スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「桜宵」北森鴻
2007 / 05 / 16 ( Wed ) 12:38:19
ビア・バーって、こんなところなんだ。
居酒屋さんかチェーン店のビア・レストランしか行ったことのない私は、その贅沢な空間にびっくり。

★★★☆☆

度数の違う4種類のビールを置く店、「香菜里屋」。
そこには、様々なハテナを持って、今日もお客さんがやってくる。
マスター・工藤の心づくしの料理に舌鼓を打ちながら、
交わされた会話からほの見える真実。
工藤はいつも真実に気づいている。



「桜宵」
一度訪ねてみてください。わたしがあなたに贈る最後のプレゼントです。

「犬のお告げ」
《悪魔のリストランテ》と異名をとる、リストラ要員選びのホームパーティを開いているそうだ。

「旅人の真実」
あの金色のカクテルに固執するお客は、あれから来ましたか。

「約束」
たった一つの旅の思い出、それがこの店なんですよ。(Amazonより)



「安楽椅子探偵」の範疇に入る作品集です。
工藤は、自ら事件解決に乗り出さない。
知り得た真実を、できれば自分の胸にしまっておこうとする。

ちょっと大人な作品だと感じたのは、この工藤の静かなたたずまいのせいなのかもしれません。
分かってるんだったら最初から言えばいいのに…とも思うけど、
それを言っちゃおしまいだわね。
好きっ!と飛びつくたぐいの作品集ではないけれど、
じわじわとなじんできます。

どの作品にもおいしそうな料理が出てきますが、
チャチャッと作ったにしては凝っていて、とても真似できそうにありません。
あ、でも、手羽元とゴボウ、にんじん、玉葱を入れて、4時間煮込み、酒と塩で味付けした鍋は、簡単そうだし、おいしそうだ。
玉葱ってところが、びみょーだけど。

心づくしの料理というところが、柴田よしきの『ふたたびの虹』にちょっと似てるかなぁと、自分のブログを読み直してみました。
あら、「桜飯」が出てきたのね。
だけど、『ふたたび…』の桜飯ってどんなだったっけ。
もうすっかり忘れています。
ちなみに、『桜宵』の桜飯は、春蛸を岩塩と少しの醤油で味付けた炊き込みご飯でした。(今度は忘れないように書いておこう。)

【こちらの記事も♪】
生きることにも心急き、感ずることも急がるる
スポンサーサイト
北森鴻 TB:1 CM:8 admin page top↑
<<「紫嵐」五條瑛 * HOME * スペシャルな日>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆行ってみたいなぁ、◆

こんなビア・バーに。と思います。
日本酒バーには行った事あるけどなぁ。

このシリーズの雰囲気が好きです。

冬狐堂さんのほうのお話も読んでみてくださいね。


by: 香澄 * 2007/05/16 23:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

香澄さん、オススメありがとでしたぁ~\(^o^)/

「なんかいいのよ~」のお言葉どおり、
じわっとクセになりそうな作品集だったね。

日本酒バーに行ったことあるの?
いいなぁ。
各地の銘酒がそろっているんでしょ?
お酒はいろいろ飲めるけど、日本酒だけが飲めない私(>_<)

>冬狐堂さんのほうのお話も読んでみてくださいね。
うんっ!

また、おもしろい本があったら教えてねっ☆

by: そら * 2007/05/17 12:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆飲めないぼくですが◆

こんな素敵なお店なら、料理を味わうためだけでも通いたいです。
「お酒がすごく弱いんですけど」って、言ったら、マスターはどんなカクテルを出してくれるだろうか、なんてことを考えています。

柴田さんの『ふたたびの虹』もおいしそうな料理が出てきましたね。
もう、寝る間際だというのに、何か食べたくなっちゃった。
by: touch3442 * 2007/05/20 23:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

touch3442さん、おはよっ♪

>「お酒がすごく弱いんですけど」って、言ったら、マスターはどんなカクテルを出してくれるだろうか

私が飲んでも全然酔わない(!)、だけどおいしいカクテルが出てきそうですね~(*^_^*)

おいしい料理が出てくる作品って、それだけで心和む雰囲気になりますね。
おもてなしの心がダイレクトに伝わってくるからかな。

『花の下にて春死なむ』も『蛍坂』もまだ読んでいないので、
これから読む楽しみができてうれしいです♪

by: そら * 2007/05/21 11:08 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

またふらりと「日だまり屋」に寄らせて頂きました(笑)

とりあえず「花の下にて春死なむ」を先に読もうかなと、先日そちらを購入しました。で、ちょっとググったんですけど、北森さんって調理師免許を持っていらしたそうですね。なるほど納得です。

ちょっと話題は変わるのですが、最近、恋愛小説なんぞも手を出してみようかなと思ってまして(ポッ) ちなみに恋愛モノだと連城三紀彦さんの短編とかが好みです。オススメの作家さんとかいたら教えてくださいね。


by: Koo± * 2012/03/30 09:54 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆koo±さん♪◆

いらっしゃいま~せ~♪

ちょうど新ネタが入ったところなのよ。
ごゆるりとお過ごし下さいませ~v-8

> 北森さんって調理師免許を持っていらしたそうですね。なるほど納得です。

おーっ!そうだったんだ。
なるほど~。私も納得(*^_^*)

>最近、恋愛小説なんぞも手を出してみようかなと思ってまして(ポッ) ちなみに恋愛モノだと連城三紀彦さんの短編とかが好みです。オススメの作家さんとかいたら教えてくださいね。

私にレンアイ小説のオススメを聞いちゃうのぉ~?
なんと無謀な(^^;)

私,連城三紀彦さんすら読んだことありません(^^;)

うーーーーん。とない頭を絞ってみて。。。

有川浩さんの「図書館戦争」シリーズは,なかなか若者に受けてたような気がします。私は途中放棄したけど(^^;)
主人公と上司の関係が,皆さんのツボだったようです(←無責任^^)
あ。どっちかというと,同じ有川浩さんの「レインツリー」のほうが恋愛小説っぽいな。私は,正直「めんどくせ(-。-)」と思ってしまいましたが(^^;)


それから川上弘美さんの「センセイの鞄」とか。これはよかったな。
…えっと。これは恋愛小説に入る???

あと,ちょっとアブノーマル系の(!)柴田よしきの「聖なる黒夜」。
すご~く濃ゆいです。
多分koo±さんの求めている「恋愛小説」ではないと思います。
が。
衝撃的っていう点で,ちょっとオススメしてみちゃいましたv-8
それから,「聖なる…」よりずっと叙情的な村薫さんの「李歐」。魂の触れ合い…な小説だと思います(ちょっと力が入ってしまった^^)

も一つ,多分ハードボイルドの括りだろうと思われるけど,
そんじょそこらの恋愛小説より恋愛小説だぜぃ!な一冊として,
垣根涼介さんの「サウダージ」を挙げておきます。
めちゃ南米のノリの,バカップルなお話です。
結構好きです(*^_^*)

ちなみに,「聖なる黒夜」と「サウダージ」は,私的には18禁です。
思春期の息子くんが読んだら鼻血が出るかもだからv-8
(あ。ご卒業,おめでとうございます\(^o^)/)
密かに読んでね♪

…って,ヘンなのばっかりですみませんv-356

by: そら * 2012/03/30 20:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

※お礼のレスをしたつもりだったんですけど、プレビュー画面だけ見て本送信を忘れてたかもです。
最近こういうの多いです(汗) 念のために再投入。

ご丁寧にありがとうございます。
やはりそらさんはピリ辛がお好みみたいですね。
「サウダージ」気になります。「ワイルドソウル」は近々読もうと思ってたのですが、こっちを先にしようかなあ。

また色々と教えてくださいね。頼りにしてますです。


by: Koo± * 2012/04/03 08:36 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆koo±さん♪◆

> ※お礼のレスをしたつもりだったんですけど、プレビュー画面だけ見て本送信を忘れてたかもです。

あはは!プレビュー画面まで行くならまだマシだよ~♪
私は心の中でコメントして,そのまま帰ってくることも多々ありv-356
…テレパシーじゃ届かないっつーのv-8

> やはりそらさんはピリ辛がお好みみたいですね。

ですかね~(^^;)

> 「サウダージ」気になります。「ワイルドソウル」は近々読もうと思ってたのですが、こっちを先にしようかなあ。

「ワイルド…」はちょっと社会派かな。
「ワイルド…」もおもしろかったよ♪
by: そら * 2012/04/03 16:05 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/509-bdba57c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『桜宵』北森鴻著(講談社文庫)
『花の下にて春死なん』に続く、ビアバー<香菜里屋>のマスター・工藤を主人公にした連作短編集。表題作他4編を収録。 生きることにも心急き、感ずることも急がるる…【2007/05/20 23:32】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。