スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「T.R.Y.トライ」井上尚登
2007 / 01 / 11 ( Thu ) 20:37:09
今年初読みの作品です。
しかも初・井上尚登♪
1910年代の中国を背景に活躍する詐欺師のお話です。

★★★☆☆

1911年、日本人詐欺師伊沢修は、中国人革命家関と出会い、彼に協力を要請される。ターゲットは日本陸軍参謀次長。
伊沢は、関、陳、パクとともに、コン・ゲームを繰り広げる。
日本陸軍のパワーゲーム、伊沢を狙う赤眉のキムも絡み、
息詰まる攻防戦が展開される。



どうする伊沢!の連続で、ハラハラドキドキおもしろかったです。
時代背景が最初は難しく感じられもしたのですが、
江戸時代生まれの喜春姐さんの気っぷの良さや、
朝鮮人の日本人に対する恨みや、
革命に燃える革命家の情熱などが違和感なく作品に溶け込んで、
独特な匂いを醸し出しています。

ただ、偶然があまりにも多すぎて、ちょっと興ざめだったところが残念でした。
この時代、それぞれのテリトリーが狭かったということもあったとは思うのですが。。。。

何はともあれ、これがデビュー作。
井上さん、もっと読もうと思ったのでした。
スポンサーサイト
井上尚登 TB:0 CM:4 admin page top↑
<<「虚貌」上・下 雫井脩介 * HOME * 「放課後」東野圭吾>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

そらさん、こんにちは~。

この本はかなり前に読みました。
織田裕二さんで映画化された頃です。
(映画はお勧めしません(-_-;)

登場人物がいい味出していますよね。
大男の関なんて、結構好きです。

『T・R・Y』は、割と最近続編が出ました。
要所要所は第一作のこっちのほうが面白いのですが、
ラストまで読むと、続編のほうが良かったです。

井上尚登さんは数冊出ていますが、
『リスク』という中編を集めたものが一番良かったと思います。
『T・R・Y』の後にでた『C・H・E』も、
スケールの大きなお話ですが、
主人公に魅力を感じなくてイマイチでした。
by: nao * 2007/01/13 10:46 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、おはよっ♪
映画、あんまり…だったの?
やっぱり原作のある映画は、なかなか難しいんだねぇ(^_^;)

関ね。武骨な革命家だったよね。(*^_^*)
私は、喜春姐さんがいいわ~と思ったのでした♪

『T・R・Y』の続編と、『リスク』のオススメ、ありがと~\(^o^)/
naoさんのオススメ本、すごく当たりが多いから、とっても楽しみだわ~♪
by: そら * 2007/01/15 10:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

>私は、喜春姐さんがいいわ~と思ったのでした♪

その喜春姐さんを映画では黒木瞳さんが演じていました。。
年齢が違う~と、とっても違和感。

>naoさんのオススメ本、すごく当たりが多いから、とっても楽しみだわ~♪

こちらこそ!そらさんのおかげで、恩田陸さんも伊坂幸太郎さんも読むきっかけができ、今はすっかり二人のファンです。
今年も色々面白い本、教えてくださいね~~☆
by: nao * 2007/01/15 18:20 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、おはよっ♪
…黒木瞳が喜春姐さんだったの!?
イメージ違うねぇ。体内テンポも違う感じ。
私は、山岡久乃さんだっけ?「渡る世間は鬼ばかり」に出てた人。(見てないけど。)あんな感じの人を想像してましたぁ(*^_^*)

>今年も色々面白い本、教えてくださいね~~☆
うんうん!
今年はどんな面白い本が読めるだろうね。
楽しみだね♪
by: そら * 2007/01/16 12:21 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/434-9f97d3b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。