FC2ブログ
「幻夜」東野圭吾
2005 / 07 / 03 ( Sun ) 16:33:16
「白夜行」の後はやっぱり「幻夜」。
「白夜行」の続編とも、そうでないとも言われている作品です。

★★★★☆

ヒロイン美冬は雪穂ではないかと読み取れる箇所がわざとのように作り込まれています。

一気に読んだ作品でした。

作者はこのヒロインを「風と共に去りぬ」の主人公、
スカーレット・オハラをイメージして書いているとか。。。

私の中のスカーレットは、
情熱的で自分の気持ちに正直な人であり、
自分なりに「愛」というものを知っていたように思うのだけど。。。。

ちなみに作者のイメージするスカーレットは、「もともとちゃんとした家に生まれているけれど、落ちぶれて、男をたらしこんだりしながらはい上がっていく。品はないけどカッコいい」人なんだとか。

……私の中のスカーレットとも、作者の中のスカーレットとも、美冬は重なるところがないような。
私にとって美冬は、うす汚いだけで全然魅力的ではなかったのです。残念ながら。
美冬は何でこうなのかな~と何度も何度も思いました。

この作品のタイトルの「幻夜」は美冬の心情を表しているのでしょう。けれども幻夜=まぼろしの夜よりも、玄夜=黒い夜のほうが近いのではと思いました。

「白夜行」では、雪穂の言うところのにせ物かもしれないけれど、それでもうっすらと感じられた太陽(=愛)が、「幻夜」の美冬には全く見えなくなっています。

「私は夜の道を行くことしかできない」という一見悟りのような、けれどもかなりたちの悪い開き直りを振りかざして、
美冬は美しさを目指しています。
彼女には目に見えない人の心の美しさが全く理解できないから、目に見える美しさに強く惹かれているのでしょうか。

この人、年を取ったらどうするのでしょう。
手に入れようと思って手に入れられるうちはいいけれど、
手に入れられなくなったと自覚したとき、美冬はどういう行動に出るのでしょう。
それとも、周りはどう思おうと、本人だけは自分が美しいと思い込み、自分の世界の中で生きていくのでしょうか。

空恐ろしいけど、そこからが本当の物語だという気もします。
スポンサーサイト



東野圭吾 TB:4 CM:16 admin page top↑
<<「模倣犯」の途中 * HOME * 「模倣犯」の4分の1(あれっ?)>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

う~ん…私って才狽ネいのかなぁ…ほかの人の見てると
自信なくなっちゃう…
by: manami * 2005/07/03 17:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

☆manamiさん☆

初めまして(^o^)
また遊びに来てくださいね♪
by: そら * 2005/07/04 08:04 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

わ~♪新しくなってる!!
可愛い~!!
かえるちゃんが歩いてるよ~。

そらさんの感想を読むと「美冬」はとっても、やな女って感じがするんだけど。
私はまだ未読だけど、またまた雪穂以上に「何考えてんのよ~!」とプンプンしながら読んでる自分が見えました^^

読まないほうが私の場合いいのかも~って気がしてきました。
by: でねぶ * 2005/07/04 09:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

わわっ♪
めちゃめちゃ可愛い!!
動くし、瞬きしてるし♪
いやん。。
いいなぁ。o○
私もこんなのにしたいなぁ。。。
あ、、 ほんの話から逸れてしまった。。
いつものことだけど。
この本、ダンボールの中で出番を待ってるんだけどぉ・・
読みたいのに眠たい。。。
Zzz・・・
by: ゆー * 2005/07/04 12:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

♪ゆーさん♪

ちょっとは気持ちを盛り上げたくてね~。かえる、かわいいでしょ(*^_^*)

ゆーさん、段ボールの中に何冊本が眠ってるの?
ドラえもんのポケットみたいだねぇ~(^o^)

by: そら * 2005/07/04 13:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

♪でねぶさん♪

この頃雨が多いから、私は眠くて仕方ないの。(なんで雨の日はこんなに眠いんだ??)
だからちょっとは元気を出したくてね♪
かわいい?よかった♪

美冬、やなヤツ~と思っていたの、ばれちゃった?(笑)
美冬を読むと、雪穂の評価も上がるかもよ。(フォローになってないか ^^;)
by: そら * 2005/07/04 13:58 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

初めまして、今晩は!
東野圭吾ファンの眠り猫と申します。

>この人、年を取ったらどうするのでしょう。
ホント、どうするのでしょうね。
「お直し」には限界があるし、こんな価値観では、
悲惨な最期しか残されていないと思われますが…。

ただ―、
美冬がとことん嫌なヤツなのは、
自分を全身全霊で守ってくれたRへの
愛情の証しみたいなものではないかと妄想しています。
R以外の人間には、
体は与えても心までは通い合わせない、
と決めているのではないかしら?
勿論これは、続編として読んだ場合、
という条件付きですが。

突然お邪魔して、長々と書いてしまい
申し訳ありません。では!
by: 眠り猫 * 2005/07/05 01:27 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

>美冬、やなヤツ~と思っていたの、ばれちゃった?(笑)

めちゃめちゃ、分かったよ~ん(笑)

1人でもいいから大好きになれる登場人物がいれば読めます♪

「幻夜」では、いい人はいる?
by: でねぶ * 2005/07/05 08:49 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

☆眠り猫さん☆

初めまして♪
コメント、ありがとうございました。

>美冬がとことん嫌なヤツなのは、
自分を全身全霊で守ってくれたRへの
愛情の証しみたいなものではないかと妄想しています
R以外の人間には、体は与えても心までは通い合わせない、と決めているのではないかしら?


そうかぁ~。そういう見方もありますね~♪
そういう見方をすると、私のイメージしていた美冬より、随分精神性の高い美冬像になります。(笑)
ちょっと新鮮(*^_^*)

私も、Rとは、きっと魂のつながりみたいな強い絆があったのだろうと妄想してます。
ただ、美冬はそれが理解できていないんじゃないかな~と思ったんです。
自分の気持ちなんて、自分ですべてを把握しているとは限らないものね。
理解できないまま、Rとの関係性(役割というのか…)を雅也にも求めようとしたから、ああいう結果になったんじゃないかな~なんて。。。

この作品も前作も、読者に委ねられている部分が大きいところが魅力ですよね。
おかげで眠り猫さんともお話できたし。
また、いつでも遊びに来てください。
お待ちしてますね(^o^)
by: そら * 2005/07/05 09:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

☆でねぶさん☆
おはよっ♪

う~ん、いい人ねぇ~(*^_^*)

倉木警視みたいにカッコいい人はいないかな~(笑)

あ、でも雅也なんてどう?
「いい人」っていうのとは違うけど、ごく普通の感覚を持った人で、結構共感できるかも。
美冬ちゃんの恋人(?)だよ♪

>1人でもいいから大好きになれる登場人物がいれば読めます♪

これ、今すっごく分かるわ~(*^_^*)
by: そら * 2005/07/05 10:10 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

凄く恐かったです。
「白夜行」以上でした。
それは、2人の会話や犯行手口が見えているからだと思うんですが。
雅也が、見ていて段々辛くなってきました。
物のように扱われているのに、美冬を守ろうとする雅也が切なくて切なくて。
美をひたすら追求し続ける美冬が恐ろしくなってきました。
彼女は、最終的にどこへ行き着くのだろうって思いましたね。
by: 苗坊 * 2006/01/15 21:14 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、おはよっ♪
「白夜」に引き続き、「幻夜」を読まれたのねv-315

雪穂はどこか哀れを誘う部分があったけど、美冬は凄かったですよね~(^^;)
うん、私も雅也が可哀想になりました。
>彼女は、最終的にどこへ行き着くのだろうって思いましたね。
本当に。この人、年取ったらどうするんだろ~なんて思いました。そこからの美冬を見てみたいという気がしました。

by: そら * 2006/01/16 08:10 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、おはようございます♪

お勧めいただいた『幻夜』やっと読めました~。

確かに、後味悪い・・・
でも、前半は『白夜行』よりも面白かったのは、
嫌なヤツがやっつけられていたからなのでしょうね。
後半悲惨でしたが・・・

ニブイことに、雪穂=「美冬」ということに、全然気が付きませんでした!読み返してみて納得。「R&Y」は、店名変更しているのですね。あれ?あの盲目的な2番目の夫は??

雪穂はかっこいい悪女という部分がありましたが、
「美冬」は、欲深い薄汚い女性にしか、見えませんでした。
スカーレット・オハラは、メラニーを見捨てないで戦火の中残ったり、家族を守ると神に誓ったり、キライになれない面もあったけれど、「美冬」は自分のことだけやん!

東野さん、運命にしっぺ返しされる「美冬」の姿を書いてくれないかしら。。
by: nao * 2006/07/18 09:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、おはよっ♪
おぉ~っ!読まれたのね\(^o^)/

読後感が悪いと言いながら、オススメした私も私なんだけど(^^;)

>雪穂はかっこいい悪女という部分がありましたが、
「美冬」は、欲深い薄汚い女性にしか、見えませんでした。
うんうん!美冬を見てると、雪穂がマシに思えてくるよねv-218
私、この作品を読んで、やっぱり雪穂にとって亮司は特別な存在だったんじゃないかな~なんて思いました。(この2つが続き物だとしたら…なのですけど。)

>「美冬」は自分のことだけやん!
そうなんだよね~。なんか自分のことだけって、キレイじゃないな~なんて、思いました。
いっくら外見がキレイでも、だれでも年は取るんだぞ~、今と同じじゃないんだぞ~なんて、意地悪なこと思ったりしてねv-8

>東野さん、運命にしっぺ返しされる「美冬」の姿を書いてくれないかしら。。
私も熱烈希望!(^_-)-☆
by: そら * 2006/07/19 09:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは。

読み終えました!
また、リンク&トラバもさせて頂きました。

実はそらさんの感想、あえてきちんと読んでいませんでした。
美冬に対する感想はほぼ同じかな?
美に対する考察はさすが女性ならですね。

>空恐ろしいけど、そこからが本当の物語だという気もします。

なーるほど!

by: ひろ009 * 2006/11/09 23:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ひろさん、おはよっ♪
コメント&TB、ありがとでした~\(^o^)/

>実はそらさんの感想、あえてきちんと読んでいませんでした。
それはよかった♪先入観を持って読むと、何だかつまらないものねっ☆
美冬に対する感想。やっぱり、何でコイツは…とか思った?(笑)
>美に対する考察はさすが女性ならですね。
そ、そう?(^_^;)
もしかしたら私、得意の絶頂にいる美冬をどん底に突き落としてやりたいとか思ったのかも。
ヒョ~、自分でもコワイわ~v-356
by: そら * 2006/11/10 10:12 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/51-57cc8a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
幻夜(東野圭吾)
幻夜(集英社)★★★★~★★★★☆’:80~85点 またまたですが、読書仲間の”そらさん(日だまりで読書)”も感想を書いておられる「幻夜」を読了しました。 この作品は、かの衝撃作「白夜行」とは双子の ひろの東本西走!?【2006/11/09 22:13】
幻夜
 あの雪穂が帰ってきた…のか? あの『白夜行』の続編…なのか? とにかく『幻夜』だ。集英社文庫 2007/3/25 第 1 刷 東野圭吾 著者自身がインタビューで 《『白夜行』の“続編”にはしたくなかった》 と答えているから続編ではないのだろう…と思いきや、続いて ... higeruの大活字読書録【2007/04/01 01:19】
東野圭吾「幻夜」
東野圭吾著 「幻夜」を読む。 このフレーズにシビれた。  彼女の中ではすべての青写真は出来上がっている。最初から彼に口を挟む余地などないのだ。また、彼が最終的に合意することも計算済みだ。そこまでわかっていながらも、やはり雅也は彼女の力になりたかった。 [巷... ご本といえばblog【2010/03/09 17:54】
『幻夜』 東野圭吾
「東野圭吾」の長篇作品『幻夜』を読みました。 [幻夜] 『眠りの森』に続き「東野圭吾」作品です。 -----story------------- 幻の夜を行く男と女。 息もつかせぬ傑作長編! 阪神淡路大震災の直後に、出会った男と女。 男が犯した殺人を知る女は、彼を徹底的に利用し、野... じゅうのblog【2010/06/11 21:56】
* HOME *