スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「凍りのくじら」辻村深月
2007 / 05 / 07 ( Mon ) 16:09:15
何だかどこかで会ったことがあると思ったら、
理帆子ちゃん、昔の私にそっくり(苦笑)

★★★☆☆

藤子・F・不二雄をこよなく愛する、有名カメラマンの父・芦沢光が失踪してから五年。残された病気の母と二人、毀れそうな家族をたったひとりで支えてきた高校生・理帆子の前に、思い掛けず現れた一人の青年・別所あきら。彼の優しさが孤独だった理帆子の心を少しずつ癒していくが、昔の恋人の存在によって事態は思わぬ方向へ進んでしまう…。家族と大切な人との繋がりを鋭い感性で描く“少し不思議”な物語。(Amazonより)



「少し・ナントカ」と人の個性に名前をつける遊びをしている理帆子。
自分の個性は、「少し・不在」
どこにいても、少し冷めた自分を感じている。
そして、周りの人を少し見下すことで、所在なさを埋めている理帆子。
見ていると、ちょっとむずがゆく、恥ずかしく、そしてどこか甘酸っぱい気持ちになります。
大丈夫だよと言ってあげたくなります。

だけどこの作品、私が大丈夫だよと言ってあげなくても、
ちゃんと大丈夫になっていて、読後に暖かいものが残ります。

「少し・不思議」なお話だということをすっかり忘れて読んでいたので、
ラストにやられたなという感じ。
パチンパチンと、読みながら感じていた違和感がすっきりしました。
この感じ、気持ちよくて好き。

ただ、この作品、何というかとても生真面目。
この生真面目さは作者の持ち味だと思うのだけれど、
私にはちょっと息苦しかったかな。
そこが、いい作品だと思うけど、すごく好きにはなれないところなのかもしれません。
う~ん、ちょっと複雑(*^_^*) 

【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記
たこの感想文
粋な提案
本を読む女。改訂版
【追記】
この作品には『ぼくのメジャースプーン』のふみちゃんも登場します。
普通は、読んだことのある作品の登場人物がひょっこりほかの作品にも登場すると、見つけられたことがうれしかったりするのですが、
ふみちゃん、まだ辛い状況なんだもの。
心が痛んだのでした。
スポンサーサイト
辻村深月 TB:2 CM:4 admin page top↑
<<「カウンセラー」松岡圭祐 * HOME * 4月に読んだ本、読まなかった本>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんわ~^^
「ぼくのメジャースプーン」は読んでいないんですよ。
微妙に登場人物が繋がっているのですね。
私の行き付けの図書館にはこの作品しかないんですよね~。
この作品、ラストが凄く好きです。
想像つかなかったんですよね。
こうなるとは!とびっくりでした。
最初の主人公の冷め具合には、どうなっちゃうんだろうって思いましたが^^;
by: 苗坊 * 2007/05/07 21:08 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、おはよっ♪
うんうん、ラストは思いがけなかったです。…というか、私、この作品がSF(少し・不思議なお話)だってことを忘れてました。
『ぼくのメジャースプーン』…よかったけど、やっぱり息苦しかったかな(^_^;)

理帆子の冷め具合、私にはとても親近感でした。
結構あちこちで嫌われているみたいだけどv-8
by: そら * 2007/05/08 08:40 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは。
理帆子が周囲を見下してる感じに抵抗があって、
何とか最後まで読めた、っていう印象が残ってる作品です。
この生真面目さが
息苦しくて痛々しかった理由だったんですね。
by: 藍色 * 2007/05/10 01:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん、こんばんはっ♪

>この生真面目さが
息苦しくて痛々しかった理由だったんですね

うん、そうかもしれないね。
痛々しさと若さって、同じ根っこなんだろうなぁ。
なんか、そんなことを感じました。

by: そら * 2007/05/10 20:50 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/502-67aac560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
凍りのくじら 辻村深月
凍りのくじらオススメ!藤子・F・不二雄をこよなく愛する有名カメラマンであった父、芹沢光が失踪してから5年の月日が流れた。母はガンに冒され、余命2年と宣告されており、もうすぐその期限が来る。娘、理帆子はその家庭を必死で支えてきた。子どものころから本... 苗坊の読書日記【2007/05/07 21:06】
凍りのくじら、辻村深月
表紙イラストは佐伯佳美。「冷たい校舎の時は止まる」(上・中・下巻)で第31回メフィスト賞を受賞デビュー。「子どもたちは夜と遊ぶ」(上・下巻)に次ぐ3作目。藤子・F・不二雄をこよなく愛する、有名カメラマンの父・ 粋な提案【2007/05/10 01:19】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。