FC2ブログ
「博士の愛した数式」小川洋子
2005 / 06 / 28 ( Tue ) 10:49:00
ほろほろと壊れそうな砂糖菓子をそっと手のひらに乗せている、
そんな優しいお話でした。

★★★★★

フェルマーの最終定理も、
オイラーの公式も、
虚数も素数も自然対数も、
ルートでさえも
こんなに深い意味があるなんて。

博士の深い愛情と、
真理を求める真摯で謙虚な姿に、
胸打たれます。

涙が流れて仕方がありませんでした。
スポンサーサイト



小川洋子 TB:4 CM:23 admin page top↑
<<「下妻物語」嶽本野ばら * HOME * 「エンジン」最終回>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆博士◆

おはよう、もうすぐお昼だ。
私も読んでナニヤラ書きましたよ。
ストーリーだけでなく、この博士の
子供に対する絶対的な愛情にも感動しました。
虐待する親が最近多くて、痛ましい子供があまりにも多いよね。
私はほぼ子育て終わってますが、小さい頃にこんなに愛情を注いだっけ?と暗い気持ちに・・・
これからでもニッコリと温かく見守ろうと決意したのでした。
数式も確かにレース模様に見えるかも...
by: く~ * 2005/06/28 11:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆博士の愛◆

とてもおこがましくって、
自分の子供に対する態度と比較なんかできません(笑)

最後に残ったものが子供に対する愛情だったなんて、
その美しさが奇蹟のように思えました。
by: そら * 2005/06/29 15:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

小川洋子さんがいま一番好きです
ブログの 本のカテゴリーに いくつかのせてます
きのうは ミーナの行進について 書きました、、読んで下さい
by: * 2005/07/03 14:34 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆初めまして♪◆

コメント、ありがとうございました♪

ブログに遊びに行きたいのだけど、
どこに行ったらいいのか分かりません(涙)

「ミーナの行進」も小川洋子さんなんですか?
とっても気になります。
また、ぜひぜひお立ち寄りください♪
by: そら * 2005/07/03 14:48 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

はじめまして。
あぁ、やっとそらさんのブログに会えました。
TBしてくださったおかげです。
とてもやさしくてほわほわとした、
まるで朝の光に包まれるようなステキなブログ。
会えてよかった・・・。
by: sakuraasako * 2006/01/18 21:49 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

あさこさん、こんにちはっ♪
え~!!!私、あさこさんとこで話すだけ話して、自分のURL入れてなかったのね(汗)
ぼけそらだわ。ごめんなさいv-356
でも、たどり着いていただけて、よかったよかったv-315
>会えてよかった・・・。
私もです。

今後とも、よろしくお願いしますね♪
by: そら * 2006/01/19 16:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、コメント&TBどうもありがとうございました!

最初は、「日だまりで読書」っていう、
ブログのタイトルに惹かれてお邪魔した(素敵です!)んですが、
今まで紹介された本が、私の読んだ本と多々重なっていて。
乙一さんや東野圭吾さん、高村薫さんとか!

でも、まだまだ読んでない本がたくさんあるので、
そらさんのオススメを参考にしたいです!
これからもお邪魔しに来ますね(^^)
by: みどりわさび * 2006/01/29 12:02 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

みどりわさびさん、おはよっ♪
ブログタイトル、ほめてくださってありがとう(*^_^*)
私も結構気に入ってるの♪

>乙一さんや東野圭吾さん、高村薫さんとか!
ホントに?\(^o^)/
うれしいなv-315
私も、ちょくちょくみどりわさびさんのブログに遊びに行こっ♪
これからみどりわさびさんの記事が増えていくのが楽しみです。

また、ぜひ遊びにいらしてくださいね。
お待ちしてます(*^_^*)
by: そら * 2006/01/30 09:04 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

またまた失礼します。
今日ようやく読了しました。
ステキでしたね。
こんなにも数学がいいと思って事はないです。
博士の言う数式は、どれも興味深くて暖かかったです。
ラストは感動しましたね。
by: 苗坊 * 2006/02/03 21:08 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

>こんなにも数学がいいと思った事はないです。
ね~♪私もとても新鮮でした(*^_^*)
>博士の言う数式は、どれも興味深くて暖かかったです。
本当に。いろんなものをなくしていって、最後に残ったのが子供に対する愛情だなんて、博士の人柄を象徴していますよね。
だから、博士の愛した「数式」は、とても暖かいのだと思います。
ラスト、どんなだったっけ?
やだ、忘れてる('◇')ゞ

by: そら * 2006/02/03 23:08 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさんどうもー

すいませんねーホントステキな話だな~ともちろん思うんですが、
あんなツマンナイ感想になりました(笑)
いや~、やっぱ1日に何度もは微妙ですって!
by: じゅん * 2006/04/07 10:48 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうも~♪
いやいや、じゅんさんの、世間で言われているほど感動できね~ぞ、困ったぞ感が素直に出ていて、なかなかおもしろい感想でした(笑)
>いや~、やっぱ1日に何度もは微妙ですって!
あはは!(^o^)
by: そら * 2006/04/07 13:21 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

とっても美しいお話でしたね。

中盤から涙がポロポロ落ちてきて、読むのに苦労しました。
悔しかったり悲しかったりする涙じゃなくて、胸が一杯になってあふれてくる涙でした。

登場人物は、決して恵まれた環境ではありませんが、
『容疑者Xの献身』に出てくる言葉の通り、
「人は時に、健気に生きているだけで、誰かを救っていることがある」のですね。

↓↓↓以下、ネタばれです↓↓↓
ラストは、「プロジェクトX」で知ったエピソードと重なって、そのときと同じく泣けました。
ドラマ「スクールウォーズ」の元となった、ラグビーの先生の実話です。
あれも、(ちょっと違うけれど)関わった子供が「今、先生になっている」という部分でめちゃくちゃ感動したのですが、
ルートが数学の先生になるなんて・・・泣かせるのう(T_T)
by: nao * 2006/07/05 08:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ども。実はまだ読んでいないのですが、いずれ読んでみたいと思います。

 「博士の愛した公式」を読まれたら、著者の小川洋子さんと藤原雅彦氏との対談集「世にも美しい数学入門」もオススメです。

 「数学入門」という言葉で二の足を踏まれる方もいらっしゃいますが、もったいない。

 「数学には美しさが必要」というのが、この本の主張で、その美しさってのが何かと言うことを、非常に分かりやすく書いています。勉強や研究には頭が良いだけではなくて、美的感覚ってのが大事なんだそうで、美的感覚のない私は凹みました(^^ゞ

 ヒマがあればどうぞ。
by: nagayume * 2006/07/05 11:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、『博士…』を読まれたのね♪

>、胸が一杯になってあふれてくる涙でした。
うんうん、そうでした。
とてもステキなお話だったと思います。
すごくお気に入りの作品です。

>「人は時に、健気に生きているだけで、誰かを救っていることがある」
そうだね~。しみじみ。。。
by: そら * 2006/07/05 16:27 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

nagayumeさん、こんにちはっ♪
『博士…』、私のお気に入りです。
機会があったらぜひぜひ♪

『世にも美しい数学入門』・・・オススメ、どうもありがとでした\(^o^)/
藤原さんって、1:9分けのおじさんだよね?2人で写っている表紙だけ、見たことある気がします。

>勉強や研究には頭が良いだけではなくて、美的感覚ってのが大事
そ、そうなんだ('◇')ゞ
読んでみたいな~。メモしておきました♪

また、何かオススメがあったら教えてくださいな。
お待ちしてますよん♪
by: そら * 2006/07/05 16:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

おはようございます♪

nagayumeさんお勧めの「世にも美しい数学入門」私も探してみます!
数学は好きな科目だったのですが、すっかり忘れてしまった今、日能研の「シカクい頭をマルくする・算数編」も、全然解けやしない難問だらけになってしまいました・・・

それでも好きな数の世界。
「美しい数学」を思い出したいですね~。

清水義範さんの『いやでも楽しめる算数』という本も、面白かったですよ~。この人の出している教養シリーズの中では、一番好きです。勉強から離れてしまいますが、文章問題に対するツッコミが、笑えます。
by: nao * 2006/07/06 08:20 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、おはよっ♪
美しい数学の世界ね。
私も数学、好きだったのよ~。
本質とは全然関係ないところで、数学を解いた跡って、
何だかキレイでしょ。
それが好きだったの。(*^_^*)

清水義範さん、私は中学入試の国語を書いたものを読んだことある。なかなかおもしろかったけどね。
ほほ~、漱石の研究者なのに、算数の本も書いているのか~。今度、探してみますね♪
ご紹介、ありがと~\(^o^)/
by: そら * 2006/07/06 10:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、はじめまして。
>清水義範さんの『いやでも楽しめる算数
ありがとうございます。読んでみようと思います。
どうもありがとうございました。
by: nagayume * 2006/07/06 16:22 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、nagayumeさん、おはようございます!

数学というと、その言葉だけで敬遠されてしまうことが多い中、
お二人が話に乗ってくださって、とても嬉しいです。

数学、イイですよね~。
試験前に公式だけ確認しておけば、
他の科目と違って記憶の詰め込みをしないでいいから、
大好きでした。

例の対談集は新書なのですね。嬉しい。
『博士の愛した数式』は、当初図書館で借りて読みましたが、
対談集とあわせて購入して手元に残そうと思いました。

こちらこそ、どうもありがとうございましたv-10
by: nao * 2006/07/07 09:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

nagayumeさん、naoさん、おはよっ♪
わーい\(^o^)/ここでたくさんお話ししてねっ♪
by: そら * 2006/07/07 11:10 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、ありがとうございます!
お言葉に甘えて、話を続けてしまいます。

早速『世にも美しい数学入門』読みました!
待ちきれず探してみたら、近所の図書館の児童図書のコーナーにありました。

数学嫌いを何とか克服しようと試みている本は、世の中に何冊も何冊もありますが、
これは群を抜いて読みやすいものでした。
藤原正彦さん、小川洋子さんともに、
明るい面白い人ですね~

笑えたエピソードはたくさんありますが、
「何故ノーベル賞には数学部門が無いのか!?」など、
笑いつつ、へぇ~!と思ったものも一杯あります。

数学者の特異な性質にも触れていて、
以前そらさんとお話した、東野圭吾さんの『容疑者Xの献身』に出てくる数学者石神の性格も、う~ん、むべなるかな、と思わされました。

小難しい話は出さずに、さらりと数学の魅力に触れていて、それを表現者小川洋子さんが上手にレトリックを使ってアピールし、読みやすく、面白い数学入門になっています。

nagayumeさん、重ね重ねありがとうございました!
とても素敵な一冊でした!!
by: nao * 2006/07/08 08:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、コメント、ありがと~♪
ほほ~、そうかぁ、おもしろいのかぁと、ますます楽しみになりました♪
…にしても、naoさん、素早い!!!\(^o^)/
by: そら * 2006/07/09 20:44 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/43-99c72cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『博士の愛した数式』
博士の愛した数式(新潮社 ・ 小川洋子 ・ ¥1,575)(R上司より拝借。) 丸ちゃん図書館【2005/11/10 16:50】
博士の愛した数式
「君はルートだよ。 どんな数字でも嫌がらず自分の中にかくまってやる、実に寛大な記号、ルートだ」博士の愛した数式は、私の愛読書です。文学と数学、ってちょうど正反対にあ アルミ缶の一生。【2006/01/28 11:19】
「博士の愛した数式」小川洋子
「博士の愛した数式」小川洋子過去に起きた交通事故で、記憶が80分しかもたなくなってしまった博士とそこに訪れた家政婦とその息子3人の、「数学」と「阪神タイガース」が結ぶ暖かいお話。映画化されたので博士→寺尾さん、家政婦→深津さんと映像... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2006/04/07 10:45】
小川洋子『博士の愛した数式』
博士の愛した数式新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、小川洋子『博士の愛した数式』を紹介します。この本は、心温まる(heartful)美しい本だと思いました。この本の主要な登場人物は、家政婦とその息子(ルート)と博士である。博士は、1975年で記憶の蓄積が止まっ itchy1976の日記【2009/08/29 14:40】
* HOME *