スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「熱氷」五條瑛
2007 / 04 / 02 ( Mon ) 10:26:08
初・五條瑛作品です。
おもしろかった!五條さん、いい!です。

★★★★☆

姉弟として育てられた朱音の突然の訃報を、氷山ハンター石沢恒星はカナダ沖の氷山採取船で聞く。帰国後、朱音の遺児・光晴と心を通わせるが、光晴は誘拐されてしまう。「俺は人は撃たない。撃つのは氷だけだ」という石沢に、総理を狙うテロリストは、解放の条件として“仕事”を課した。息詰まる3日間の攻防。(Amazonより)



伯父・伯母に当たる両親と義姉、朱音に慈しみ育てられた石澤恒星。
朱音の忘れ形見、光晴。
朱音の元婚約者、荻原と姉の結婚相手佐々木。
恒星の仕事仲間、滑川純。
純の仲間、マヤ、飛麗。
飛麗を愛した元警察官、鎌倉。
そして、武器屋の双子の兄妹、スワローとグース。
菅原家側(?)の尾道、赤柳、野村。

多くの人物が登場し、互いに絡み合います。が、混乱することなくスムーズに読めます。今、こうして名前を書き出してみただけで、一人ひとりの顔が思い浮かぶような気さえします。

純とマヤ、朱音を巡る男たちにはもちろんのこと、
スワローとグース、
鎌倉、野村。
脇役であるはずの人たちにも生き生きとした物語がそこにあり、人物に豊かな色彩をつけています。

主人公、恒星。いいですね。
家族を思うまっすぐな気持ちも、それに基づく単純明快な行動も、私は好き。
そんな恒星にならしめたのが、朱音や両親の愛だったんだよね。
「家族愛の連鎖」を強く感じた作品でした。
そして、そういう「正の感情」が流れているからこそ、この作品に清々しさを感じるのだと思ったのでした。

物語の構成も、また秀逸でした。
「テロリストの系譜」がなるほどね~なのでした。
実はかなりドキドキハラハラしていた私。不覚にも涙が出そうになったのでした。
犯人もあぁそうか…でしたし、
ラストの狙撃も、なるほど~でした。

五條さんの作品、次は何を読もうかな。

【こちらの記事も】
☆GREEN HEART☆
徒然な日記(20%増量中)
新・たこの感想文


スポンサーサイト
五條瑛 TB:2 CM:10 admin page top↑
<<今週の図書館本 * HOME * 部活引退>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆お久しぶりです◆

私も大分前ですが読みました。
今でもそう・・・一人一人の印象が残っています。
氷山ハンターという珍しい職業や恒星と朱音の関係・・・
面白かったです。
暫らく五條作品を読んでいないので読みたくなりました。
by: パステル * 2007/04/02 22:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

パステルさん、こんにちはっ♪
コメント、ありがと~\(^o^)/
>今でもそう・・・一人一人の印象が残っています。
やっぱり?私も、長く印象に残りそうな気がしてます。
五條さんの作品、ほかにも読んでいらっしゃるのね。
もしオススメなんかがあったら、また今度、教えてくださいね♪
by: そら * 2007/04/03 15:59 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆わー!◆

こんにちは、お邪魔します
熱氷・・!
私、熱氷と言いますか、五條瑛さん大好きーなので、感想拝見できてすごいうれしいです・・!
しかも評価もとても高く・・!
人数が多くて、ごちゃごちゃするかと思いきや、
脇役さんたちのサイドストーリーがどんどん気になってしまいました。
あと、「テロリストの系譜」も、同感です!わかった時は、私も「おおおなるほど~そうだったのか!」となりました。長い作品が多いですが、是非他の五條作品も・・!面白いですよ・・!と宣伝してみます(笑)
それでは
by: ことは * 2007/04/04 17:39 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ことはさん、こんにちはっ♪

>私、熱氷と言いますか、五條瑛さん大好きーなので
わ~い♪コメント、ありがと~\(^o^)/
今回、五條さんの作品を初めて読んだけど、いいな~と俄然注目の作家さんになりました。
私も好きになりそうです(*^_^*)

「テロリストの系譜」…>わかった時は、私も「おおおなるほど~そうだったのか!」となりました

だよね、だよね♪
脇役さんたちのサイドストーリーも、もっと知りたいな~なんて思いました。(特にスワローとグース^^)

>是非他の五條作品も・・!
ことはさんは何がオススメ?
作品数が多いし、シリーズ物もたくさんあるみたいなので、何がいいかな~と迷っています(*^_^*)
いろいろ教えてくださいねっ☆
by: そら * 2007/04/04 17:51 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆TBありがとうございました◆

「テロリストの系譜」は上手い構成でしたね。
これのせいでいろいろと考えてしまったのですが、最後に納得です。

そらさんが読まれたのはハードカバー版ということなので、機会があったらぜひ文庫書下ろしの「凪」も読まれることをお勧めします。
分量的にはそれほど多くないので、立ち読みも可だと思いますので(^^
by: ろっく * 2007/04/04 21:16 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ろっくさん、こんにちはっ♪
>文庫書下ろしの「凪」も読まれることをお勧めします。
うんうん。ろっくさんのところにお邪魔して、立ち読みする気満々でしたv-8
ありがとです。
by: そら * 2007/04/05 16:39 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆熱氷◆

うーーん、申し訳ないが五條作品をほぼ制覇してきたファンとしては、この作品はややランクが低いのですが。
「それでもこのおもしろさ!」という、反語的ひねくれた褒め方ですいません。
スパイ小説家を自称し、ペイパーバックライターでよしとする五條氏の矜持は、どの作品にも密かな自信として満ち溢れています。あまり売れて欲しくないが、もっとみんなに知って欲しい作家です。
おかしなコメント、申し訳ない!
by: チョロ * 2007/04/07 17:14 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

チョロさん、こんばんはっ♪
おひさしぶりです\(^o^)/

五條さんの作品、ホントはこれよりおもしろいのね♪
これから読んでいくのが楽しみです。
教えていただいて、ありがと~\(^o^)/

また、気が向いたら遊びに来てくださいね~。
お待ちしてます(*^_^*)
by: そら * 2007/04/08 22:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは~。
なんか、鉱物シリーズ、革命シリーズなんていうような作品を読んだあとで、これを読むと、「普通にハードボイルドしてる!!」っていうのがまず出てしまいました(笑)
本当、恒星だけでなく、スワロー&グース、滑川など、それぞれが生き生きとしていたな、というのを感じます。
チョロさんの仰るように、五條さんの作品としてベストではないと思いますし、他の作品と比べてスケール感は少し小さいかな? とも思ったのですが、しっかりとまとまっていて、完成度は高い作品になっている、と感じました。
by: たこやき * 2009/05/12 09:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん,こんにちはっ♪

> なんか、鉱物シリーズ、革命シリーズなんていうような作品を読んだあとで、これを読むと、「普通にハードボイルドしてる!!」っていうのがまず出てしまいました(笑)

なるほど~。
私は,この作品が最初だったので,とーっても楽しく読みました。
読む順番で,作品の印象も違ってくるよね(*^_^*)

> チョロさんの仰るように、五條さんの作品としてベストではないと思いますし、他の作品と比べてスケール感は少し小さいかな? とも思ったのですが、しっかりとまとまっていて、完成度は高い作品になっている、と感じました。

ふむふむ。やっぱり「革命シリーズ」「鉱物シリーズ」を読んでしまうと,
シビアな感想になるんだね。
2シリーズが,それだけ図抜けてるってことなんだろうね~。うん。
最近,私も五條さんの作品が今イチ物足りなく思うのは,
もしかしたら順番のせいなのかな…なんて今頃気づいたのでした(*^_^*)
by: そら * 2009/05/12 17:48 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/484-64c2b864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「熱氷 五條瑛」読了のこと
以前から気になっていた五條瑛の作品を読んでみました。 いやぁ、面白かったです。 徒然な日記(20%増量中)【2007/04/04 21:06】
(書評)熱氷
著者:五條瑛 熱氷 (講談社文庫)(2005/08/12)五條 瑛商品詳細を見る カナダの地で氷山ハンターをする石澤恒星の元に届いたのは、姉弟同然に育... 新・たこの感想文【2009/05/12 09:46】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。