スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「朝日のようにさわやかに」恩田陸
2007 / 05 / 18 ( Fri ) 16:56:14
特にテーマを決めて書いたものではなく、ここ何年間か発表したものをまとめた短編集です。
だから雰囲気もまちまち、ページ数もまちまち。

★★★☆☆

恩田さんは、長編でしっかり独自の世界を描いてほしいなぁと思いました。
短編も、そこそこ雰囲気があったりして、おもしろかったはおもしろかったんだけどね。
短編だとどっぷり浸かれなくて不満。

多分私が一番好きであっただろう『水晶の夜、翡翠の朝』を既に読んでいたことも、ちょっと残念でした。

「ご案内」
もろに宮沢賢治です。

「あなたと夜と音楽と」
ラジオのDJだけで構成されるミステリー。
夜のラジオの雰囲気がよかった。
「ABC殺人事件」のオマージュだそうです。
私、元ネタを読んでない。

「冷凍みかん」
これは星新一の世界だなぁ。
彼なら、もっとクールな感じに仕上がると思うけど。

「赤い鞠」
色彩が鮮やか。
これ、長編で読んでみたい。

「深夜の食欲」
ぞわぞわ…っとするホラー。
これは、このくらいの長さで十分です(笑)
ラストの2文が怖さ倍増。

「いいわけ」
恩田さんが手慰みに書いてみたものって感じです。
あの人のニュースを見ながら書いたんだろうなぁ。

「一千一秒殺人事件」
人を食った話だ。というのが私の感想。

「おはなしのつづき」
こういうお話、私は弱い。
泣けてきます。

「邂逅について」
あら、このお話、もう忘れてる。
もう1回読んでも、またすぐ忘れそう。。。

「淋しいお城」
これ、好きです。と思ったら、そこそこページ数がありましたね。
うん、せめてこのくらいの長さを書いてもらわないとなぁと思った作品。
「ミステリーランド」の予告編なんだとか。
「ミステリーランド」って何だ?

「楽園を追われて」
恩田さんいわく「普通」の話。
これも好き。

「卒業」
やだ、スプラッタだよ。
意味なく恐い。(というか、意味がないから恐い)

「朝日のようにさわやかに」
記憶の海を旅する男。って感じかな。
ところてんと、おばさんと色男の密通って、なんか強引。
まぁ、頭の中って、そんなふうに奇妙につながっているのかも。
「私」がカッコつけで、あんまり好きじゃなかったから、
この作品もそれほどおもしろいとは思えなかったなぁ。

この作品集、図書館で借りました。
新刊本の予約本。
さすがにまだきれいだね。
気持ちよかった。

【こちらの記事も♪】
粋な提案
Gotaku*Log
アン・バランス・ダイアリー
苗坊の読書日記
新・たこの感想文



スポンサーサイト
恩田陸 TB:4 CM:10 admin page top↑
<<今日の図書館本 * HOME * 空豆>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆お久しぶりです◆

そらさん、今晩は。お久しぶりです。

ミステリーランドは
「かつて子どもだったあなたと少年少女のため」のミステリーレーベルで
版元は講談社です。
「うつのみやこども賞」を4年連続で受賞している一方で
「これを子どもに読ませるのはまずいのでは?」という作品も
結構たくさん送り出しています。
麻耶雄嵩さんの『神様ゲーム』はその代表例。
でもなぜか、「かつて子どもだったあなた」には好評です。v-8

ところで、「いいわけ」のモデルって誰ですか?
「言わずもがな」と書いてあるにも関わらず、わかりません。v-292

>長編でしっかり独自の世界を描いてほしいなぁと思いました
同感です。
来月刊行される新刊に期待しているのですが……v-347
by: 眠り猫 * 2007/05/19 23:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

眠り猫さん、おはよっ♪
こちらこそ、ご無沙汰してました(*^_^*)

ミステリーランド…そういうシリーズがあるのね。お話だと、図書館では児童室に置いてあるのかな。今度覗いてみます♪
教えてくださってありがと~\(^o^)/

「いいわけ」のモデルって…私、単純に北のあの方かと思ったんだけど。。。もっとちゃんと元ネタがあるのかな?

来月新刊が出るんですか!
それは楽しみだ(私が読むのは、何カ月もあとだと思うけどねっ*^_^*)
by: そら * 2007/05/20 10:11 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは。
既存のジャンル枠にとらわれない、独自の作品世界。
恩田さんの味わいいっぱいの短編集でした。
来月新刊!?楽しみです。
ミステリーランドは、装丁が懐かしさを誘います。
でも子供には危険かも、なシリーズ。
健全な二階堂黎人さんの「カーの復讐」
法月綸太郎 「怪盗グリフィン絶体絶命」を
おすすめします。
乙一さんのは怖いです!(笑)。
by: 藍色 * 2007/05/20 16:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん今晩は。

>単純に北のあの方かと思ったんだけど
あ、やっぱりそうですか。
「パパだってあのボタンを押せなかった」ならその人しかないですよね。
ただ、孤独感に喘いだ少年期、というような記述を読んだことがあるので
違うかもしれないと思っていました。
これでスッキリしました。
ありがとうございます。v-344

藍色さん、横から失礼します。
私も『怪盗グリフィン絶体絶命』は大好きです。
サイン会にまで行ってしまいました。
乙一さんの『銃とチョコレート』も傑作だと思いますが
確かにちょっと怖いですね。v-12
by: 眠り猫 * 2007/05/20 23:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

藍色さん、おはよっ♪

ミステリーランドのオススメ、ありがとうございます\(^o^)/
ミステリーランドって、有名なんですねぇ。私、全然知らなくて、雑誌か何かかと思いましたv-356
まずは健全な(笑)この2冊と。
今度図書館で探してみますv-221
by: そら * 2007/05/21 10:46 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

眠り猫さん、おはよっ♪

「いいわけ」…ほかにモデル候補が浮上したら、教えてくださいねっ☆

ミステリーランドの乙一さん。『銃とチョコレート』ですかぁ!
あれ、1度借りてきたことがあるんです。
だけど、扉絵がやけに不気味で、どうしても作品に集中できず、結局読めませんでした(^_^;)
そうか、中身も恐かったのか。。。(ちょっと読みたかった気もしてきてるv-8

まずは、眠り猫さんも藍色さんもオススメの『怪盗…』だわね。
メモメモv-295

by: そら * 2007/05/21 10:54 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは^^
私も2作読んだことがありまして、ちょっともったいないなぁと思ってしまいました。
ゾクッとしたのは「冷凍みかん」でしょうか。
恩田さんには珍しくスプラッタ系もあり^^;
楽しめる作品でした。
が。
私は恩田さんは長編の方が好きだなぁ・・・なんて・・・思ったり・・・。
by: 苗坊 * 2007/06/23 17:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、おはよっ♪

>私も2作読んだことがありまして、ちょっともったいないなぁと思ってしまいました。

ワライカワセミの歌のお話、したことあったよね~♪
あのお話、結構気に入っていただけに、もったいない感が募りました(*^_^*)

>私は恩田さんは長編の方が好きだなぁ・・・なんて・・・思ったり・・・。
私も、同じことを思ったり…(*^_^*)

by: そら * 2007/06/25 08:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは。
「意味なく怖い」というか、「意味がないから怖い」というか、何か不条理なホラーというようなものが多くあったように思います。そういう発想そのものはすごいのですが、そういうのを、長編でじっくり味わえれば…という風に思ったものも多くあります。
でも、そういうところに惜しみなくネタを使うとか、かなり突拍子もない構想を練る、っていう恩田さんのすごさは出ていたかな、という風に思います。
by: たこやき * 2009/01/13 16:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん,こんにちはっ♪

>何か不条理なホラー

うんうん,多かった気がする。

>かなり突拍子もない構想を練る、っていう恩田さんのすごさは出ていたかな

確かにね,これだけいろんなものを集められたら,
素直に,恩田さん,すごい!と思いますよね~♪
まず短編を書いて,それを長編に焼き直す…という手法も小説にはあるみたいなので,
いつかこの中のどれかの長編バージョンも読めるかも…と期待したりして(*^_^*)
by: そら * 2009/01/14 13:45 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/514-01f9b75c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「朝日のようにさわやかに」を読了
恩田陸さんの『朝日のようにさわやかに』を読了。雪国の冬空のように重苦しく、しかも苦くてしょっぱい作品が詰まった短編集です。表題作には、何でこんなタイトルを? と思ってしまうくらいの展開が待っていますが... Gotaku*Log【2007/05/19 22:58】
朝日のようにさわやかに 恩田陸
カバー写真は平野耕作。装幀は新潮社装幀室。ビールについての冒頭から、天才トランペッターや心太(ところてん)へ話題は移り、最後は子供の頃に抱いていた謎の解明へと至る―。虚実の狭間を、流れる意識のごとく縦横に語る 粋な提案【2007/05/20 16:57】
朝日のようにさわやかに 恩田陸
朝日のようにさわやかにビールについての冒頭から、天才トランペッターや心太へ話題は移り、最後は子供の頃に抱いていた謎の解明へと至る―。虚実の狭間を、流れる意識のごとく縦横に語る表題作他、ホラー、ミステリ、SF、ショートショート等々、恩田陸のあらゆる魅力.... 苗坊の読書日記【2007/06/23 17:15】
(書評)朝日のようにさわやかに
著者:恩田陸 朝日のようにさわやかに(2007/03)恩田 陸商品詳細を見る 表題作を含む全14作を収録した短編集。 『図書室の海』以来の短編集... 新・たこの感想文【2009/01/13 16:20】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。