スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「蛇行する川のほとり」恩田陸
2007 / 01 / 15 ( Mon ) 21:13:13
本を閉じても余韻が残る作品です。
この作品、とっても好き。

この作品を読んだ夜、庭一面に背丈まで伸びたドクダミが生い茂る夢を見ました。
「川面と同じ高さの小さな草原と、自分の背丈ほどもあるハルジョオンの繁み」が、私の夢では何故にドクダミ

★★★★☆

高校1年生の鞠子。夏休みに美術部の先輩、香澄に誘われ、「船着き場のある家」での合宿に参加する。「私たちは仕上げなくちゃいけないわ」二度繰り返された香澄の言葉の意味も分からず。
久瀬香澄、斎藤芳野、鞠子に加えて、香澄の従兄弟、貴島月彦、月彦の幼なじみ、志摩暁臣の5人の9日間の合宿生活。
船着き場の船に乗せられ、首を絞められて殺された女性。
川のほとりの小さな森の音楽堂の屋根から落ちて死んだ女の子。
10年以上前の事件と事故の真相が少しずつ顔を出す。



少年少女の時代って、外見と内面が大きく違う年代かもしれません。
子供はその内面(感情)がストレートに顔に出る。
逆に大人は、その仕草や表情や口ぶりに内面が見え隠れするようになり、
もっと年を重ねると、顔にその人柄までもがにじみ出る。
少年少女の内面は外見からはうかがい知ることができず、可愛らしさや純朴の中に残酷が含まれ、その残酷の中に純粋が含まれ。。。煌めくような多面性を持っているのかもしれません。
恩田さんが少年や少女を好んで描くのも、この多面性や外見と内面のギャップの大きさに魅せられているのかもしれないなぁ。
そんなことを感じます。
そして、恩田さんはそういう少年少女の心の機微を描くのがうまいなぁとも思います。甘酸っぱく、懐かしく、そしてもう手が届かない世界に魅せられます。

この作品、一部は鞠子の視点で語られ、二部は芳野、三部は鞠子の親友、真魚子、そして終章は香澄の視点で語られます。
視点が変わることによって、同じ出来事に新たな様相が付加されていく。
この辺の雰囲気がとてもミステリアスで、ぞくぞくします。
語り部の順番もまた、絶妙です。
芥川龍之介の『藪の中』のように、それぞれの真相が羅列され、そして終わりを迎えるのでは…とすら思ったのですが、
この作品はとりあえず「真実」に辿り着きます。
けれどもその「真実」さえも、また視点を変えたら、例えば香澄の母親の視点が加わったら、違う「真実」が生まれそうな、そんな脆さを内包した真実です。
「真実?どこにそんなものがあるのでしょうか。真実。その言葉を口にしたとたん、その言葉が持つ虚構の猛毒で、舌が腐り始めてしまうことをあたしは知っています。あたしたちは、自分が見たものしか信じられない。いえ、自分が見たい者しか信じられないのです。真実とは、あたしたちが見たいと思っているもののことなのですわ。」という演劇部の舞台上の台詞(第一部)が、やけに効果的に響きます。

舞台設定は蛇行する川のほとり。
作品全体が一つの舞台のような、そんな物語でした。

【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記
My Favorite Books
ご本といえばblog



有頂天になっていると、見ていた誰かに突き落とされる。すばらしいことに胸を踊らせていると、必ず誰かが「そんなつまらないもの」と囁く。そうして、背伸びをしてはうずくまり、手を伸ばしては引っ込めて、少しずつ何かをあきらめ、何かがちょっとずつ冷えて固まってゆき、私は大人という生き物に変わっていく。(第1部)

どこかで小さな歯車が回り始めていた。…あたしは知っている。この音は、いったん聞こえ始めると何かが壊れるまで聞こえ続けるのだ。小さな歯車がその動きをもどかしいほどの実直さで隣の歯車に伝え、順繰りに少しずつ大きな歯車を回し、最後の大きな歯車が悲鳴を上げるまで(第2部)

また一つ、逃げ道を塞がれた。あたしは、グラスの底に氷が溶けて落ちるカランという音を聞いたような気がした。(第3部)

ひとつの昔話をしよう。
もはや忘れられた話、過去の色褪せた物語。
平凡で退屈なある夏の話。
私たちの愛情について、私たちの罪について、私たちの死について。
(終章)
スポンサーサイト
恩田陸 TB:2 CM:8 admin page top↑
<<「鳥人計画」東野圭吾 * HOME * 「虚貌」上・下 雫井脩介>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆川のつく小説で思い出すのは◆

やっぱり『泥の川』かなぁ。。。

『センセイの鞄』一気に読んじゃいました。
面白い。これ大好き!!!読んだばかりなのに
またすぐに読み返しています。こういうことは珍しい。
by: 一陽 * 2007/01/15 23:29 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、こんにちはっ♪
そういえば、『泥の河』と『螢川』…どちらも川ですねぇ。
映画『泥の河』の加賀まりこがものすごくきれいだったこと、見たのは高校生のときだったけど、いまだに印象に残ってます。

『センセイの鞄』…いいよね!
私も大好き\(^o^)/
最初図書館で借りて読んだんだけど、手元に欲しくて、古本屋さんで買いました(*^_^*)

by: そら * 2007/01/16 12:37 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは~

>この作品、とっても好き。

私もです!
この恩田さんらしい世界に浸るときが幸せです♪

あらすじを読んでもきっと伝わりにくい、
文章の魔法みたいなものを感じます。
登場人物の言葉遣いも、わりと独特ですよね。
(帰国子女の話すことばのように、きれいというか、
 時代感覚がないというか・・・)
by: nao * 2007/01/19 14:07 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、これ、よかったよね~\(^o^)/
文章の魔法。
うんうん、私も、あらすじ読んでも全然伝わらない魅力がそこにはあると思う♪

帰国子女の話す言葉…あはは!たしかに。とってもきれいな言葉を話す子、いるよね。長女の友達で帰国子女の子が、今どき「あなた」と語りかけるんだって。
「これ、あなたのでしょ?」みたいに。
つい口調が移ってしまうと長女は苦笑してたけど、すごくいいことだわ~と思ってます(*^_^*)
by: そら * 2007/01/19 20:16 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

>長女の友達で帰国子女の子が、今どき「あなた」と語りかけるんだって。
>「これ、あなたのでしょ?」みたいに。

分かります~!!
高校時代の、私の帰国子女の友人も、
椅子にかけていた私の上着がずれて床にすれそうになったとき、
「あら、汚れてしまうわ」と、上着のゴミをはたいてくれたのですが、
その上品なしぐさと言葉に、固まってしまった経験があります。

彼女の場合は「あら!」とか「まぁ!」とかが多くて、
気取っているのではなく、自然に出てくるのが素敵でした~。
私もそらさんのご長女のように、
うつして欲しかった!(とても汚い言葉遣いだったので・・・)
by: nao * 2007/01/23 09:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん♪
なんか、固まってるnaoさんが目に浮かぶ(*^_^*)
すご~く分かったりして。
naoさんも私と同じ庶民なのね♪

長女も、口調が移るといっても、その子との会話限定みたい。2人で喧嘩すると、周りの子が笑うんだって。
長女の言葉遣いがいつもと違う~ってo(^▽^)o
ま、当たり前だよね。
家で私が、そんなに上品な言葉遣いをしてないんだものv-8
by: そら * 2007/01/23 12:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ようやく読み終えたって感じです。
1冊1冊は薄いんですけどね、
内容が濃かった・・・。
いまどきこんな高校生いね~よ(田舎には)と思いつつ
はまりました。
謎が解けたとき妙にスカッとしましたね。
いや、ほんとに面白い作品でした。
by: す~さん * 2007/02/06 20:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

す~さん、こんにちはっ♪
いや、田舎に限らず都会にもいないでしょう。こんな高校生(*^_^*)
面白かったよね!
私の、1月のイチオシ作品ですo(^▽^)o

by: そら * 2007/02/07 15:10 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/437-0980a113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
蛇行する川のほとり(3)   ~恩田 陸~
三部作完結編。語り手は毬子の友人真魚子に。事件に関係ない第三者の真魚子を語り手にすることで客観的に物語を読むことが出来る。一段熱くなっている頭を冷やして冷静に読むにはそのほうがいいのかもしれな My Favorite Books【2007/02/06 20:50】
恩田陸「蛇行する川のほとり」
恩田陸著 「蛇行する川のほとり」を読む。 このフレーズにシビれた。  夏だけの、今だけの小さな国。この国はいつまで続くのだろうか。 [巷の評判]KOROPPYの本棚 では, 「ぞくっとするような空気は、筆者らしい世界観です。/ミステリ的なすっきり感にはやや欠け、ラス ご本といえばblog【2010/03/13 07:19】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。