スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「鷲の驕り」服部真澄
2007 / 03 / 06 ( Tue ) 07:55:43
発明家と顧問弁護士、ハッカーとマフィア、ダイヤモンドシンジケート総帥と米国大企業CEO、通産省役人とコンピューターセキュリティー専門家、さらにはCIAと国防長官、副大統領のそれぞれの思惑に基づいた行動を、カットシーンの多い映画のように描きます。それが絡み合い、もつれ合い、次第に収束していく先にあるものは…。

★★★☆☆

物語終盤にさしかかるまで、主人公がだれなのか、分からない状態。だれもが同じ重みを持って描かれます。
この描き方、結構高等技術が必要なのでしょうね。
人物の描き分けがきちんとできなくては、物語が浮かび上がってこない。
ですが、読者はすべてを俯瞰することができる位置にあり、成功すれば、これはこれなりのおもしろさがあります。
この作品は…う~ん。途中まで何だかやけにもたついていたような。。。いや、それは作品が悪いのではなく、私が外国人名に慣れなかったせいなのか。。。

物語終盤は、えっ!という驚きのどんでん返しあり、スカッと胸のすく着地点あり、これぞエンターティメントといった趣でした。
最初からこんな感じだったらよかったのに…と思ったりして。

次作『ディール・メイカー』はどんな感じでしょう。
楽しみです。
スポンサーサイト
服部真澄 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<韓国♪ * HOME * 冬の厄災??は私のもとに('◇')ゞ>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんは。
まだ韓国かな?

そらさんの評価はまずまずといったところですかね。
私はかなり良い点を付けました。

 序盤:◎
 中盤:△
 終盤:○→◎

終盤、そしてラストは見事でした。
ここは、そらさんの評価と一致しているいたいですね。

シャープがモデルと思われる「インフォグラス」を採り上げたり、服部さんの時代先取り感は凄いと思いました。

「ディール・メイカー」は迫力・緊迫感・ダイナミックさといった点で他の諸作よりやや劣るかな・・・。
ただ、これはあくまでも私個人の感想ですし、色々と面白い部分も多かったので、気にしないでください。
by: ひろ009 * 2007/03/08 20:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ひろさん、こんにちはっ♪
>終盤、そしてラストは見事でした。
うんうん、本当に。
ひろさんは、序盤も結構いい感じだったんだ。なるほど(*^_^*)

シャープとか、特許とか、時代の先取り感は確かにすごいね。

『ディール・メーカー』…ふむふむ。そうか。図書館で借りられたら読むことにしよう♪v-8
by: そら * 2007/03/11 16:52 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/467-b267c46f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。