スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「スリーピング・マーダー」アガサ・クリスティー
2007 / 05 / 10 ( Thu ) 21:01:26
実は私、大変お恥ずかしいことに、ミス・マープルシリーズの初読みです(*^_^*)
なかなかいい雰囲気ではないですか。
好き。

★★★★☆

若妻グエンダはヴィクトリア朝風の家で新生活を始めた。だが、奇妙なことに初めて見るはずの家の中に既視感を抱く。ある日、観劇に行ったグエンダは、芝居の終幕近くの台詞を聞いて突如失神した。彼女は家の中で殺人が行なわれた記憶をふいに思い出したというのだが…ミス・マープルが、回想の中の殺人に挑む。(Amazonより)



この作品には、『ミス・マープル最後の事件』という副題がつけられた本もあるようですね。
私、最後の事件から読んだのかぁ。
味わい深い作品でした。

ミス・マープルの慎み深さ。
スコーンにお茶。ジンジャーブレッド。
園丁、小間使い、乳母。

私のイメージする「イギリス」に限りなく近くて、
どこか懐かしい匂いがします。

推理小説としては、犯人が途中で分かるなど、甘いところもあるのだけれど、そんなこと、全然大したことないような気になります。

全体的に上品で、それでいてどこか不穏な空気もはらんでいて…
この感じ、いいなぁと思います。

この本には恩田陸の解説がついています。
私は恩田さんのようにクリスティーの作品世界をたっぷり知っているわけではないけれど、
とてもしっくりとくる解説でした。

…私が個人的に「セピア色の殺人」と呼んでいるミステリの典型だ。
クリスティーにはそれがとてもよく似合う。歳月を経た犯罪は、生々しさがないので、どこか優雅で余裕がある。そのエレガントなところがクリスティーの作品世界とぴったり重なるのだ。
…(中略)…
クリスティーを読むとき、子供の頃から懐かしさを感じたことを覚えている。クリスティーのミステリ自体が、すでに「セピア色」の手触りを持っていたのだ。…手触りは「セピア色」でも、心地よさは全く色褪せない。
…(中略)…
クリスティーの小説には「予感」がある。
「予感」という言葉がふさわしいのかどうか分からないが、他に言葉が思いつかない。
小説を読んでいても心は自由でいられて、行間に、小説の世界と重なり合って、異なる自分の内側の世界が広がっていると感じられる小説。ふとした瞬間に、ざわざわとした胸騒ぎを覚える小説。ゆったりとした、語られぬ部分を余白として感じられる小説。
クリスティーの小説は、そんな「予感」に満ちている。



【こちらの記事も♪】
アン・バランス・ダイアリー
スポンサーサイト
アガサ・クリスティー TB:0 CM:9 admin page top↑
<<「虹を操る少年」東野圭吾 * HOME * 今日の図書館本>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

昔、姉がミス・マープルが好きで、借りて読んだことがあります。
「安楽椅子探偵」と呼ばれるだけあって、想像力が豊かなところが面白かった記憶があります。
by: パン・タロン * 2007/05/10 23:32 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

パン・タロンさん、こんにちはっ♪
連休は楽しく過ごせました?o(^▽^)o

ミス・マープル。お姉ちゃんの本ですか(*^_^*)
このシリーズって、どっちかというと女の人が好むのかなぁ。
どことなく、シャーロックホームズよりも赤毛のアンに近いもの(いや、近くはないんだけど^^;)を感じたのでした。

「想像力が豊か」…私が読んだのはもういい加減お年を召していらっしゃるミス・マープルで、(あれ?ミス・マープルって初めからお年寄りなのかな?)時間の流れも人への思いやりも、何もかもが豊かな感じがしました。
私も、これからポツポツと読んでいきたいなぁと思っています。
とりあえず、オススメがあったら教えてくださいな♪
by: そら * 2007/05/11 14:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは。
恩田さんのエッセイ「小説以外」でこの作品のことが紹介されていたので、読みました。若いときはポアロばかり読んでいて、マープルシリーズはあまりしっくりこなかったのですが、今読んでみると、マープルがとても魅力的に感じました。
TBさせていただいたのですが・・・反映されていますでしょうか?
by: EKKO * 2007/05/12 07:12 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆ご無沙汰していた◆

そらさんへのコメントもだけどマープルさん。
イギリスの伯母さん、優しいようでなかなか皮肉屋だったしユーモアのある方だったように思います。
かなり読んだのになあ。
by: saheizi-inokori * 2007/05/12 09:30 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

EKKOさん、こんにちはっ♪

以前に読んでピンとこなかった作品でも、今読んでみるとしっくりくる作品ってありますよね。
恩田陸なんか、私はそんな感じかも。
自分では何も変わってないようにも思えるのだけど、
何かが確実に、時と共に変化しているんだろうなぁと思うと、何だか不思議。

TB、せっかくししてくださったのに、迷子みたい。
ごめんね。
by: そら * 2007/05/12 14:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梟さん、こんにちはっ♪

マープルさん、ご無沙汰でしたかo(^▽^)o
>イギリスの伯母さん、優しいようでなかなか皮肉屋だったしユーモアのある方
そうか。ユーモアって部分は、今回あまり出てこなかったような気が。
まだまだマープルさんの隠された顔(!)があるんだね。

>かなり読んだのになあ。
また、気が向いたら会いに行ってあげてくださいな♪
by: そら * 2007/05/12 14:37 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは~

お勧めした本だったので、そらさんの評価を見てホッとしております。
そうそう、推理小説という点ではイマイチですが、
古き良き~という雰囲気が好きなのですよ~~。

マープル物は、『火曜クラブ』(創元推理文庫では『ミス・マープルと13の謎』)という短編集と『動く指』が好きでした。
どれも、ミステリーというよりは、
ガーデン好き、散歩好き、お茶好き、田舎好きのイギリス生活が楽しめる点でお気に入りの本です。
by: nao * 2007/05/14 16:27 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

○○追記○○

そうそう、この本は「ミス・マープル最後の事件」ではあるのですが、書かれたのはクリスティの最盛期です。
(出版が新しいというだけで、書かれたのは古いのです)

本当の晩年に書かれたマープルものは、
私としては面白くなかったです。
(『親指のうずき』など)
by: nao * 2007/05/14 16:29 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんにちはっ♪
もうすぐですね~♪\(^o^)/

>推理小説という点ではイマイチですが、
古き良き~という雰囲気が好きなのですよ~~。

私も私も♪
naoさん、オススメありがとね~\(^o^)/
この作品も、naoさんおっしゃる「ガーデン好き、散歩好き、お茶好き、田舎好きのイギリス生活が楽しめる」作品でしたね。

あとは、『火曜クラブ』(『ミス・マープルと13の謎』)と『動く指』ねっ☆
しっかりメモしておきました。
読むのが楽しみだぁ。

>この本は「ミス・マープル最後の事件」ではあるのですが、書かれたのはクリスティの最盛期です。

そうなんだ。最後って感じじゃなかったなぁなんて思っていたけど、単に出版が最後ってことだったのか。
クリスティーって、長~く文壇で活躍した方だったから、
書いた時期によって多少色の違いがあるんでしょうねぇ。
『親指のうずき』も読んでみたいなぁと思ったのでした。
by: そら * 2007/05/15 12:37 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/505-e2fb9bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。