムが題名の由来のように書かれていました。
新陳代謝…('◇')ゞ
にゃるほどね~なんですけれども、ホントかなという疑いの目も(笑)


最後にもう1度、「メタボラ覚書」に遊びに来てくださった皆さま、私、何度お礼を言っても足りません。
どうもありがとうございました。
また、機会があったらお話ししましょ♪
スポンサーサイト
メタボラ覚書 TB:0 CM:9 admin page top↑
<<さて、大掃除 * HOME * 戦意喪失…(ΘoΘ;>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆そらさん、ありがとうございました。◆

そらさんのおかげで読みそこなった最初の部分もわかりスッキリして感謝しております。
それも最後まで掲載された事は素晴らしい限り。私にとって「メタボラ」関連といったらこのサイトでした。そらさんの今後注目される読み物も楽しみにしております。今後もたま~にですが、継続して拝見させていただこうと思っております。一年間ありがとうございました。また、お疲れ様でした。ギンちゃん&ジェイク、フォーエバー!リンコも幸せになりますように。ではでは、良いお年を~!
by: ゆるり徒思太郎 * 2006/12/28 20:49 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ゆるり徒思太郎さん、こんばんはっ♪
こちらこそ、皆さんのコメントのおかげで、最後まで続けられました(*^_^*)
やっぱり、「最初から最後まで」というのは、何でも気持ちがいいものですね。
ホントにありがとでした\(^o^)/

>ギンちゃん&ジェイク、フォーエバー!リンコも幸せになりますように
うんうん!!ホントに!!!

>今後もたま~にですが、継続して拝見させていただこうと思っております
お~!ありがと~\(^o^)/
いつでも遊びに来てくださいねっ☆

ゆるり徒思太郎さんも、よいお年をお迎えください♪
来年もヨロシクですv-221
by: そら * 2006/12/28 21:03 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
まとめがあった~ポッ(。-_-。 )人( 。-_-。)ポッ
姫の名前も書いてあった~~ポッ(。-_-。 )人( 。-_-。)ポッ

姫こそ有難うですよー、そらさん。
新聞とってない姫には、そらさんが桐野さんみたいでした
最初見つけた時小躍りしちゃったもーん
新聞小説って姫も始めての経験でした。うちの祖母は結構読んでるけど。
これ単行本になるんですね、姫絶対買おう~
手直しは絶対ありそう( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
それも込みで面白そうだし、まとめて一気に読むのも面白そうw

そうそう、メタボラの意味がわかんなかったけど
メタボリズムの意味でしたかー、なるほど((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ
分かるような分からないような・・・・(苦笑)

どちらにしてもこの約1年くらいの間、凄く充実してました♪
読書ってお友達まで作れちゃうんですねー(*/∇\*)キャ
メタボラを通じて仲良くお話させて頂けて本当に楽しかったです!
(^ー^* )フフ♪

よいお年を~~(*´▽`*)ノ゛


by: 姫 * 2006/12/28 23:11 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

姫ちゃん、こんにちはっ♪
おぉ~っ!お忙しいのに、コメントありがと~\(^o^)/
単行本、読みたくなるよね♪
いろんな意味で興味深い(^_-)-☆

>読書ってお友達まで作れちゃうんですねー(*/∇\*)キャ
私も、ネットを始めるまで、読書を通じたお友達なんてできたことなかったから、びっくり!びっくり!びっくり!!です(*^_^*)
姫ちゃんともお友達になれて、と~てもうれしいです(*^_^*)

>メタボラを通じて仲良くお話させて頂けて本当に楽しかったです!
(^ー^* )フフ♪
私も、姫ちゃんのおかげですっごく充実してたし、すっごく楽しかったよぉ♪♪♪
ホントにありがとなのでした\(^o^)/

また来年♪
いつでも遊びに来てちょ~だいねっ☆
by: そら * 2006/12/29 13:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆ありがとうございました!◆

すっかり遅くなりましたが・・

そらさん、お疲れ様でした!
連載途中で大阪から広島へ生活拠点が変わり、朝日新聞の購読をやめてしまったのですが、そらさんのお陰で心残りだったメタボラの行く末を最後まで見届ける事ができました!
ホント、ありがとうございました!

メタボラの意味・・
私は一人勝手に「ん?メタボリック症候群?」なんて思ってましたが・・・なるほど、「新陳代謝」ですね、「内臓脂肪」ではなくてヨカッタです(笑)

幕切れがあまりにもあっけなく、しかもギンジが罪を犯し、昭光が死んでしまうなんて・・
ま、ああいう内容で、ハッピーエンドはないだろうって思ってたので、納得っちゃあ納得ですが・・
私も単行本が出たら、是非読もうと思ってます

たった1回足跡を残しただけの私を覚えていて下さった事が、とても嬉しかったです*^^*

それでは!また時々遊びに来ますね♪
by: あげは * 2007/01/07 14:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

あげはさん、こんにちはっ♪
遊びに来てくださったのね♪ありがと~\(^o^)/

メタボラ、終わっちゃいましたねぇ。
最後まで読み通せて、ちょっと満足しています♪
何となく読むのが面倒になっていたときに、コメントくださって、とてもうれしかったよぉ~(*^_^*)

あはは!「内臓脂肪」!!
でも結局、何なんでしょうね?「メタボラ」。。。
単行本になるときには、きちんとその辺、説明がされているんでしょうね。
単行本、ちょっと楽しみ♪

また、いつでも遊びに来てくださいね☆
お待ちしてますよんo(^▽^)o

by: そら * 2007/01/08 14:05 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん。長い間お疲れ様でした♪
最後の方にちらりと現れただけなのに、まとめに名前が出ててうれしかったですv-7v-10

単行本が5月に出るのですね!!是非また読んでみたいです☆今から楽しみですv-238
by: まりも * 2007/01/09 15:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

まりもさん、『メタボラ』は終わったのに、遊びに来てくれてありがと~\(^o^)/
すご~く嬉しいです♪

やっぱり単行本、気になりますよねぇ~(*^_^*)
私も読みたいな~と思ってるの。
読んだら感想聞かせてくださいねっ☆
(と言って、また遊びに来てもらおうとする私^^;)
いや、冗談ではなくて、ホントに、いつでもお待ちしてますからねっ♪

なんか、『メタボラ』でお知り合いになれた方々って、すごく親近感を持ってしまって。。。
また、何かの機会にお話ができたらうれしいな~と思っています(*^_^*)
by: そら * 2007/01/09 22:14 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆管理人のみ閲覧できます◆

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2007/02/12 16:03 * [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/424-5aa228b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。