スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ジェニーの肖像」ロバート・ネイサン
2007 / 03 / 25 ( Sun ) 14:42:26
偕成社文庫。山室静訳。1977年出版。
すご~く懐かしい匂いがしました。
この言葉遣いの古めかしさ。
『秘密の花園』『若草物語』『小公子』etc.etc...私が夢中で読んでいた、あの作品たちと同じ薫りがします。

★★★★☆

1938年、冬のニューヨーク。貧しい青年画家イーベンは、夕暮れの公園で、一人の少女に出会った。数日後に再会したとき、彼女ジェニーはなぜか、数年を経たかのように成長していた。そして、イーベンとジェニーの時を超えた恋が始まる(Amazonより)



冬、霧に煙る街。…もうここから、異国情緒あふれる世界です。
私の今いる現実世界から、すっかりきっぱり離れます。

時空を越えて…というと、壮大なSF小説のようでちょっと言葉が違うのだけれども、時間も空間も、確かに違う世界に連れていかれるこの感じ。
あぁ、私は好きだな~。

そしてその中で息づいているイーベンとジェニーの慎ましやかで一途な情愛が、切なく胸に迫ります。
ジェニーは不思議な少女です。
イーベンの住んでいる時間とは別の時間に住んでいます。
それでも2人はお互いを求め合っている。。。なんか書いていて気恥ずかしいな。。。けれども読んでいて、こそばゆさや気恥ずかしさがなかったのは、そして胸が締め付けられるような心地がしたのは、物語の雰囲気そのものの持つ力だと思います。

「時間」というものは人間にとってとても残酷なものなのだと思いました。


というのは、恩田陸さんのこの作品に対する感想ですが、私は、残酷というより哀切を感じたのでした。
そしてラスト。。。息苦しさを感じながらも多くの余韻を残して、夢から醒めたような気分で本を閉じたのでした。

この作品、今では大友香奈子さんという方の訳のほうが一般的なようです。
難解な言い回しが少なくなって、ジェニーももうちょっと現代的な言葉遣いをしていることだろうと思います。(「○○でなくてよ」なんて言ってないだろうなぁ。)
けれども私は、この古めかしい翻訳で読めたことが、とても幸せに思えたのでした。

【こちらの記事も♪】
ひろの東本西走!?
スポンサーサイト
ロバート・ネイサン TB:1 CM:7 admin page top↑
<<むかむかむか * HOME * 「楽園のつくりかた」笹生陽子>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

そらさん、こんにちは!

私の住む地域は、雪こそ消えたものの、菜の花はまだまだのようです。

『ジェニーの肖像』、俄然読みたくなってきました。
大人になってからも、児童文学の世界はイイですよね~。
そらさんのレビューをみて、
なんとなく萩尾望都さんの吸血鬼のマンガを思い出しました(タイトルは忘れてしまった・・・)

私も古めかしい翻訳で読んでみたい!
探してみますね~。
by: nao * 2007/03/26 17:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、おはよっ♪
naoさんのところは、春が一斉にやってくるのかしらん(*^_^*)
もうすぐですね~♪

>大人になってからも、児童文学の世界はイイですよね~。
うんうん。児童文学はちょくちょく読んではいたけれど、
これほど懐かしい薫りのするものは、ホント久しぶりだった。よかったよぉ~\(^o^)/

>萩尾望都さんの吸血鬼のマンガ
って、『ポーの一族』???
私は読んでないのよね~(>_<)
雰囲気、似てるのかなぁ。ど~だろう???
もしnaoさんが読まれたら、
その辺の感想も教えてねっ☆
by: そら * 2007/03/27 09:29 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

>って、『ポーの一族』???

そうだ、そうだ!『ポーの一族』でした!!
私も昔、人に借りて読んだっきりなのですが、似ているような気がします。
『ジェニーの肖像』読んだらご報告しますね~
by: nao * 2007/03/30 08:27 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆読んだよー◆

まだ感想をアップしていませんが、私も「ジェニーの肖像」読みました。私が読んだのはハヤカワ文庫版。

他の本を読んでいる最中にさっと読んだので、ちょっと印象が散漫になったのが残念でしたが、イーベンに追いつこうとした(?)ジェニーの成長が哀しく痛々しくもありました。
by: ひろ009 * 2007/04/16 22:23 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ひろさん、おはよっ♪
ひろさんのコメントがここにつくとは思わなかった~o(^▽^)o
(失礼!)

ハヤカワ文庫だったら、大友香奈子さんの訳なのかな?
同じ作品でも、訳者によって雰囲気が変わることもあるけれど、
>ジェニーの成長が哀しく痛々しくもありました。
ってところは、私も同じように感じました。
「哀切」…ってヤツでしたね~(*^_^*)
by: そら * 2007/04/17 09:02 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆むむっ?◆

そんなに意外でしたかねー。

私、タイムトラベルもの、タイムスリップものとか時空を超えたラブロマンスなどは結構好きですよー。

グリムウッドの「リプレイ」、ハインラインの「夏への扉」、フィニィの「ふりだしに戻る」「時の旅人」「ゲイルズバーグの春を愛す」、広瀬正「マイナス・ゼロ」、北村薫の「スキップ」「ターン」「リセット」、東野圭吾の「秘密」、梶尾真治の「クロノスジョウンターの伝説」「つばき時跳び」「未来の思い出」とかね。

しかし、宮部みゆきさんの「蒲生邸事件」は全然記憶&印象に残っていないのです。
by: ひろ009 * 2007/04/17 22:04 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ひろさん、こんにちはっ♪

意外、意外♪
この作品、私の中では「赤毛のアン」とか「秘密の花園」と同じ括りに入るのよ。
ちょい古めの少女文学(?)って感じ。
だから、『秘密の花園』より『トム・ソーヤ』って感じのひろさんが???と思ったのでしたv-8

だけどそうだね~。SFって思うと、
そんなに意外な選択でもないのか。にゃるほど(*^_^*)

挙げていただいた作品の中で、私が読んだことあるのは北村薫と東野圭吾だなぁ。
ジャック・フィニー、いつかは読んでみたいと思ってます。

タイムスリップもの、結構いろいろあるよね。
すぐに思い出すのは、『時をかける少女』」かな。
あと、私が勝手に命名した「情けないお父さんシリーズ」の『流星ワゴン』(重松清)と『トキオ』(東野圭吾)とか。
ほかにも何だか読んでるような気がします。

でも、時空を超えたラブロマンスものは、あんまり思い浮かばないな~。
『君の名残を』(浅倉卓弥)と、『ジェニー…』の影響を受けたといわれる『ライオンハート』(恩田陸)ぐらい。
ま、恋愛小説自体、読んだ本の数が少ないんだけど(^^;)

『蒲生邸事件』ねっ。………忘れましょ~v-8
by: そら * 2007/04/18 15:56 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/481-2760a13c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ジェニーの肖像(ロバート・ネイサン)
ジェニーの肖像(ハヤカワ文庫)★★★★’:75点 ※表紙の画像は創元文庫版のもの 【注意:以下、ネタバレあり】 NowReadingの他の本「鳥類学者のファンタジア」(奥泉光)を読んでいる最中にさっ ひろの東本西走!?【2007/04/16 23:58】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。