FC2ブログ
冬の厄災??は私のもとに('◇')ゞ
2007 / 03 / 01 ( Thu ) 18:00:05
息子がインフルエンザに罹ったことで、
長女や夫に移ることを心配していた私。
あっさり自分が罹ってしまいましたぁ
「お祈りしたら移らなかったよ!」とは長女の弁。
う~ん。そうか~。ここは神頼みだったのかぁ。

息子と一緒に大人しく寝ていること3日間。
熱も平熱になり、もう復活♪
さすがタミフル。
まぁ、せっかくだから、もうちょっとダラダラしてよ☆と思って、今日も家事放棄中。
いや~、よい休暇です
今、世間で何かと悪しき印象を喧伝されているタミフルですが、これね、飲んでみると効き目がよく分かります。
何て言ったって、今までの抗生物質みたいにだるさが残らない。
本当にスーッとよくなる感じがあるんです。
副作用、起こさないようにはできないんでしょうかねぇ。
だれもが安心して飲めるようになればいいのになぁと思いました。
スポンサーサイト



日々のつれづれ TB:0 CM:6 admin page top↑
<<「鷲の驕り」服部真澄 * HOME * 冬の厄災?!>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

あらら。そらちゃんがうつってしまったのね。
タミフルは確かに効きます。
副作用なのか痛ましい事故がおきましたよね。

ところで『愛の妖精』(ジョルジュサンド)
いやもうめちゃくちゃ面白かったです。
古い本ですがやっぱり名作はすごいと思いました。
次はミュッセを読む予定です。
by: 一陽 * 2007/03/04 06:58 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

やっちゃったんだ!
窓を閉めてかぎかけて薬飲んでね。
予後をお大事に。
by: saheizi-inokori * 2007/03/04 19:31 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんは。
ご無沙汰しています。

インフルエンザ、治りがけにムリをすると、あとが大変なので、ゆっくり養生して下さい。

我が家の下の娘(小学校4年生)も、インフルエンザにかかり、タミフルを処方してもらいました。
何事もありませんでしたが、副作用の報道を読むと、ちょっぴり怖くなります。

ところで、「冬の災厄」というのは、篠田節子さんの『夏の災厄』を踏まえたものなのかな?
by: touch3442 * 2007/03/04 21:23 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、こんばんはっ♪
はいはい、うつってしまいましたぁ(^_^;)

『愛の妖精』…ど~でもいいけど、すごいタイトルだね。
なんか松坂慶子が出てきそう(古っ!)
古典かぁ。何も分からなかった中高生のときよりも、少しは分かるようになったんじゃないかなぁとも思うけど、なかなか手が出ないv-356
by: そら * 2007/03/05 18:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梟さん、こんばんはっ♪
あはは!やっちゃったよぉ~(*^_^*)
鍵かける前に治っちゃった。
今はすごく元気♪
明日から韓国に行ってきます。もちろんお子ちゃまはお留守番♪
きゃ~、今から楽しみなのよん\(^o^)/
by: そら * 2007/03/05 18:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

touch3442さん、こんばんはっ♪
心のこもったお見舞いコメント、ありがとです(*^_^*)
もうすっかり元気です。
明日から旅行に行くので、頑張って(?)しっかり養生しましたぁ\(^o^)/

お嬢さんもインフルエンザだったのね。
もう復活したのかな?
子供は熱が下がるとすぐに動き回るから、なかなかすっきり治りませんよね。
(うちの息子だけか…v-355
お大事に。
touch3442さんも、ご自愛ください。(大黒柱が倒れると大変だものね ^^)

>ところで、「冬の災厄」というのは、篠田節子さんの『夏の災厄』を踏まえたものなのかな?

あはは!ばれた?v-8まだ読んでないんだけどね。
by: そら * 2007/03/05 18:41 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/466-00473bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *