スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「楽園のつくりかた」笹生陽子
2007 / 03 / 25 ( Sun ) 13:10:24
薄くて軽く読める作品です。
Amazonを見ると、大絶賛されてます。

★★☆☆☆

エリート中学生の優は、突如ド田舎の学校に転校することになった。一杯勉強して、東大に入り、有名企業に就職する、という将来プランがぐちゃぐちゃだ。しかも、同級生はたったの3人。1.バカ丸出しのサル男。2.いつもマスクの根暗女。3.アイドル並みの美少女(?)。嗚呼、ここは地獄か、楽園か?これぞ直球ど真ん中青春小説!(Amazonより)



主人公・優がヤなヤツで、どうも作品に入り込めませんでした。
まぁ、主人公は中学生。まだまだ成長過程にある少年だから、こんな子がいてもおかしくはない…というか、こういうタイプの子ってどこかにいそうな気もします。
そう、こういう子って、ヤな脇役としてよく登場しますよね。
そんな子を主人公に据えたことが、この作品の魅力なんだろうな、とは思います。
とは思うけど、やっぱりあんまり好きじゃない(苦笑)
この子、大人になってこの頃のことを思い出したら、あまりに周りが見えてなかったことに対して叫び出したいほど恥ずかしい気持ちになるんじゃないかなぁ。。。
そんな痛さを感じました。

物語終盤で明かされる現実に、ちょっとびっくりしました。
こうきたかぁという感じ。
優はきっと、これがスタートなんだろうなと思います。
やっとこれから、いろんなことを吸収できるようになったのでは。
いい仲間にも恵まれているし、頑張れよと思ったのでした。
スポンサーサイト
その他の作家 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<「ジェニーの肖像」ロバート・ネイサン * HOME * 卒業式>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

ご無沙汰しています。
随分前に読んだ本を見つけたので、TBさせていただきました。
優は本当にイヤな、可愛げのない子どもですね。
とは言いながら、彼の事情を知ると、ちょっと気の毒になります。
その他の子どもたちも含めて、子どもには子どもの、大人にはうかがい知れない心の傷があるんだと読み終えて思いました。
by: touch3442 * 2007/04/08 11:31 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

touch3442さん、こんばんはっ♪
コメント、ありがと~ございました\(^o^)/

優はね、私の昔の姿とちょっとかぶってしまって、
何だか胸に痛かったのでした。
…私はここまであからさまに他人を蹴落とそうという気持ちはなかったぞとか、まぁ細かいところは違うんだけど。大人になって中学生の頃のことを思い出すと、すごく逃げ出したくなります(^_^;)
だから余計に、見ていられなかったのかもしれないね。

>その他の子どもたちも含めて、子どもには子どもの、大人にはうかがい知れない心の傷があるんだ

そうなんだよね。だけど、「心の傷」がない子のほうが少ないんじゃないかと思う今日この頃。。。
それでも、それぞれが幸せに生きてほしいと願ってしまいます。
by: そら * 2007/04/08 22:26 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/480-24501723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。