スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「陰日向に咲く」劇団ひとり
2007 / 01 / 29 ( Mon ) 15:23:50
次女が学校の図書室から借りてきた本です。
1時間~2時間で読み終える小品です。
よい評判は以前から聞いていましたが、
確かにと思えるおもしろさがありました。
デビュー作としては上々の出来なのではないでしょうか。

★★★☆☆

「道草」「拝啓、僕のアイドル様」「ピンボケな私」「Over run」「鳴き砂を歩く犬」
の5編の短編からなる作品集。
同じ登場人物が違う作品にも顔を出し、全体で1つの大きな流れが感じられる作品です。

こういう構成、ほかの芸能人の方の初小説でも見かけました。
一人称で次々視点が変わっていく手法は、意外と小説初心者向けの構成なのかも。
次の作品で前の作品の主人公がちょい役で出てくる構成も、
伊坂さんのような洗練された意外性はなく、けっこう大味。

…と、割と冷めた目で読んでいたのですが。

女性の一人称で描かれる『ピンボケな私』では、朗読している劇団ひとりの声が聞こえてきて、
『Over run』では、私の頭の中で、なぜか中島みゆきが『狼になりたい』を歌い上げていました。
一生懸命だけど、かなりずれてる女の子。
背伸びして悪ぶっているけれど、ヘンなところ生真面目なギャンブラー。
見ているとおかしく、そしてちょっとホロッとしてしまう。
この2作、結構好き。

劇団ひとりってアラスカで幼少期を過ごしたのね。
どういう少年時代を送ったのかな…なんて、
今まで全然気にもとめていなかった作者本人に、
ちょっと興味が湧いたのでした。

【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記
読書感想文とブツブツバナシ
itchyの日記
じゅうのblog

スポンサーサイト
その他の作家 TB:4 CM:8 admin page top↑
<<「クローズド・ノート」雫井脩介 * HOME * 「チョコレートコスモス」恩田陸>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆こんにちは。◆

最近よくお邪魔させてもらっています、苗坊です^^
この作品は、最初は正直期待してなかったんです。
でも、驚きました。
好きですね、この作品。
何だか劇団ひとりの妄想の中の世界なのかなっていう気がしなくもなかったのですが^^;
面白かったです。
どの作品も繋がっているのが、やっぱり良いですね。
何度も読んでみようという気になります。
2作目を執筆中らしいですが、全然進んでないらしいですね^^;
何年後になるんでしょう。。。
by: 苗坊 * 2007/01/30 10:08 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆劇団ひとり◆

わー、劇団ひとりだ。。。

フィギィアスケートの村主さんとアラスカで幼馴染
だそうですよ。

それより、劇団ひとりだ。。。
何故興奮しているかって。。。
それはちょっとココでは言えません
by: 一陽 * 2007/01/30 23:34 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、こんにちはっ♪
>最近よくお邪魔させてもらっています、苗坊です^^
とってもうれしいよん♪ありがと~\(^o^)/

>何だか劇団ひとりの妄想の中の世界なのかなっていう気がしなくもなかったのですが^^;
アイドルの追っかけの話なんか、すご~く彼の世界でしたよね(^^;)
2作目を執筆中なのかぁ。
みんな、どれどれって読むだろうから、
ちょっとプレッシャーかもね。
まぁ、ゆっくり納得いくものを出してほしいな~なんて思います。

by: そら * 2007/01/31 14:51 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、こんにちはっ♪
え~~~~、何?何??
なんか気になるぞっとo(^▽^)o
by: そら * 2007/01/31 14:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは!

私はこの本未読ですが、
先日本屋大賞にノミネートされたことを聞いて、
俄然興味が湧いてきました。
(我ながら単純・・・)

まだ機会に恵まれませんが、読めたらご連絡しますね~。
by: nao * 2007/02/02 08:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんばんはっ♪
本屋大賞ですかぁ。すごいね~\(^o^)/

読んだら感想聞かせてねっ☆
by: そら * 2007/02/02 18:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆どうもー◆

普通にオモシロイですよね。
でも、なんか
狙ってる感じがでてるように感じた部分もあって、
ちょっと微妙だった印象もあります。

でも、次回作楽しみですね。
by: じゅん * 2008/08/28 18:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん,どうも~♪

うん,まぁ「普通におもしろかった」から,
世間の皆さん,びっくりした…ってところかしらね(*^_^*)

そろそろ劇団ひとりのエッセイ本の予約が回ってきそうなの。
何だかタイミングを外した感が強いけど(^^;),まぁ,ちょいと楽しみです♪
by: そら * 2008/08/29 11:58 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/448-bfeb556e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
陰日向に咲く 劇団ひとり
陰日向に咲くオススメ!「道草」夫婦仲は冷め切っていて、仕事は忙しい。「私」は仕事にプレッシャーを感じている時、いつもホームレスに憧れを抱いていた。そして、少し前までホームレスとして生活をしていた。そんな私を救ってくれたのは、ひとりの青年だった.... 苗坊の読書日記【2007/01/30 10:06】
「陰日向に咲く」劇団ひとり
「陰日向に咲く」劇団ひとり ホームレスサラリーマン、 マイナーアイドルファン、ギャンブル男、、 など、ちょっと日陰を歩く人達の物語たち。 道草/拝啓、僕のアイドル様 /ピンボケな私/Over run /鳴き砂を歩く犬 の5編の短編集。 ちょうど文庫... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2008/08/28 17:47】
劇団ひとり『陰日向に咲く』
陰日向に咲く幻冬舎このアイテムの詳細を見る 今回は、劇団ひとり『陰日向に咲く』を紹介します。劇団ひとりがネタ帳を基にして短編小説を書き上げた。初心者にしては表現が巧みだなと思いました。また、結構楽しめたようにも思います。Amazonのカスタマーレビューの評価... itchy1976の日記【2009/11/30 12:38】
『陰日向に咲く』 劇団ひとり
「劇団ひとり」の処女小説『陰日向に咲く』を読みました。 [陰日向に咲く] 一見無関係そうな5つの物語が微妙に繋がっている連作小説集です。 -----story------------- お笑い芸人「劇団ひとり」の処女小説。 ギャンブルで作った借金の末にオレオレ詐欺を働く駅員。 男を... じゅうのblog【2010/03/11 23:12】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。