スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「チョコレートコスモス」恩田陸
2007 / 01 / 26 ( Fri ) 09:59:38
マンガ『ガラスの仮面』のオマージュとして書かれた作品といわれています。
何かのオマージュ作品ですといわれている作品はこれまでも読んだことありましたが、元ネタとなっている作品自体読んでいなかったり、読んでいても忘れていたりということばかり。
だけど『ガラスの仮面』なら大丈夫。
全巻そろってるわけではないけれど、30何巻かまではそろえたし、
新刊が出るたびに最初から読み直していたから、
結構覚えているのです。
ということで、多分、この作品が「オマージュ作品」として初めて楽しめた作品だと思います。

★★★☆☆

佐々木飛鳥、本能で演技をする天才肌。
東響子、芸能一家に育つサラブレッド。

飛鳥が北島マヤでしょ、東響子は姫川亜弓。
飛鳥はマヤのようなお芝居に対する情熱がないのね。
まぁ、そのほうが「非凡な才能を秘めているにもかかわらず、自覚していない」女の子としては自然なのかも。
飛鳥が所属するアマチュア劇団は、どことなく劇団一角獣。
オーディション場面では、「影」の演技を要求され、来るぞ来るぞと思っていたら、やっぱりやりました、本当の影。
あら、でも月影先生はいらっしゃらないのね。速水さんも出てこない。
ちと残念だけど、仕方ないか。確かに月影先生も速水さんも、
存在自体マンガチックかもしれないなぁ。
これから飛鳥と響子の2人舞台、「2人の王女」のようなお話になるのかな。
…な~んて、似たところ、違うところ探しがおもしろくって。
はい、作品本来の楽しさを無視した読み方をしてました(^^;)

だけど。
あ~、おもしろかった。

【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記
たこの感想文
クロルデンのおすすめ小説


スポンサーサイト
恩田陸 TB:3 CM:6 admin page top↑
<<「陰日向に咲く」劇団ひとり * HOME * 「夢のカルテ」高野和明+阪上仁志>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

そらさん、おはようございます♪

>マンガ『ガラスの仮面』のオマージュとして書かれた作品といわれています。

知らなかった!でも、確かにあのマンガとの共通点だらけですね~。

冒頭には引き込まれたし、後半の演技合戦は素晴らしかったと思います。
な~んとなく飛鳥の才能が最後のほうになるとくすんでしまった気がいたしますが、
相変わらずの恩田節、ぐいぐい読ませてくれますよね。

>飛鳥が北島マヤでしょ、東響子は姫野亜弓。

亜弓さんの苗字は姫川じゃなかったでしたっけ?
恩田さんも雑食というか、守備範囲の広い読書家ですが、
作品に投影された元ネタを、
いつもいつも「読み返したい!」気持ちにさせてくれますよね。
あぁ、読みたくなってきたぞ、『ガラスの仮面』
(実は今、『ライオンハート』を読んだ後の余波で、
 なつかしのクリスティを再読しまくっています。
 『ライオンハート』の最後のエピソードが、
 クリスティの『スリーピング・マーダー』と似ていたので・・・)
by: nao * 2007/01/27 09:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんわ^^TBさせていただきました。
この作品は、本当に好きです。
「ガラスの仮面」をたくさん連想させましたけど、やっぱり良いですよね~。
舞台の臨場感が、本を読んでいて分かるなんて、恩田さん凄いですよね。
恩田さんは何か舞台関係の事をなさっていたんでしょうかね。
舞台版「チョコレートコスモス」も読みたいです。
by: 苗坊 * 2007/01/27 23:40 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんばんはっ♪
>亜弓さんの苗字は姫川じゃなかったでしたっけ?
そうだったわ(^_^;)
ガラスの仮面は任せてって言いながら、これだものね~。
我ながら、頼りないな~と思うのでした。
教えてくれてありがとね♪
早速修正しておきますv-221

>『ライオンハート』の最後のエピソードが、
 クリスティの『スリーピング・マーダー』と似ていたので・・・
へぇ、そうなんだ。
最後のエピソードって、老夫婦の話だったっけ?
あのお話、私はとても好きだったのよね。
クリスティーのそのお話も読んでみようかな。。。

この作品はロバート・ネイサンという人の『ジェニーの肖像』のオマージュだっていうけれど、
その作品、naoさんは読んだことある?
私は作者すら知らないわ(^_^;)
by: そら * 2007/01/28 21:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、こんばんわっ♪
私も、舞台版『チョコレートコスモス』観たいな~と思いました。
もちろん主演は飛鳥と響子で。

>舞台の臨場感が、本を読んでいて分かるなんて、恩田さん凄いですよね。
『七番目の小夜子』を読んだときも感じたけれど、
恩田さんの文章って、臨場感があるよね。
だから余計にオーディション場面なんか、緊迫してたんだと思います。
うん、凄いな~と思います♪

TB、できてよかった♪
苗坊さんのがまたできなくなったらど~しようと思ってました(*^_^*)
by: そら * 2007/01/28 21:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは~。

>最後のエピソードって、老夫婦の話だったっけ?
>あのお話、私はとても好きだったのよね。
>クリスティーのそのお話も読んでみようかな。。。

そうです☆あの老夫婦のお話です。
『スリーピング・マーダー』は若夫婦が主人公なので、
印象が違うかもしれませんが、
ある部分がそっくりなので、良かったら読んでみてくださいな!

クリスティの他の作品で、ミス・マープル物だと、
イギリスの田舎が舞台で、庭いじりとお茶の時間を大切にする、
平凡な中流家庭の姿が活き活きと書かれていて、
そっちのほうがイメージは近いかしら??
私はその雰囲気が大好きです。

ちなみに恩田さんもこの『スリーピング・マーダー』
お気に入りのようです。

>この作品はロバート・ネイサンという人の『ジェニーの肖>像』のオマージュだっていうけれど、
>その作品、naoさんは読んだことある?

ないのです!アメリカの作家かな??
(と思って調べたら、やっぱりそうでした~)
何故かアメリカの作家はあまり読んだことがないのですよね~。
読んだことがあるのは、エラリー・クイーンと、テリー・ケイの『白い犬とワルツを』くらいかしら。。

恩田さんのような雰囲気なら、ロバート・ネイサンさんも、
ぜひ今度読んでみようと思いま~す。
by: nao * 2007/01/30 10:04 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんにちはっ♪
あぁ、あの作品に似ているお話なのね。
読んでみようかな~♪
naoさん、ありがと~\(^o^)/

ロバート・ネイサン…naoさんにも読んだことないものがあるんだぁ~と、まぁ当たり前のことなんだけど、思ったのでした。
もし読んでオススメだったら教えてね♪(あくまでも人頼り^^;)
by: そら * 2007/01/31 14:47 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/447-908863e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
チョコレートコスモス 恩田陸
チョコレートコスモスオススメ!―――神谷は脚本家である。いつものように、事務所でストーリーを考えていたのだが、ちっとも思い浮かんでこない。ふっとビルの窓越しに目を向けると、人の動作の真似をしている少女を見かけた。ただの真似ではなく、そっくりそのまま、.... 苗坊の読書日記【2007/01/27 23:35】
コスモス[植物辞典]
コスモス|-! bgcolor=&quot;lightgreen&quot;|和名|-|align=&quot;center&quot;|秋桜(アキザクラ)|}コスモス(''Cosmos'')は、キク科コスモス属の総称で、単に種としてのオオハルシャギク'' Cosmos bipinnatus'' Cav. を指す場合もある。秋桜とも言う。 植物辞典【2007/02/14 04:49】
チョコレートコスモス 恩田 陸
役者一家に生まれ育ち恵まれた環境で悩みながらもその才能を発揮する東響子。 類い稀な集中力と観察力を持ち、過去に見たものを完璧にトレースして見事な演出と演技をする素人の佐々木飛鳥。 この二人が演劇の先にある「何か」を見つけるまでの成長、葛藤の話。 この... クロルデンのおすすめ小説【2009/09/08 10:38】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。