FC2ブログ
心ひかれた詩
2005 / 05 / 23 ( Mon ) 16:31:16
娘(高1)の学校から配布されたプリントに、
高見順さんの「我は草なり」が載っていました。


昨日、息子(小5)はサッカーの試合でした。
実力がついた、変わったと言われながら、
なかなか結果が出せない弱小チーム。

昨日も2戦2敗でした。

一生懸命指導してもらっているのに。
子どもたちも随分意識が変わってきているのに。
ディフェンスだって、すごく頑張っていたのに。

何で点が入れられないかな~、我が息子。。。

たかが息子のサッカーの不出来でへこむなんて
バカみたいと頭で分かっていながらも、
申し訳ない思い、歯がゆい思い、
がどろどろと心の底にへばりついて、
ついついため息が出てしまった昨晩でした。

そして偶然読んだ高見さんの詩。

子どもにはそれぞれ伸びるときがある。
ストンと何かが落ちました。

高見さんの詩はこちら

「我は草なり 伸びんとす
 伸びられるとき 伸びんとす
 伸びられぬ日は 伸びぬなり
 伸びられる日は 伸びるなり
 われは草なり 緑なり
 全身すべて 緑なり
 毎年かはらず 緑なり
 緑のおのれに あきぬなり
 われは草なり 緑なり
 緑の深きを 願ふなり
 ああ 生きる日の 美しき
 ああ 生きる日の 楽しさよ
 われは草なり 生きんとす
 草のいのちを いきんとす」
スポンサーサイト



日々のつれづれ TB:0 CM:0 admin page top↑
<<「天使と悪魔」ダン・ブラウン * HOME * 「百舌の叫ぶ夜」逢坂剛>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/5-82c95118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *