スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「鳥人計画」東野圭吾
2007 / 01 / 16 ( Tue ) 14:30:28
スキージャンプ界のお話です。
ジャンプ競技って、
札幌オリンピックでの金・銀・銅3冠達成とか、
原田の会心のジャンプとぐちゃぐちゃ涙とか、
印象に残っている場面はあるのですが、オリンピックのときぐらいしか見ないので、ついつい忘れている競技ですね。考えてみれば。。。

1989年発表の作品です。
その頃のジャンプ界はニッカネン一色で、日本勢は不振にあえいでいた時代だったとか。
そんな時代を背景に、成り立っている作品です。

★★★☆☆

天才ジャンパー楡井が毒殺された。犯人にあてられた自首を勧める手紙。そして、警察に届いた密告状。
犯人はなぜ楡井を殺したのか。
そこに隠された計画とは。
そして、驚きの真実。。。。



物語最初の段階で殺される楡井。
けれども、死後に語られる彼の人となりがとても印象的です。
緊張やプレッシャーとは無縁の精神構造。
難しいことは考えないヤツ。ただ飛ぶことを純粋に楽しんでいるヤツ。
天才ジャンパー楡井の日常がユニークで、なるほど天才って常人と違うわ。。。と思わせる人物造型です。
どこか往年の長嶋茂雄に似ているかも。
もし楡井がもっと長生きしていたら、きっと国民的ヒーローになっただろうな~なんて思います。(周りの人は大変だろうけど^_^;)

『放課後』で用いられた図よりも詳細なグラフや模式図が説明の途中に入り、ちょっと本格っぽい雰囲気を醸し出しています。
東野さん、自分の得意分野をフルに利用したんだろうなぁなんて、そんなどうでもいいことを思います。

ただ、この20年間のコンピューター技術の思いも掛けないほどの飛躍的発展が、この作品に古さを与えてしまっているのが難点です。
作品の要である『鳥人計画』…これって、今どきの先進国では、副作用もない形で取り入れられているんだろうなぁ。。。。
なのですぐに計画の察しがつき、ちょっと興が削がれてしまったのでした。
残念。

それにしても杉江夕子。。。。まぁ、父泰介が悪いとは思うけど、何だかなぁ。同情できないなぁ。。。。

【こちらの記事も♪】
やぎっちょのベストブック
スポンサーサイト
東野圭吾 TB:2 CM:8 admin page top↑
<<「光ってみえるもの、あれは」川上弘美 * HOME * 「蛇行する川のほとり」恩田陸>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆経年劣化しちゃってるのね。◆

時を越えても全くそれを感じさせない本もあるけれど
そうじゃない本だったのねえ。

そうそう、『泥の河』と『蛍川』がごしゃまぜになって
ましたね(汗)。しつれい!
by: 一陽 * 2007/01/16 19:45 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆面白かった…みたい?◆

 3年近く前に読んだので細かいところは覚えちゃいませんが,読書メモ(と言っても面白かったかつまんなかったかくらいしか書いてないんですが)によると,「文句なしに面白い!」とありました。その割に★3つ半(当時は四つがmax)なんだけど。(^^;
by: higeru * 2007/01/17 00:12 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、こんにちはっ♪
「経年劣化」かぁ!
推理小説ってそのときの最先端を重要なアイテムとして取り入れることが多いから、余計に目立ってしまうことがあるんだろうね。
それは、作品の質とはまた別問題なのかもしれないね。

>そうそう、『泥の河』と『蛍川』がごしゃまぜになって
ましたね(汗)。
やっぱり?o(^▽^)o
そうじゃないかな~なんて思ったの。
一陽ちゃんの頭の中とシンクロできたみたいで、ちょっとうれしい♪

by: そら * 2007/01/17 13:46 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

higeruさん、こんにちはっ♪

>「文句なしに面白い!」とありました。その割に★3つ半(当時は四つがmax)なんだけど。(^^;

あはは!そうなんだo(^▽^)o
まぁ、★も気分によりますからねぇ。
以前に満点つけた作品と比べちゃったりもするしね。

だけどその★半分、何だったんでしょう???
夕子のせいかな??とか、いろいろ思う私(*^_^*)
by: そら * 2007/01/17 13:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆鳥人計画読みました!◆

そらさんこんにちは♪
この本オススメくださってありがとうございました。読了しました。もう20年も前の作品ですか。実はジャンプのことをこれっぽちも知らないので、そういう意味ではよくわからないところも盛りだくさんでした。
今では科学技術も進んでいるんですねー。
夕子にも同情できないですが、その他登場人物に同情できる人がいなかったのが残念です。最終的に三転するのがお見事でしたね!
by: やぎっちょ * 2007/04/17 01:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

やぎっちょさん、おはよっ♪
えっ?私、この作品オススメしたことあった???
な~んて思って、やぎっちょさんのところに伺いました(^_^;)
あぁ、そういえば…って、随分無責任ですねぇv-356
スキージャンプ界の進歩もけっこうなものがあるでしょうけど、
コンピューターの世界は隔世の感がありますね。
その辺の技術を盛り込んでしまうと、どうしても「古さ」を感じさせてしまうんだなぁと思った作品でした。
でも、楡井。すごく印象的な人物でした♪
>最終的に三転するのがお見事でしたね!
ねっ☆
by: そら * 2007/04/17 09:40 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

読みました。北京五輪参加選手にもぜひ読んでほしい小説です。やっぱヒューマニズムですかね。最近の東野作品に比べいかにも理系の専門科学的な硬い作風かなと思っていたけどやはり推理物として面白い。スポーツとは楽しむものか競うものか。日本人は巨人の星好きですからね。そういえばかつては水我慢するのが美徳でしたし精神主義の反動もあるんで科学も大切ではあります
by: 福田浩司賞味大臣 * 2008/07/24 05:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

福田浩司賞味大臣さん,こんにちはっ♪

私,このお話をよく覚えてないんだけど(^^;)
楡井の天才ぶりは印象に残っています。

>精神主義の反動もあるんで科学も大切ではあります

うんうん。今どき,精神主義で何とかなる世界じゃないのかなぁと思います。
まぁ,それでも中高生の部活なんかは,結構精神主義だったりするけどね。
…まぁ,運動音痴な私には,どちらにせよ,近づきたくても近づけない世界ではあります(^^;)
by: そら * 2008/07/24 16:23 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/439-86d08328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
鳥人計画 東野圭吾
鳥人計画この本は活字の砂漠で溺れたいのyoriさん、日だまりで読書のそらさんにオススメいただきました。ありがとうございました。■やぎっちょ書評加賀刑事モノを一度離れてこの本を。これはあれかなぁ。スキーのジャンプが一時期盛り上がった頃がありましたよね.... &quot;やぎっちょ&quot;のベストブックde幸せ読書!!【2007/04/17 00:53】
東野圭吾『鳥人計画』
鳥人計画新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『鳥人計画』を紹介します。スキーのジャンプ競技をモチーフとした作品です。日本ジャンプ界のホープである楡井明が殺された。その犯人は、警察への密告によって、コーチである峰岸であることがすぐにわかる。そ... itchy1976の日記【2009/09/11 15:33】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。