スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「断鎖」五條瑛
2007 / 05 / 02 ( Wed ) 17:24:41
『革命シリーズ』第1弾です。
『R/EVOLUTION 1st Mission 断鎖《Escape》』というのが、正式名称らしい。
REVOLUTIONの間に入ってるスラッシュは何だ?とか、
なぜ第1弾が「R」ではなく「E」から始まるんだ?とか、いろいろハテナが飛びますが、
きっと全10冊読み終わった頃には分かるようにできているのでしょう。多分。

★★★☆☆

サラッと読めて、そこそこおもしろく、作者の目線も悪くない。
シリーズ物のプロローグとしては、いい滑り出しだと思います。

高村薫を読んだ(読み切れなかったけど)後だったせいか、
文章が、むしろ手応えがないように感じられるほど軽く、
本当に、サラッと読んでしまいました。

お話としては、自分を束縛する両親を憎悪する青年、亮司の心の成長がメインです。
『断鎖』という題名は、親子の絆を断ち切るという意味合いが大きいです。(ほかにも、国とのつながりを断つとか、自分の過去を断つとか、いろんな意味合いが含まれているようにも思えますが。)

親子の絆を断ち切るねぇ。。。。
親の価値観と子供の価値観が合致しない、
親はよかれと思ってしていることごとくが子供の気に障る、
子供は親さえいなければ自由になれるのにと思ってしまう。
分かる気もするけれど、亮司の望んでいることは、あまりに幼稚すぎて、青すぎて、主人公に感情移入することはできません。
けれども、作者もまた、主人公に共感していないことがそこかしこに見受けられて、
じゃあどういう着地点に納めるのか…そんな興味が湧いてきます。

これ以上ない着地点…と感じられました。
そうだよね。と。
結局、そういうスタンスでしか、鎖は解き放たれないんだよね。と。

清々しささえ感じます。

主人公以外の登場人物も、何かしらの鎖につながれて今に至っている。
その背景に無知な自分に、私は亮司とともに茫然と立ち竦んでしまいます。
亮司と敵対(?)する立場の人間にもそれぞれの事情があり、背景がある。その辺も丁寧に描かれているように思います。
「悪」は何から何まで「悪」というわけではなく、逆に一点のくもりもない「善」が存在するわけではない。
そういう複眼的な作者の視点に、社会や人間の複雑を感じ、また同時に人間の深みを感じたりしたのでした。

そして、謎の人物サーシャ。
この人の存在って、どこかマンガチックです。
『セーラームーン』のタキシード仮面とか、
『ガラスの仮面』の紫のバラの人とか、
『キャンディキャンディ』の丘の上の王子さまとか
(いやいや、だんだん外れていくぞ^^)
なんかそんな感じ。(えっ!?)
まぁ、キライじゃありません。
美形の、何もかも見通しているような、どこか謎めいたヒト。(笑)
サーシャが何を目指しているのか、どのような革命をこの国に起こしたいと画策しているのか、とても気になるところです。

最後のページに、

To be continued
Next mission 紫嵐《Violet Storm》


とあります。
うんうん、次回作が楽しみだ♪

【こちらの記事も♪】
☆GREEN HEART☆
スポンサーサイト
五條瑛 TB:1 CM:8 admin page top↑
<<4月に読んだ本、読まなかった本 * HOME * ランチ2連発\(^o^)/>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆おひさです。◆

そういえばこの間みた舞台がすごくマンガおたくな方が
本を書いていたのでなんか舞台までマンガチックでした。

そうそう、今月水曜日がお休みが結構あるの。
映画観ませんかぁ???またそちら方面まで遠征しますよぉ。
by: 一陽 * 2007/05/03 08:21 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、こんばんはっ♪
>舞台までマンガチック
あはは!それはそれで楽しそう♪

こっちに来れるの?
うれしいなぁ\(^o^)/
水曜日は、16日と30日はオッケーよん♪
あ、9日も、午後からなら大丈夫♪
今、何やってるのかなぁ…とHPを見てみたら、
う~ん。。。
『クィーン』は、一陽ちゃん、観たんだよね。
『ラブソングができるまで』は夕方からしかやってないし。。。
一陽ちゃんが観たいものって何かある?
ぷらんちゃんにも聞いてみよう♪o(^▽^)o
by: そら * 2007/05/05 21:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

こんばんは~。
ようやく「革命シリーズ」に挑戦です(笑)
今回に関すると、サーシャの目的とかは、殆どわからず、ただ、亮司の成長物語、という感じでしたね。
「幼すぎる」と言えば、そうかも知れませんが、それだけに逆に厄介なのだろうな…なんてことも想いましたし。結局、全てから自由に、なんてことはないんでしょうけどね。
本当、プロローグとして、良い滑り出しだな、と思いました。
by: たこやき * 2008/03/28 20:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

たこやきさん,こんにちはっ♪

おぉ~っ!「革命」仲間が1人増え
たぁ\(^o^)/

>ただ、亮司の成長物語、という感じでしたね

でしたね~。
まだまだ続く革命シリーズ。
一緒に楽しみましょっ☆


by: そら * 2008/03/30 16:58 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆ひさしぶりに来たら◆

 うおっ、字がちっちゃくなって老眼にはきつい。(>_<)

 五条さんの未読作品が他に無くなったので、とうとう…ついに…ようやく?積読状態だった革命シリーズに手を出しました。

 前半はノリがいまいちだけど、後半ぐっと面白くなった。暁光は…そういうことだったのかぁ。まだ何が革命やねんて感じだけど。でもこの後8冊もあるのかと思うとちょっとため息。

 にしても「Escape」で「断鎖」って、ホントこのシリーズのタイトルはカッコいいよねぇ。

 ところでサーシャ、もし映像化するとしたら…やっぱ金城武かなぁ。
by: higeru * 2010/12/23 14:46 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

higeruさん,こんにちはっ♪

>  うおっ、字がちっちゃくなって老眼にはきつい。(>_<)

ごめんっ!
私も,「ctrl+」で大きくして読んでる(^^;)

>  積読状態だった革命シリーズに手を出しました。

おっ!それはうれしい♪
ぜひとも最後までご一緒に(*^_^*)

>  ところでサーシャ、もし映像化するとしたら…やっぱ金城武かなぁ。

えーっ!
ヨーロッパの映画に出てくるような,
もっとノーブルな感じの人がいいv-8
…例えば白黒映画のドラキュラ伯爵の人とか
(名前も知らないんだけどね *^_^*)


by: そら * 2010/12/24 16:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

>もっとノーブルな感じの人がいい
 なんか「ベルバラ」みたいな…。

 ググってみたら「とうとうバンコランになってしまいましたよ」という記事があって、誰かと思ってこれもググったら、「パタリロ」の登場人物だった…。(^^;
by: higeru * 2010/12/26 16:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

higeruさん,こんばんはっ♪

>  なんか「ベルバラ」みたいな…。

そうそう!ベルばらみたいな……v-221

>  「とうとうバンコランになってしまいましたよ」

私も,バンコランってどういう人だったっけと思って,
画像を見ました♪
パタリロ。確かガラスの仮面と一緒に載ってたので,立ち読みついでにちょこっとお目にかかっていたの。なので,あらすじは全然わからんけれど,何となく登場人物の顔は知ってるって感じですが。

…!
確かに!
バンコランっぽいっ!

と思いました(*^_^*)

…が。もっとよくググってみると,バンコランって,結構「そっち系」(?)の方なのね。
そ。そうかぁ。。。。
と思ったのでした(*^_^*)

by: そら * 2010/12/28 00:45 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/501-ad6a7006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(書評)断鎖 Escape
著者:五條瑛 断鎖(Escape) (双葉文庫)(2004/04)五條 瑛商品詳細を見る 「お前のため」の言葉で何かと自分を束縛してきた両親に反発して家を飛び... 新・たこの感想文【2008/03/28 20:18】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。