FC2ブログ
「虚貌」上・下 雫井脩介
2007 / 01 / 12 ( Fri ) 14:53:12
顔について大いに語られている作品でした。
そして、どうしても矛盾の出てしまう事件全容や次第に明かされる真実など、ストーリー展開にぐいぐいと惹きつけられる作品でした。

★★★★☆

21年前、岐阜県美濃加茂地方で、運送会社を経営する一家が襲われた。犯人は逮捕され、事件は終わったかのように見えた。が…。



面を覚えるのが苦手な老刑事、滝中守年。
顔に痣があることが大きなコンプレックスとなっている守年のパートナー、辻。
辻のカウンセラーである北見先生。
芸能活動を通じて、醜形恐怖症に陥った守年の娘・朱音。
そして、千の仮面をもつ男(!)。

顔ねぇ。。。
以前、かづきれいこさん(リハビリメイクの提唱者)のインタビューをテープ起こししたことがあり、醜形恐怖症や痣のある人の苦しみを少しでも軽くしてあげたいというかづきさんの思いに触れたことがありました。
なので、作品中の辻の鬱屈した思いや朱音の悩みが痛々しく感じられましたし、また、北見の見解やアドバイスに納得でき、北見のようなカウンセラーが日本に数多くいればいいのにと感じました。
まぁ、この作品、顔について語られてはいるけれど、事件解明が主軸なんですけれどもね。

この作品、発表当時はトリックについて、「それはないだろう」という批判続出だったとか。
けれども私は、つい最近もこのトリックを使ったドッキリ番組を見たばかりだったこともあって、「それを使いましたか」と、結構自然に受け入れられました。
最後の早変わりは超人技だわと思いましたが。。。
まぁ、時の流れなんでしょうね。
とすると雫井さん、発想自体はまるでアルセーヌ・ルパンか明智小五郎かって感じですが、結構最先端を走っていたのかもしれません。

トリックの賛否はともかくとして、事件の真相解明への道、あるいはそこに込められた守年の思い、事件から浮かび上がってくる忘れられない思いなどが絡み合い、なかなか読ませます。
ラストも余韻があります。

ただ、終盤の守年の思いがどうもねぇ。。。今イチ唐突だったなぁと。
え~、どうして納得しちゃうの?という違和感が残りました。
私が彼らの心理について行ってなかっただけなのかもしれないけれど。。。
ちょっと残念に思ったのでした。

【こちらの記事も♪】
読書感想文とブツブツバナシ
たこの感想文
higeruの大活字読書録
あいさんのHP
スポンサーサイト



雫井脩介 TB:4 CM:6 admin page top↑
<<「蛇行する川のほとり」恩田陸 * HOME * 「T.R.Y.トライ」井上尚登>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆物語のオチ◆

すっごく面白く読んでいたのに。最後にきてあれ?
てことあるよねぇ。

『真鶴』読み終わりました。
不思議な話でした。
いまいちよくわかってないかも?
もう一度読むことになりそうだ。

でもって川上つづきで『センセイの鞄』読んでいます。
by: 一陽 * 2007/01/14 00:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、おはよっ♪
>すっごく面白く読んでいたのに。最後にきてあれ?
そうそう、結構あるよね、そういう作品(^^;)
だからこそ、ラストがパキッと決まってる作品って、途中不満に思っていても全部チャラになるような爽快感がありますね~(*^_^*)

『真鶴』不思議なお話だったんだ。『光って…』も、何だか今イチなじめず終わりました(^^)
『センセイの鞄』!私好き♪すっごく好き♪一陽ちゃんの感想、楽しみに待ってるねっ☆
by: そら * 2007/01/15 10:48 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆やばいすねー◆

やっぱり細かくは覚えてないすねー(笑)

でも、なんか何度か読んで、
ああそういうことかもな。
って感じで最後はすっきりした記憶あります。

それよりなにより、スムーズに話が流れてて、
トリックも流れに乗っててアリっすよね!
by: じゅん * 2007/01/15 21:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、こんにちはっ♪
あはは!細かく覚えてない?
きっと、あんまり違和感感じなかったんだよ。うん。

>スムーズに話が流れてて、
トリックも流れに乗っててアリっすよね!

だよね~!読み終わってからいろんな方のブログを覗いて、結構引っかかってる人が多いということに、「そ、そうなん?」と思ったのでしたo(^▽^)o
by: そら * 2007/01/16 12:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは。日だまりで読書、を読ませていただきました。楽しそうなサイトですね。また読ませていただきたいと思います。雫井脩介 虚貌、いいですね。「あなたが強く生きていきたいのであれば、憶えておいてください。笑顔に勝る仮面はないということです」こんな文章なんか特に。
by: あい * 2008/02/25 19:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

あいさん、こんばんはっ♪
初めまして\(^o^)/

コメント、どうもありがとうございました。

この作品、推理小説のトリックとしてどうなの?という意見もあるようですが、
私はすんなりなじめたのでした。
おもしろかったよね。
あいさんが書き抜いてくださった箇所も含めて、
なかなか読ませる作品だと、私も思います♪

また、いつでも遊びに来てくださいね♪
お待ちしてます(*^_^*)
by: そら * 2008/02/25 20:43 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/438-6ce672e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(書評)虚貌
著者:雫井脩介 先日、テレビ朝日でこの作品のドラマが放映されたのですが、それが個 たこの感想文【2007/01/12 21:12】
「虚貌」雫井脩介
岐阜県美濃加茂地方で運送会社経営の一家が襲われ、夫妻は惨殺、子供2人は重症を負う。という事件が起き、従業員の3人が逮捕される。そして21年後、主犯で無期懲役とされた男が仮釈放されると、新たな殺人事件が起きる。まず、登場人物が結構多いけ... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2007/01/15 21:02】
【雫井脩介】虚貌
 『犯人に告ぐ』、『火の粉』と刊行順とは逆に読んできて三冊目。快作かはたまた怪作か、この作品の評価は…難しい。 幻冬舎文庫 2005/4/15 10 刷発行 幻冬舎文庫 2004/11/15 6 刷発行 首にされたことを逆恨みし、荒勝明は同僚二人とともに運送会社経営者の家を襲い... higeruの大活字読書録【2008/02/12 22:45】
「虚貌」雫井脩介
雫井脩介の作品を初めて読んだ。それがこの「虚貌」だ。(この記事、ネタばれあり)     この物語は1980年に始まる。場所は岐阜県。魚の輸送業者で勤務していた男、荒は仲... りゅうちゃんミストラル【2010/06/01 18:58】
* HOME *