スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「B型陳情団」奥田英朗
2007 / 04 / 25 ( Wed ) 17:09:49
軽いものが読みたくなって、手に取ってみました。
大正解!
おもしろくて、すごくヘン。
だけど、うんうんと頷けるところ、てんこ盛り。

★★★☆☆

B型陳情団は、毒々しいユーモアを好み、
常に疑いのナマコで世間をながめ、
フキンシンな主張をだれはばかることなく唱え、
四面楚歌をものともせず、
アホをアホと言い切る、
手前勝手に満ちた同志で結成される。
団長は、私、奥田英朗だ。
ただし、目下の所団員はゼロである…。(表紙の見返し部分より)




思いっきり人様をコケにしたら、
その矛先を自分に向けるバランス感覚。

つまらないことを考察して、
どんどん発想が飛躍していくトンデモなさ。

言葉に対する小さな違和感を大事に扱うその感性。

人を自分より下にも見ないし、上にも見ない、
フラットなスタンス。

小心者で、大胆で、
優しいんだけど優しいと言われることが面映ゆくて仕方なくて、
ちょっと悪ぶってみたくなる。

そんな奥田さんが満載です。

出版が1990年と古いので、
時事ネタが古いのが玉にキズ。
だけど、若かりし頃の奥田さんが、ここにいます。

どこか地に足がついてなくて、
どこか荒削り。

それでもぐいぐいと惹きつけられるエネルギー溢れる文章に、
奥田さんの原型を見せられたような気がしました。

何だか元気の出る本でした。

裏表紙の見返しに、作者紹介が載っています。

1959年10月23日岐阜市生まれ。血液型B型。
雑誌編集の丁稚奉公を経て、21歳のとき、
ひょんなことから、広告代理店に入社、コピーライターとなる。
現在はフリーランスで、広告から雑誌、プランニングなど、
文字に関するあらゆる仕事をこなす、〈真実の雑文家〉。
ホットドッグプレス、モノマガジンに連載エッセーを書く。



奥田さん、出世したね
スポンサーサイト
奥田英朗 TB:0 CM:6 admin page top↑
<<ランチ2連発\(^o^)/ * HOME * 極意>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆面白そう・・・◆

読んでみたいけど、本屋の棚には置いてなさそうな気が。
どこで見つけました?
by: hoy. * 2007/04/26 00:08 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

hoy.さん、こんにちはっ♪

>本屋の棚には置いてなさそうな気が。

ですね~。多分、置いてないような。
これ、図書館から借りてきた本です。
それも地下書庫から持ってきてもらったもので、
開架式書庫には置いてありませんでした。

この本、絶版みたいですね~。。。
hoy.さんが、どこかでこの本と出会えますように!

by: そら * 2007/04/26 17:12 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆ありがとう◆

やっぱり。
図書館で検索してみますね!
by: hoy. * 2007/04/29 00:05 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

hoy.さん、見つかるといいねぇ。

うちの近所の図書館のように、ショボイ図書館のほうが置いてありそう…ってところが、何ともいやはやv-355な本ですが(*^_^*)
by: そら * 2007/04/29 21:21 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

今おいくらくらいなんだと、検索したら。
出てこない!(ノд・。) グスン
by: デネブ * 2008/09/04 09:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

でねちゃん♪

そうかぁ,そうだった。
この本,絶版だったんだわ。
なんか残念だよね。

でねちゃんちの近くの図書館の地下倉庫(長い^^)に,置いてないかなぁ。
あるといいなぁ。
by: そら * 2008/09/04 12:42 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/499-ffceefdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。