スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
映画「博士の愛した数式」
2007 / 05 / 21 ( Mon ) 12:14:47
土曜日にテレビで放映されました。
もうテレビ放映です。
早いなぁ。

寺尾聡さんの博士は、原作の雰囲気がよく出ていたような気がします。
どことなく申し訳なさそうな、保護欲をかき立てられそうな、そのたたずまいとか。
それでいて、子供のことになると俄然守らなくてはという気持ちに駆られるところとか。

原作では、「家政婦」という言葉に引きずられて、どうしても若い女性を思い浮かべられなかったのですが(「家政婦は見た」のイメージが強いのかなぁ。見たことないのに。恐るべし市原悦子^^)
深津絵里さんぐらいの年の方なんですよね、本当は。
かわいらしくて、落ち着いていて、ああ、こういう人を最初から思い浮かべればよかったのか…と思いました。

大人になったルートが、数学の授業という形で数学記号や公式の美しさを語っていく構成は、なるほどの一工夫だと思いました。
原作では家政婦さんの1人語りで数学の美しさを詩的に語っていたと思うけど、
そのまま深津絵里が1人語りしても間延びしてしまうものね。
だけど、この作品になくてはならない部分だと思うし。
考えたなぁと思ったのでした。

吉岡秀隆演じる大人のルート。彼の数学の授業は工夫があっておもしろそうだ…と思っていたら、横から次女が、「私だったら絶対寝る」と宣言するのでびっくり。…分かってないなぁ。映画の中の生徒のように、食いついて質問してみようよ~。。。

これ、映画館でゆっくり観たかったです。
でなければ、ビデオに撮って、後で1人のときにゆっくり観ればよかったかも。

何だか映画に乗り損ねて、あんまり心に響かないまま客観的に淡々と観ていたら、
終わってしまったのでした
スポンサーサイト
映画 TB:0 CM:6 admin page top↑
<<「博士の愛した数式」再読 小川洋子 * HOME * 「ミミズクと夜の王」紅玉いづき>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

ご無沙汰です。
RSSで、毎日チェックをしておりますが、なかなか
コメントを入れられませんでした。

「博士の愛した公式」 みたいのですが、まだみていません。
なかなか良さそうですね。時間があればチャレンジします。

さて、この著者であれば、「世にも美しい数学入門」
という本があります。
「数学の授業という形で数学記号や公式の美しさを語っていく構成」が美しいと感じたのであればおすすめです。
すごくわかりやすくかかれていますよ。

by: nagayume * 2007/05/21 14:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

あ~っ!!!nagayumeさん、こんばんはっ♪
お久しぶりっ♪
お元気でした~?(*^_^*)

『メタボラ』が出ましたね~。
新聞広告を見て、nagayumeさんや一緒にお話しした方たちはどうしているかな~と思っていたところでした(*^_^*)

「世にも美しい数学入門」…これ、以前にもオススメいただきましたね♪
うんうん、買いました!
…今もカラーボックスの中に眠っています。。。。
せっかくnagayumeさんにもお会いできたことだし、そろそろ起こしてあげましょうかね(*^_^*)
by: そら * 2007/05/21 18:18 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆子供が受験のころ読んだのだった◆

珍しく本嫌いの息子も一気に読んだかな?
本を読めといっても彼がそういう風に読んだ本は数少ない。
その頃読ませてちゃんと読み終えたのは
「機関車先生」とこの本くらいだったかな?

最近は「風が強く吹いている」現在陸上部で回し読み中。
既にボロボロになっているらしい(笑)
by: 一陽 * 2007/05/22 09:23 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、こんにちはっ♪
>珍しく本嫌いの息子も一気に読んだかな?
あら、すばらしい\(^o^)/
うちの次女は、「おもしろくない」と一言。
彼女の好みではなかったらしい。

『風が強く吹いている』…息子さんにドンピシャのお話だよね。
ボロボロになるまでいろんな子に読まれて、幸せな本だ(*^_^*)
by: そら * 2007/05/22 11:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆おー、◆

映画もご覧になられましたか。

映画は原作とはまた異なった素晴らしさ・美しさがあったと思います。原作では、オイラーの公式(でしたっけ?)の美しさ・不思議さにぶっ飛びましたが。

>大人になったルートが、数学の授業という形で数学記号や公式の美しさを語っていく構成は、なるほどの一工夫だと思いました。

これは本当にそう思います。
ルート先生の授業も見事でした。でも、そう思うのは大人になってからなのかもね。

「世にも美しい数学入門」、これもオススメですよ。

by: ひろ009 * 2007/05/24 21:23 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ひろさん、こんにちはっ♪

観ましたよ~(*^_^*)

>ルート先生の授業も見事でした。でも、そう思うのは大人になってからなのかもね。

そういうものかもしれないね。
私も、大人になってから、高校の世界史のノートを捨ててしまったことを後悔しました。
後になって、「あれだけの授業を受けられることってめったにないんだなぁ」と分かるもの…だわね。
んでもって、「よかった」ということは覚えているけど、内容は全然覚えてないのv-355

『世にも美しい数学入門』…オススメしてくださる方がたくさんいることだし、読んでみようかなっ☆
by: そら * 2007/05/25 11:35 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/521-3c3ee2a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。