スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「魔王」伊坂幸太郎
2007 / 04 / 05 ( Thu ) 16:36:12
ファシズムや憲法改正がテーマではないという伊坂さんのあとがきが一人歩きしている感のあった作品です。
なので主義主張の強い作品なのかと思っていましたが、それほどでもありませんでした。
それがかえって、私には読みやすかったし、おもしろかったです。

★★★★☆

安藤兄弟の仲の良さがほほえましいです。
まずこれが一番。
『重力ピエロ』の泉水と春を思い起こします。
この兄弟と弟・潤也の恋人の詩織ちゃんを加えた3人の会話が、どこかちょっとずれていて、ユーモラスで、独特の雰囲気があって好きです。

『魔王』
兄の、大きな流れの中で立ち止まって考えてしまうその性格や、考えたあげくに授かった能力を十二分に発揮できない中途半端も、とても共感できるものがあります。
みんなが同じ方向を向いてるときに感じる恐い「思い」とか、
それは歴史に逆行するのではという「印象」とか、
私も持つことはあるけれど、
それは、あくまで感覚であり、印象であり。
そのどこが悪いんだと理論武装で対抗されても困るんだよね。
そんな感じ。

じゃあ君に世の中を変えられる(かもしれない)力をあげよう。だから世の中を違う方向に変えてみろ…と言われても。
何ら思想体系を持たない、よるべき所が自分の感覚というフワフワしたものであるがために、
やっぱり私も、安藤のように何をしていいのか分からなくなるんだろうな。
(蛇足ですが、安藤の授かった能力の描写がすごくおもしろかったです。なんかバカバカしいんだけど、ちょっと試してみたいな~なんて。)

戦争しているイラクに行くなんて、その先何が起こっても自己責任だよって、そんな空気に埋め尽くされていた頃。
それは違うんじゃない?と言えない空気が、
その頃あったと思います。
「何だかそれってさ、イラクでボランティアしてる人がヒーローになったらイロイロめんどうだっていう政府の意向をもろに反映してないか?」…なんて言えなかったよなぁ。
思わぬところから噛みつかれそうな気もしたし、何より空気に向かって何をどうすればいいのか分からなかったし。
そんな思いを持ってる私は、
めくれているスカートを直してあげる人になりたいと、
声高らかに言うだけの自信はありません。
もし安藤がその場にいたら、何をしたかなぁなんて思います。

『呼吸』
兄ちゃんとは反対に、直観に生きる弟・潤也。

「まだまだ大丈夫と思っているうちに、少しずつ少しずつ変わっていく」(うろ覚え)という赤川次郎の言葉を思い出しました。

作品を通じて、コツンとくるせりふが多々ありました。
だから伊坂さんの作品はやめられなくなるんだよなぁ。
相手を言い負かして幸せになるのは、自分だけ
まぁ、書き出してしまうと何ということのないせりふだけど。
一番、そうだよな~なんて思いました。

【こちらの記事も】
苗坊の読書日記
読書感想文とブツブツバナシ
粋な提案
スポンサーサイト
伊坂幸太郎 TB:3 CM:14 admin page top↑
<<「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ * HOME * 2月、3月に読んだ本と読まなかった本>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんわ^^
TBさせていただきました。
何だかとっても難しい作品だなぁとは思いましたが。
良かったですね~。伊坂さんらしい作品でした。
やっぱり兄弟が良いですよね。
私も「重力ピエロ」を思い浮かべました。
by: 苗坊 * 2007/04/05 20:36 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは!

良かった、『魔王』は結構気に入っている作品なので、
そらさんの評価見て嬉しかったです。

この手のメッセージを毎回訴えてきたら
多分ちょっと敬遠してしまうのですが、
伊坂さんらしい熱のない書き方で、
コミカルな作品に混ざってたまに読むにはイイよなぁ、と思います。

「逆よりマシじゃないか、遅く結婚して・・・」のセリフ、気に入っています。
by: nao * 2007/04/06 15:22 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、こんにちはっ♪
>私も「重力ピエロ」を思い浮かべました。
あ~、やっぱり?(笑)
読む側である私もああいう兄弟関係を微笑ましく思うけれど、伊坂さんにも憧れがあるのかな~なんて思いました。

>何だかとっても難しい作品だなぁとは思いましたが。
この作品、私はもっと身構えて読んだので、
意外と小難しくないという印象がありました。
期待してなかったのがよかったみたいv-8
by: そら * 2007/04/06 16:46 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんにちはっ♪

>伊坂さんらしい熱のない書き方で
あはは!そうでしたね~o(^▽^)o
そういう外した感じが好きでした。

>「逆よりマシじゃないか、遅く結婚して・・・」
あったね~♪
くすっと笑える場面だった。
あと、「ごきげんよう、おひさしぶり」だの「せせらぎ」だのという場面とか、
「ウーパールーパー」とか、
妙におかしかったです。
by: そら * 2007/04/06 16:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どうもー

もう、だいぶ前に読んだのであまり印象に残ってないです。
そういう感じな話だった気もします(笑)

自己責任。そんな話ありましたねー
ヒーローうんぬんとは思ってませんでした。
文字どうり自己責任。
自ら危険を犯した代価は自らで払え。と。
by: じゅん * 2007/04/17 16:16 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、どうも~♪

あんまり印象に残ってないのね(*^_^*)
まぁ、ガツンと思いっきりびっくりするようなこと、
あんまり言ってなかったかなぁ。。。

自己責任のお話は、話の内容より、み~んながみんな同じことを言ってることが、ちょっと恐かったのでした。
1つのことには賛否両論、どちらも聞こえてきてもいいはずなのに、何でこんなに一色なんだ???と、ひねくれ者の私は思ったのでした…というお話です(*^_^*)
by: そら * 2007/04/17 16:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは。
ごぶさたしちゃいました…。
この記事4月5日だったのですね(汗)。
記事のアップやトラブルに追われてました。

自分で考え、行動する事を提起するような作品でしたね。
安藤と弟の潤也くん、そして詩織ちゃんの信頼関係が心に残っています。

リンクリストへの登録、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いいたします。
トラバさせていただきました。
by: 藍色 * 2007/04/29 16:37 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん、こんばんはっ♪
ホントだ。結構似た時期に読んでいたんですね\(^o^)/
藍色さんの記事、確かに読んだことあったわ~。
こちらのほうが(汗)なのです(*^_^*)

>安藤と弟の潤也くん、そして詩織ちゃんの信頼関係が心に残っています。

ですね~。あれだけ手放しで信頼できるって、ステキだなぁと思いました。

TBありがと~♪でした\(^o^)/
by: そら * 2007/04/29 21:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは。
記事、以前に読んでいただいてたのですね。
やっぱりひんぱんに顔を出さないと、ですね(汗)。
黙っているのがネチケットかもと思いましたが、
昨日サイトが込み合っていたせいか、
トラバが反映されていませんでした。
お手数ですが、再トラバいただけるとうれしいです。
ひと手間減らすために、トラバURL持参しました。
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/36-457b7987
by: 藍色 * 2007/04/30 02:13 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん、こんにちはっ♪
>やっぱりひんぱんに顔を出さないと、ですね(汗)。
いえいえ、気が向いたときにフラ~っと遊びに来てくださいな。
お互い気軽に、長~いおつき合いができたらうれしいなっと思います♪

TB、教えてくださってありがとです\(^o^)/
しかもお土産つき♪
お気遣い、ありがと~\(^o^)/
こういうのって、言わないのがネチケットなの?
私はボケーっとしてるから、言ってくださった方がうれしいかな。

イロイロと、ありがとでした\(^o^)/
by: そら * 2007/05/01 11:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

]でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば世界は変わる[色:003399]色付きの文字
いつも読んだ後に忘れられない台詞がありますよねー
読んでない作品をひとつずつ読んでみようと思います。(ゆっくりでいいんだ^^^潤也)
by: もうきんるいマン * 2008/10/17 23:40 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

もうきんるいマンさん,初めまして♪(だよね???)

>いつも読んだ後に忘れられない台詞がありますよねー

そうなんだよねー\(^o^)/
コツンと響くセリフって,素敵だなぁと思います。

>読んでない作品をひとつずつ読んでみようと思います。

うんうん♪
ゆっくり味わいながら読んでくださいねっ☆

また,遊びに来てください。
お待ちしてますよ~(^o^)/
by: そら * 2008/10/18 21:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

いよいよ解散ってタイミングで読んだので少し変な感情移入。
ムードってこわい。

こわいって思うんだけど、あらがうことには不安が。

本を読みながら、何とかしてくれぇ
と思ったけど、答えは自分で考えろ、マクガイバーってことで。
by: しぐ * 2009/07/19 19:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

しぐさん,こんばんはっ♪

なかなかなタイミングで読まれたようで(*^_^*)

>答えは自分で考えろ、マクガイバー

なかなかこれが難しいんだよ,マクガイバー♪

だって,期待できる政治家がいないんだもの(^^;)
by: そら * 2009/07/23 23:59 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/485-83c27a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
魔王 伊坂幸太郎
魔王事故で両親を亡くし、弟の潤也と2人暮らしをしている安藤。電車の中で老人が、自分が思ったとおりの言葉を発した時から、自分にある能力について気付き始める。同時期に、犬養という政治家が人々を釘付けにした。いつもの政治家とは一味違う。政治家にとって不.... 苗坊の読書日記【2007/04/05 20:35】
魔王
「魔王」伊坂幸太郎ある日、他人に思い通りのことを喋らすことができる特殊能力が自分に備わってることに気づいた安藤は、強力な吸引力を持った政治家に危機を感じ、その能力で対決しようとする(魔王)安藤の弟は、自分に1/10の確率の賭けなら絶対負... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2007/04/17 16:17】
魔王、伊坂幸太郎
装幀は松田行正。小説現代特別編集「エソラ」2004年12月・第一号、2005年7月・第二号掲載。表題作と「呼吸」からなる連作中編集。表題作魔王:パソコンシステム会社の管理部門に所属する主人公で語り手の俺:安藤は、 粋な提案【2007/04/29 16:30】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。